韓国旅行「コネスト」 韓国天文学者、“宇宙の神秘”をまたひとつ解明…英ネイチャー誌。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国天文学者、“宇宙の神秘”をまたひとつ解明…英ネイチャー誌

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
星は最後に一度爆発して一生を終える。これまで、星が超新星として爆発してブラックホールや中性子星になるか、白色矮星に変わるという2種類の死だけがあると知られてきた。超新星は老いた星が爆発しながら大きなエネルギーを発する現象、白色矮星は太陽程度の質量の星が死んでつくる天体をいう。しかし星が2度爆発して2度死ぬこともあるという事実が初めて明らかになった。

ソウル大物理天文学部のイム・ミョンシン教授(44)と慶煕(キョンヒ)大宇宙探査学科のパク・スジョン教授(44)研究チームを含む米国・スペインなど10カ国共同研究チームは、昨年12月25日に発見したガンマ線爆発(Gamma Ray Burst)の観測資料を分析し、こうした結果を30日に発表した。研究結果論文は英学術誌ネイチャー1日付に掲載された。

ガンマ線爆発とは、星が莫大な量のガンマ線の光を出しながら爆発する現象だが、普通は星が死ぬ時に発生する。これまで何度も観察され、持続時間は数秒から数分にすぎなかった。ガンマ線はX線や赤外線のように目に見えない光の一種。

地球から約43億光年離れた宇宙で今回の「ガンマ線爆発」が起きたのは昨年のクリスマスで、最初にその爆発を観測したのは米国のスウィフト衛星だ。米航空宇宙局(NASA)は「GRB 101225A」と名前を付けた。爆発直後、世界天文学者らは地上望遠鏡で爆発現場から出るX線・赤外線などを観測して分析に入った。韓国研究チームは独自で開発して米テキサス州マクドナルド天文台に設置した宇宙観測用カメラ「CQUEAN」で観測した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月01日 09:58
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]