韓国旅行「コネスト」 ロッテマートが海外事業に本腰、本社中国移転計画も。韓国の経済ニュース
KONEST

ロッテマートが海外事業に本腰、本社中国移転計画も

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国流通大手ロッテマートの盧柄容(ノ・ビョンヨン)社長は同社の経営戦略会議で、今後、海外売上高が国内を上回る場合は本社を中国に移転する方針を示したことが8日、分かった。国内の主要企業の中で、本社の海外移転方針を明らかにしたのは同社が初めて。

 同社によると、盧社長はロッテマートの海外店舗数が107店で、国内の92店より多いことを指摘、「海外市場への出店を加速化させ、海外売上高が国内を上回るようになったら、本社を中国に移転する」と述べたという。

 また、「国内の大型スーパー市場は飽和状態で、規制が強化されている」と説明した上で、海外事業の重要性を強調し、アジア最大手の流通企業に成長するとの目標を掲げた。

 盧社長の発言は、ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長が先ごろ、2018年までに海外売上高が占める割合を全体の3~4割に引き上げる計画を明らかにするなど、海外事業に積極的に取り組む考えを示したことと無関係ではないとみられる。

 同社は現在、中国に82店、インドネシアに23店、ベトナムに2店を出店しているが売上高は国内をはるかに下回っている。2010年の海外売上高は2兆6000億ウォン(約1903億円)にとどまった。国内売上高の5兆9000億ウォンの半分にも満たない。

 同社は海外市場への出店を加速化させる場合、4~5年内に海外売上高が国内売上高を上回ると見込んでいる。現地の市場状況を見極めながら、現地企業の買収合併(M&A)と自店の出店を並行して進める予定だ。特に、中国を中心とする海外事業をさらに効率的に推進するために来年初め、中国事業総括法人を設立する計画だという。

 同社関係者は「国内の流通市場は規制強化で成長性が鈍化している。社長は海外事業の重要性を強調するため本社の移転話をしたもので、具体的なことは何も決まっていない」と話した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年08月08日 11:39
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]