韓国旅行「コネスト」 どの席からも景色が見られる…B787が韓国に初飛来。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

どの席からも景色が見られる…B787が韓国に初飛来

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
18日午後、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)のソウル空港。「2011国際航空宇宙・防衛産業展示会(ソウルADEX)」に参加した戦闘機が、雷鳴のような轟音を出して空を駆け抜ける。ボーイングの次世代旅客機B787型機も滑走路の片隅に座を占めた。機体上部は白く下部と尾翼は青い。流線型のスマートなスタイルと丸い鼻はイルカのようだ。ボーイング関係者は、「前方の設計が航空力学的にされており操縦室が一層静かになった」と自慢した。

夢の航空機「ドリームライナー」と呼ばれるこの旅客機はボーイングの野心作だ。エアバスが出した“空の上の一流ホテル”A380型機に対抗することになるボーイングの最新鋭モデルだ。

2004年に開発を始め、先月の全日本空輸(ANA)に1機当たり2億ドルで初めて引き渡された。現在56社が820機を注文している。大韓航空も10機を注文した状態だ。

大韓航空で就航したA380は長さ72.7メートル、幅79.8メートル、高さ24.1メートルで、長さ57メートル、幅60メートル、高さ17メートルのB787に比べ規模面で圧倒的に大きい。座席数もA380が最大850席、B787が最大290席と3倍近い違いがある。だが、B787は「効率性」で武装した。また、先端科学技術と新しいデザインを適用した。

まず胴体・翼のような主要部品が鋼鉄の重さの4分の1にすぎない炭素複合材で作られた。そのおかげで軽量化され燃料効率は既存の航空機に比べ20%高まった。窓に伝わる荷重も減り、窓の大きさは60%以上大きくなった。ボーイング商用機部門のランディ・ティンセス副社長は、「窓が大きくなり腰を曲げなくても機内のどの座席からでも窓の外を見られる」と話した。それだけ旅行客に安らかな経験を提供するという意志だ。

ロールスロイスが製造した新しいエンジンで運航距離も長くなった。仁川(インチョン)から出発すれば途中で給油せずにアフリカ・ヨハネスブルクまで一気に行くことができる。二酸化炭素や窒素酸化物のような排気ガス排出量も減った。ティンセス副社長は、「長距離路線まで運航可能な経済的・親環境的機種だ。B787は顧客会社の2けた成長を牽引できるだろう」と話した。 .
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年10月19日 11:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
新規コロナ感染者数406人
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]