韓国旅行「コネスト」 障害者への性犯罪描いた映画、事件再捜査のきっかけに 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

障害者への性犯罪描いた映画、事件再捜査のきっかけに

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【光州聯合ニュース】ろう学校の教職員4人が5年間にわたり、聴覚障害者の女生徒らに性的暴行を加えた事件がモチーフの映画「トガニ」(るつぼの意味)が大きな話題を集めている。この映画の舞台となった学校の社会福祉法人は校名を変更をしようとしたが、認められなかったことが29日、明らかになった。学校のある光州市の市長が安易な事件の幕引きに疑問を持っていたため。またセンセーショナルを巻き起こした映画の力で、警察も再捜査を開始した。

 光州市によると、同校法人は昨年7月、校名の変更を柱とする定款の変更の承認を許認可権を持つ市に求めた。これに対し、市は定款変更の理由が不十分として、承認しなかったという。当時、同事件の真相究明を求める市民団体などが校名の変更に強く反発していた。

 光州市関係者は承認拒否の理由について、「事件に対する法的問題は解決されたが、市長が道徳的な問題が残っていると最終判断し、承認しなかった」と話した。

 光州のろう学校で2000年から5年間にわたり、同校の教職員が聴覚障害者の生徒に対し起こした性暴力事件を描いている。当時、加害者4人は裁判で実刑を言い渡されたが、すぐ復職し、問題となった。

 22日に公開された同映画はショッキングな内容が話題となり5日間で観客動員数100万人を突破した。インターネット上では、事件を起こした教職員に憤りを感じた観客を中心に、事件の再捜査を求める意見が殺到した。

 また、加害者の教職員4人に軽い処分を言い渡した裁判所への非難の声が高まっている。これを受け、地元警察は特別捜査チームを設置し、事件に関する再捜査に着手した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年09月29日 16:14
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]