韓国旅行「コネスト」 【百想芸術大賞】47年の歴史を誇るスターの登竜門。韓国の芸能ニュース
KONEST

【百想芸術大賞】47年の歴史を誇るスターの登竜門

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今年で47回目を迎える百想芸術大賞(以下、百想)は大韓民国のトップスターたちと半世紀をともにした。

1965年に「韓国演劇映画芸術賞」として誕生し、1987年から現在の名称に変更、韓国で最高かつ唯一のTV・映画授賞式として、伝統と権威を持ち続けている。

昨年、コ・ヒョンジョンが時代劇ドラマ「善徳女王」で大賞を受賞し、「百想で新人賞をいただいてから18年目に大賞をいただきました」と感想を述べたように、百想は時代を貫く鋭い目でトップスターを生み出し続けている。

◆ 新人賞は韓流の入り口

最近5年間の百想の選択は正確だった。TVと映画部門で新人演技賞を受賞した俳優はほとんど例外なくトップスターに成長している。

2009年にドラマ「花より男子」で新人演技賞を受賞したイ・ミンホは、最近、韓流スターにも劣らない人気を享受している。昨年、ドラマ 「個人の趣向」で“2年目ジンクス”を乗り越え、今月25日から放送中のドラマ「シティーハンター」では男性美漂うキャラクターで人気者になることを予告している。

2008年にドラマ「楽しい人生」で新人賞の主人公になったチャン・グンソクはすでに次世代韓流スターとして立派に成長した。ペ・ヨンジュンを引き継ぐ新世代スターとして、日本で高い人気を誇りつつ、映画「きみはペット」の撮影に臨んでいる。

映画「サイボーグでも大丈夫」のチョン・ジフン(2007)年や映画「王の男」イ・ジュンギ(2006年)も、百想での受賞をきっかけに演技者として認められ、以後トップスターとしての地位を不動のものにしている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年05月26日 16:52
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]