韓国旅行「コネスト」 在日同胞‘スパイ事件’ 一部で操作の蓋然性。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
K-POP歌番組観覧ツアー3月予約絶賛受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 在日同胞‘スパイ事件’ 一部で操作の蓋然性

在日同胞‘スパイ事件’ 一部で操作の蓋然性

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する


1970−80年代の在日僑胞と関連したスパイ事件4件のうち3件が強圧的捜査で操作されたか、または操作された蓋然性が高い、という調査結果が出てきた。

国防部過去史真相究明委員会は12日、「在日同胞および日本関連スパイ操作疑惑事件」に対する調査の結果発表で、「77年の在日同胞留学生‘キム・ジョンサ・スパイ事件’は、北朝鮮に対する鼓舞・称揚は一部あったものの、スパイ行為はなかった」とし、「81年と86年にそれぞれ発表されたイ・ホンチ、キム・ヤンギのスパイ事件も不法拘禁状態で行われた拷問などで操作された蓋然性が高い」と明らかにした。

在日同胞のキム・ジョンサは韓国留学中だった77年当時、韓国民主回復統一促進国民会議(韓民統)幹部兼北朝鮮の対南工作指導員の指令を受けて国家機密を探知・収集したという容疑で懲役刑を受けた。




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年11月12日 17:22
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 【写真】生卵を浴びた李会昌候補
  • 27〜29日、南北国防会談開催
  • ソウル市長の年俸はいくら?
  • 国税庁が国民に謝罪
  • 全君杓国税庁長が収賄容疑で逮捕
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ヒョヨンが始球式
    輸入ビール売上高 初めて国産上回る
    慶弔費支出が減少 金英蘭法など影響
    「ダサソー」に罰金 敗訴後も営業
    韓国、実質所得7年ぶり減少
    スケート アジア大会で過去最高
    弾劾の賛成派・反対派が集会開催へ
    イェウン脚線美で視線“強奪”
    朴大統領弾劾審理の最終弁論延期は?
    TWICEの日本進出が決定
    週間アクセスランキング
    俳優の同い年カップル5月非公開...
    17.02.23
    Red Velvetの衣装が話題
    17.02.21
    引退したソン・ヨンジェ芸能界進...
    17.02.22
    ソン・ジェリム、誕生日会を日本...
    17.02.21
    ソン・ヘギョ、バーバリーショー...
    17.02.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]