韓国旅行「コネスト」 盧元大統領の肺から6.5センチの鍼発見…「ミステリー」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

盧元大統領の肺から6.5センチの鍼発見…「ミステリー」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
盧泰愚(ノ・テウ)元大統領が28日、ソウル大病院で肺の異質物除去手術を受けた。盧元大統領の手術は病院側の徹底した外部統制の中で行われた。手術の結果、異質物は長さが6.5センチの鍼だった。しかし韓方で使われるこの鍼がどんな経緯で肺に入ったかは明らかでない。

この日の手術は、同病院の耳鼻咽喉科ソン・ミョンフン教授が盧元大統領を全身麻酔した状態で、内視鏡を使って20分で終わらせた。ソン教授は気管・喉頭・口腔・唾液腺疾患の専門家で、以前から盧元大統領の気管切開術も主導していた。ソウル大病院は「盧元大統領は現在回復中で、数日以内に退院する予定」と説明した。

長さ6.5センチの鍼(鍼柄部分2センチ含む)は、盧元大統領の右側の肺に斜めに刺さっていて、尖った部分が肺胞、鍼柄が肺の気管支側に向いていた。専門家は、鍼が左の肺にあれば心臓に影響を及ぼし、深刻な状況になっていたかもしれないと話している。盧元大統領の主治医だった三星(サムスン)ソウル病院のチェ・ギュワン教授は「鍼柄があり、韓方鍼に間違いない。盧元大統領はほぼ毎日鍼をしていたし、鍼の方向からみて背中の方から刺さったとみられる」と伝えた。盧元大統領の家族も「今月初めに鍼治療を受け、最近の胸の痛みが発生した」と説明した。

韓方鍼柄がどのように肺に入ったかは依然として疑問だ。慶煕(キョンヒ)大韓方病院鍼灸科のイ・ジェドン教授は「韓方用の鍼だとしても正常な手術過程で入ったとは考えられない」とし「呼吸困難ために気管切開をしたとすれば、気管支にチューブをつなぐ過程で入ったのかもしれない」と話した。

韓医師協会は27日、協会ホームページを通して盧元大統領に鍼治療をした韓方医を捜したが、誰も現れなかった。このため「盧元大統領鍼事件」はミステリーとして残る可能性がある。

この日の手術はソウル大病院呼吸器内科のユ・チョルギュ教授、神経科のノ・ジェギュ教授、内科のキム・ジンヨン名誉教授ら盧元大統領の健康を担当してきた医師が見守った。患者が神経系疾患(小脳萎縮症)を抱えているなど健康状態が良くないうえ、元職大統領ということで医者の負担は大きかった。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年04月29日 09:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
フィソンに薬物使用で執行猶予判決
チャットで観光情報提供サービス開始
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]