韓国旅行「コネスト」 「いたずらで…」国宝に落書きの高校生に懲役9カ月。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「いたずらで…」国宝に落書きの高校生に懲役9カ月

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
高校生が国宝に落書きをし、懲役刑を受けることになった。

蔚山(ウルサン)蔚州(ウルジュ)警察署によると、ソウルM高2年のA(16)は昨年7月、蔚山へ修学旅行に行った。担任教師・友達と一緒に蔚州郡川前里(チョンジョンリ)デゴク川上流にある川前里刻石も訪問した。川前里刻石とは、横9.5メートル・縦2.7メートルの平らな岩面に、新石器から新羅時代にかけて絵や文字が刻まれたもので、国宝147号に指定されている。

教師とほとんどの生徒が戻り、友人2、3人と一緒に遅れをとったAは、先に戻った友人に対していたずらをしようと考え、尖った石で刻石の表面に「イ・サンヒョン」と落書きした。白く書かれた文字は5-6メートルほど離れた鉄柵からも見えるほどだった。

この落書きは今月初め、蔚州郡と文化財庁に公式報告され、捜査が始まった。文化財庁は落書き犯に関する情報提供者に最高1000万ウォン(約70万円)を褒賞すると発表した。

蔚州警察署は22日、市民の情報提供で落書き犯Aを検挙、文化財保護法違反容疑で書類送検した。同法第92条(損傷または隠匿などの罪)には「国家指定文化財を損傷した者は3年以上の有期懲役に処する」と規定されている。文化財保護法は最大量刑を規定した他の法とは違い、最小量刑を規定し、処罰がはるかに厳しい。

カン・ソンホン弁護士は「Aの場合、刑事処罰の免除を受ける刑事未成年者(14歳未満)ではないが、まだ成人(20歳以上)ではなく、最小量刑が9カ月まで低められる」と述べた。

国立文化財研究所の職員3人は16日、4時間30分ほど作業し、落書きを消した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年09月23日 10:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ITZY 新曲の英語バージョン発売
CNBLUEヨンファ ファンミ開催
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
韓国の新規コロナ感染者635人
ブラックピンク 来月ライブCD発売
BTS米音楽賞で新曲ステージ初披露
ワクチン休暇広がる?大企業が検討中
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]