韓国旅行「コネスト」 <サッカー>奇誠庸が入院・精密検査 「異常はないが…」。韓国のスポーツニュース
KONEST

<サッカー>奇誠庸が入院・精密検査 「異常はないが…」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
6日に入院した奇誠庸(キ・ソンヨン)は目まいと吐き気を訴え、磁気共鳴画像装置(MRI)、脳検査、血液検査などを受けた。

奇誠庸のエージェント「C2グローバル」は8日、「奇誠庸が病院で精密検診を受けたが、特に異常はなかった。医師は血液検査とMRIで問題はないと話した」とし「しかし医療スタッフの最終総合結果は出ていない。いつ退院するかは医師の所見を待たなければ分からない」と説明した。

1日に所属チームで目まい、吐き気に苦しんだ奇誠庸は、1週間以上も同じ症状を訴えている。エージェントによると、奇誠庸はまだ目まいが残っているという。帰国した当時に比べると体調は少しずつ好転している。

食事などは正常に取っている。退院するにはさらに1、2日ほどかかる見込みだ。退院をしても休息が必要で、代表合流がさらに遅れたり、不発に終わる可能性もある。

◇奇誠庸の空席は?

韓国代表の守備型MFとして攻守をつなぐ奇誠庸の欠場は戦力に大きな打撃を与える。昨年7月に趙広来(チョ・グァンレ)監督がA代表チームの指揮官になって以来、奇誠庸は代表Aマッチ19試合(ポーランドとの親善試合含む)にすべて出場している。GKの鄭成竜(チョン・ソンリョン)を除いたフィールドプレーヤーのうち、19試合に出場した選手は奇誠庸が唯一。それだけ代表チームの核心戦力ということだ。

奇誠庸が抜ける場合、具滋哲(ク・ジャチョル、ヴォルフスブルク)と李容來(イ・ヨンレ、水原)の役割が重要になる。先月7日のポーランド戦で、奇誠庸は後半13分までプレーし、具滋哲と交代した。具滋哲は攻撃型MFだが、ユン・ビッカラム、南泰煕(ナム・テヒ)ら代わりの選手がいるため、奇誠庸の代案になる。具滋哲は守備能力が高い。

奇誠庸とともにダブルボランチとしてプレーしている李容來(イ・ヨンレ)の負担も重くなる。李容來は奇誠庸とパートナーを組んで、守備型MFとして出ている。奇誠庸の位置に新しい選手が入れば、李容來が多くの部分で引っ張っていく必要がある。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年11月09日 09:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]