韓国旅行「コネスト」 韓国人、G.Wは海外へ…旅行先は日本が最多。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国人、G.Wは海外へ…旅行先は日本が最多

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
国土海洋部は2日、今回のゴールデンウィーク中に海外へ行く旅行客数を前年同期比10%増の約45万人と予想した。しかし航空会社は今週初めから出発する旅行客まで含めた場合、連休期間が終わる10日まで50万人以上が海外旅行に出ると推定している。

ハナツアー仁川(インチョン)空港事務所のキム・ヨンソン氏は「グアムやサイパンなどの休養地はすでに予約が終わり、飛行機のチケットを購入するのは難しい」とし「家族での旅行客がほとんど」と伝えた。

海外旅行客は仁川空港だけでなく金浦(キンポ)・金海(キムヘ)・済州(チェジュ)・清州(チョンジュ)など地方空港からも出発する。特に2万1000余人が海外旅行に出発すると推定される金海空港は最近、海外定期路線が大きく増え、金浦空港(2万人)を抜いて、仁川空港に次いで2番目に海外旅行客が多い空港になると予想される。

旅行先は日本(約12万2600人)が最も多く、次いで東南アジア(10万9300余人)、中国(約10万5500人)、米国(6万800人)など。日本路線は大地震と原発事故の影響で先月まで50%前後の搭乗率にとどまっていたが、今月に入って大阪や東京を中心に航空需要が増えている。アシアナ航空のキム・ヨンジュン課長は「大阪・東京・福岡に4-5日に出発する航空便はすべて満席になるほど旅行客が多い」と伝えた。

一方、国内に入ってくる外国人旅行客も大きく増える見込みだ。大韓航空の関係者は「ゴールデンウイークを迎えて日本人旅行客の予約率が高い」とし「中国人も日本の大地震後、韓国に旅行先を変更しているようだ」と話した。

実際、日本ゴールデンウイーク序盤の先月29日から1日までに国内に入ってくる日本路線の搭乗率は10%以上高まった。国土部のイム・ヒョンチョル国際航空課長は「5月の連休は日本大地震や原油高などで低迷していた国際航空の需要を回復させる契機になりそうだ」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年05月03日 09:36
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]