韓国旅行「コネスト」 「私の体は美しい」乳がん女性患者たち、ヌード画で“反乱”(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「私の体は美しい」乳がん女性患者たち、ヌード画で“反乱”(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「これが私?誰だか分からなかったわ」「胸を見て。まさに私の胸だわ」

先月20日、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)の盆唐(ブンダン)ソウル大病院の1階ロビー。中年女性たちがロビーに展示された絵を見て歓呼の声を上げた。彼女たちが感嘆した作品は自らモデルになったヌード画だ。彼女たちは切除手術を受けた乳がん患者だ。14人の患者の上半身をあらわにした水墨画18点が展示されている。がんの塊を取り出したために、大きさがちぐはぐになってしまった胸部を堂々と見せた。まるで弓を上手に引くために、胸部を露にしたアマゾンの女戦士を思わせるような威風堂々とした姿だ。部分的に切除した人もいれば、片方を完全に切除した人もいる。彼女たちは盆唐ソウル大病院外科のキム・ソンウォン教授から手術を受けた患者で、“盆唐ビーナス”というグループに所属している。

展示会を企画したのはイ・ヘンスンさん(48、慶煕サイバー大農水産経営学科兼任教授)。彼女も2年前、乳がん2期と診断されて片方を部分切除し、今回モデルとしても活動した。イさんが他のメンバーに絵のモデルにならないかと誘ったところ、初めは「信じられない。どうしたら私たちがモデルになれるの?」と拒否する声もあったが、すぐに7~8人が賛同した。

片方を完全切除したモデルのリュ・へギョンさん(48)は、現在はがん細胞がもう片方の胸郭に転移している。リュさんは「まだきれいなうちに私の美しい姿をキャンバスに描いてもらえてよかった」とし「自分の体の一部が無くなっても萎縮しないで堂々としているところを見せたかった」と語った。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年07月05日 14:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
韓国の新規コロナ感染者398人
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]