韓国旅行「コネスト」 ロボット刑務官が登場 「刑務所の夜間巡察は私に任せて」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ロボット刑務官が登場 「刑務所の夜間巡察は私に任せて」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「いくら働いても疲れない」。今後、「ロボット刑務官」が刑務所の夜間巡察をし、昼夜の激務に苦しむ一線の刑務官の仕事を減らす。

法務部矯正本部は24日、「アジア矯正フォーラムと韓国電子通信研究所(EURI)が知識経済部の支援を受け、刑務官の単純業務を補助するロボット刑務官を開発中」と明らかにした。来年3月末までにロボット刑務官3台が浦項(ポハン)刑務所で試験運用される。

ロボット刑務官は人の形態と大きさに近い。身長150センチ、体重70キロで、体の下に取り付けられた車輪4つで、人間の歩行と似た速度で移動する。

ロボット刑務官の顔の部位には映像感知および異常行動判別装置が装着され、刑務所内のすべての状況をモニターする。収容施設の廊下を歩き回りながら室内の受刑者の状態を観察し、自殺や暴力事態など異常・突発行動が感知されれば、中央統制室の刑務官に直ちに通知する。中央統制室刑務官はロボット刑務官を通して受刑者と安全に対話できる。

ロボット刑務官の設計を担当したイ・ベクチョル京畿大矯正保護学科教授は「ロボット刑務官が導入されれば、一線の刑務官は夜間巡察など単純業務の負担を減らせ、受刑者の教化や相談、行政など高次元の業務に専念できるだろう」とし「ロボットの核心運営体制はすでにかなり開発が進み、受刑者が親しみを感じられるよう細部デザインなどを整えている」と明らかにした。

知経部の「融複合技術基盤矯正教化サービスロボット開発事業」の一環であるロボット刑務官開発には、来年4月末まで計10億ウォン(約7000万円)の事業費が投入される。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年11月24日 16:13
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者610人
マスク着用指針の緩和「予断は禁物」
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]