韓国旅行「コネスト」 「パスサッカーをあきらめない」 趙広来監督の挑戦。韓国のスポーツニュース
KONEST

「パスサッカーをあきらめない」 趙広来監督の挑戦

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本人は韓国人と体質と気質が違うため、サッカーをするスタイルも完全に異なる。「畳」と「オンドル」ほどその差は大きい。

日本サッカーが韓国サッカーを称賛するのは一言でいえば「フィジカル」のためだ。体と体をぶつけ合いながら戦えば、韓国は日本を圧倒した。逆に日本は中盤で精巧にパスをつなぎながらゲームをつくるのに優れていた。韓国ではゴールを決めるFWを最も重要視するが、日本ではMFを「指令塔」と呼んでチームの核心資源と見なす傾向がある。

その日本との対戦で趙広来(チョ・グァンレ)監督はパスサッカーで勝負に出た。日本が目指すサッカーのフレームに合わせて戦ったため、日本に勝てなかった。このため趙監督は戦略を誤ったという批判を受けた。

趙広来監督は就任後、最初の日本戦は0-0で引き分け、2試合目は2-2で引き分けた後、PK戦で敗れた。そして3試合目は0-3で惨敗した。一方、線の太いサッカーを駆使した許丁茂(ホ・ジョンム)前監督は在任期間中、日本と3回対戦し、2勝1分けだった。

韓日戦の敗北にもかかわらず、趙広来監督は「パスをつなぐサッカーをあきらめるつもりはない」と公言した。パスサッカーで臨んだ戦術を後悔している感じもない。フィジカルでいけば有利な試合ができたかもしれないが、韓国サッカーが一段階さらにレベルアップするためには目の前の不利益はやむをえないという覚悟が見える。韓国のライバルは日本ではなく、技術が土台になってこそ世界舞台で欧州や南米と対等に戦えるという所信だ。

しかし趙広来監督が進もうとしている道は非常に険しい。線の太い韓国サッカーに技術サッカーを組み込むというのは、口で話すほど容易でないからだ。趙広来監督のように技術サッカーを重視した前任の監督には、ヒディンク監督後に指揮官を務めたコエリュ監督が挙げられる。コエリョ監督も趙広来監督のようにパスで試合を展開していく考えるサッカーを強調した。結果は失敗だった。オマーンやベトナムのような弱体にも敗れ、結局、指揮官から退いた。コエリョ監督は韓国サッカーの文化と伝統を十分に理解していなかったという評価を受けている。

韓国は来月2日から2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア3次予選を行う。果たして韓日戦の敗北が韓国代表にとって薬になるのか。勇敢に目標に向かって突き進むのもよいが、コエリュ監督はなぜ失敗し、ヒディンク監督はなぜ成功したのか振り返ってみるのも重要だ。韓国サッカーに最もよく合う戦略と戦術を探すのは監督の力だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年08月16日 09:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
Mnetサバイバル番組で感染者確認
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
鄭義溶氏と茂木氏が初の2者会談
キム・ゴウン、子ども病院に寄付
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
アンジー韓国と韓国映画への思い入れ
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
防疫対策レベルさらに3週間延長へ
21.04.30
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]