韓国旅行「コネスト」 追徴金で苦しむ元大統領…盧泰愚の秘密資金に注目集まる。韓国の政治ニュース
KONEST

追徴金で苦しむ元大統領…盧泰愚の秘密資金に注目集まる

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
最近、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領の一人息子ジェホン氏(46)夫婦が香港と韓国で離婚訴訟中という事実が伝えられ、盧元大統領の秘密資金にも注目が集まっている。

盧元大統領は1997年4月、最高裁で軍刑法上の反乱・内乱と贈収賄罪で懲役17年と追徴金2628億ウォンが言い渡された。

11日のソウル中央地検執行2課によると、盧元大統領は97年から現在まで追徴金全体の91.2%の約2397億ウォンを納付した。未納追徴金231億ウォンは現在でも徴収中だ。

検察は盧元大統領が弟ジェウ氏(76)に預けた貸与金の債権120億ウォンのうち、ジェウ氏が所有するオーロラシーエスの株式配当金37億ウォンを9月に国庫に帰属させた。

盧元大統領の秘密資金の一部がジェウ氏に流れた事実を確認し、盧元大統領執権期間に受けた120億ウォンなど秘密資金を返還すべきとして訴訟を起こし、勝訴したからだ。 また検察はジェウ氏の月給270万ウォン全額を毎月徴集している。

未納追徴金に対する徴集は盧元大統領が死亡すれば中断する。 法務部令第729号「財産刑等に関する検察執行事務規則」によると、遺産とともに相続する債務とは違い、罰金や追徴金は納付者が死亡した場合「執行不能」処理される。

◇全斗換元大統領追徴金75.9%未納=一方、全斗換(チョン・ドゥファン)元大統領は2205億ウォンの追徴金のうち現在まで約530億ウォンを納付した。 未納額は追徴金額全体の75%の約1670億ウォンにのぼる。 検察は全元大統領の延喜洞(ヨンヒドン)の自宅の離れと家財道具などを競売処分したのに続き、子どもの名前で財産を隠匿したかどうかについて捜査を行ったが、特に収穫はなかった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月12日 14:21
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]