韓国旅行「コネスト」 韓国国産高速鉄道、試運転で時速400キロ台…世界トップクラス(1)。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国国産高速鉄道、試運転で時速400キロ台…世界トップクラス(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ウィーン。11日午後、京畿道義王市(キョンギド・ウィワンシ)にある韓国鉄道技術研究院の実験棟は轟音に包まれた。ランニングマシンのような大きなローラーの上にある次世代高速列車(列車名HEMU400)の車輪が勢いよく回り始めたのだ。

高速列車の車輪が高速で回り、速度が高まるにつれて実験棟の壁面にある計器板の赤い数字が上がった。時速400キロを超えた計器板はついに428キロを表示し、実験棟には歓声が響いた。国内技術で開発した次世代高速鉄道の走行装置(動力台車)の試運転が成功したのだ。

時速400キロ台の高速鉄道時代が近づいた。この列車が商用化された場合、現在KTXで2時間かかるソウル-釜山(プサン)を1時間30分で走破できる。フランス・ドイツ・日本などが韓国よりも先に時速400キロ台の高速鉄道の試運転に成功した。しかし現在まで商用化した国はない。

韓国鉄道技術研究院(鉄道研)の洪淳晩(ホン・スンマン)院長は「時速400キロ台の高速列車の開発で世界トップクラスの鉄道先進国に加われるようになった」とし「高速鉄道の建設を推進中のブラジルや米国など海外市場への進出にも有利な働くだろう」と述べた。

鉄道研はこの動力台車に現在製作中の客車6両を載せて来年初めから試験運行に入る。列車が実際に走る線路で時速80キロから最高速度430キロに高めながら、車両の安全性と部品の性能などを試験する。3-4年間の試験運行で列車の安全性が立証されてこそ実際の運行に投入できる。実際の運行速度は時速370-400キロになる見込みだ。

時速400キロ台の秘密は動力台車に隠されている。フランスから導入したKTXや現代(ヒョンデ)ロテムが開発したKTX山川は列車の先頭と最後尾に装着された動力車が残りの客車を動かして走る動力集中方式だ。しかし次世代高速列車はすべての客車に動力伝達装置があり、より速度を高められる動力分散式で製作された。07年に開発が始まり、962億ウォン(約65億円)が投入された。

鉄道研のキム・ギファン高速鉄道研究本部長は「動力分散式列車はすべての客車が自体の動力で走るため、スピードが速くて力もあり、輸送量を増やせるという長所がある」と述べた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年10月12日 10:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]