韓国旅行「コネスト」 円高で韓国ポスコとトヨタが「同盟」強化。韓国の経済ニュース
KONEST

円高で韓国ポスコとトヨタが「同盟」強化

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 ポスコは17日、ソウル・大峙洞(テチドン)のポスコセンターで、トヨタグループの貿易会社の豊田通商と、マグネシウムと新素材事業の相互協力に関する了解覚書(MOU)を締結した。

マグネシウムは主に自動車のエンジン軽量化のための新素材として使われる。2000年代半ばからベンツ、BMW、アウディのようなプレミアムブランドでまず使われ、最近では大衆車にも広く使われている。これに伴い、ポスコは来年6月に完工予定の江原道(カンウォンド)のマグネシウム製錬工場で生産されるマグネシウムインゴットをトヨタと関連部品メーカーに納入することになる。

ポスコは現代(ヒョンデ)製鉄の高炉完工により減少する現代・起亜(キア)自動車からの需要を代替し、トヨタは日本円急騰(円高)にともなう調達先多角化を試みるという両社の「ウィンウィン戦略」によるものだ。

ポスコは6月に江原道江陵市玉渓面(カンヌンシ・オッケミョン)の一般産業団地内49万平方メートルの敷地に年産1万トン規模のマグネシウム製錬工場を着工し、来年6月に竣工する。2018年まで10万トン規模に生産量を段階的に広める計画だ。自動車と家電用超軽量部品に使われるマグネシウムは世界で年間85万トン程度が生産される。このうち半分以上を中国が生産する。

トヨタは円高が続いていることから、調達先の多角化戦略を選んだ。すでに昨年豊田章男社長は、「円高が持続しており海外調達を増やす方式で多角化する」と明らかにしていた。

ポスコは2009年1月にトヨタへの納品の道を開いた。全羅南道光陽(チョンラナムド・クァンヤン)製鉄所7工場で生産した冷延鋼鈑をトヨタに納品した。当時ポスコの李亀沢(イ・グテク)会長は、「ポスコの念願はトヨタに自動車鋼板を供給すること。トヨタに供給してこそ本当の世界一流鉄鋼メーカーと認められる」と強調したことがある。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年11月18日 08:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]