韓国旅行「コネスト」 ソウル市の人口密度20年間低下、京畿道は倍増。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル市の人口密度20年間低下、京畿道は倍増

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】統計庁は14日、昨年実施した国勢調査を基準に市・道別の人口密度を計算したところ、ソウル市の人口密度は1平方キロメートル当たり1万6189人となり全国で最も高く、全国平均(486人)の34倍に上ったと発表した。

 次いで、釜山市(4452人)、光州市(2946人)、大田市(2781人)、大邱市(2767人)、仁川市(2586人)、京畿道(1119人)、蔚山市(1022人)の順だった。人口密度が最も低かったのは江原道(88人)だった。

 ソウル市の人口密度は1990年の1万7532人をピークに、20年連続で低下している。これに対し、ソウル郊外に位置する京畿道の人口密度は1990年の571人から昨年は1119人と96%増加し、全国最高の上昇率を記録した。ソウル市と仁川市の人口が京畿道に移動したためで、昨年、京畿道には人口の1.2%が転入してきたが、ソウル市からは人口の1.1%が転出した。

 大都市の拡張により、周辺の中小都市に人口が移動する現象は釜山と慶尚南道でも見られる。釜山の人口密度は2000年の4820人から昨年は4452人に減ったが、慶尚南道は同期間283人から300人に増えている。

 統計庁関係者は地域の人口密度の変化は主に就職のための人口移動によるものだと説明した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年07月14日 10:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
I.O.I 約束通り5周年に再集結
テミン、5月31日に軍楽隊入隊へ
韓国の新規コロナ感染者549人
5月から世界のマックでBTSコラボ
Apinkがデビュー10周年
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
ソウルで設立10周年の記念写真展
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
韓国ラッパーのイ・ヒョンベさん死去
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]