韓国旅行「コネスト」 韓国エリート大学で相次ぐ自殺、スパルタ式の副作用か。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国エリート大学で相次ぐ自殺、スパルタ式の副作用か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル11日聯合ニュース】韓国の名門国立大学として知られる韓国科学技術院(KAIST)でことしに入り学生4人が立て続けに自殺したほか、10日には教授も自らの命を絶った。極端な成績至上主義など強引な学校運営が一因に挙げられ、韓国のマスコミも大きく取り上げている。大学側は緊急会議を開くなど、対応に追われている。

 KAISTは科学技術系人材の養成を目指し、1971年に政府傘下の教育機関として前身の大学院が開校した。以降、韓国の科学人材育成の中核を担っている。全寮制で学生全員に奨学金を支給している。

 同院は2006年、徐南杓(ソ・ナムピョ)総長が就任してから改革を実施してきた。徐総長は全講義の英語授業、成績による授業料の徴収、教授の終身雇用資格の強化など、同院の抜本的な改革を提唱。強引なやり方に対する批判もあったが、英紙ザ・タイムズの世界大学ランキングで2006年198位から2009年に69位に上昇するなど功績が認められ、昨年再選した。

 KAISTの授業料は原則的に国が負担していたが、2007年の新入生からは成績が4.3点満点で3.0未満の学生は最大で600万ウォン(約47万円)の授業料を支払うことになった。英語が堪能ではない教授まで英語で授業を行わなければならず、学生から不満の声が上がっている。また、終身雇用資格の認定では4年間で148人の教授のうち24%を脱落させ、韓国の大学教授社会に大きな衝撃を与えた。

 同院の学生と教授の相次ぐ自殺の背景には、こうした徐総長の改革の副作用があるとの指摘もある。1月に自殺した同院の学生は教育専門家が新入生を選抜する「入学査定官制度」で入学したが、授業についていけず、成績不振で悩んでいたという。今月7日に自殺した学生は「両親に申し訳ないから、授業料を払うことになってはならない」と口癖のように言っていたそうだ。

 現在、同院はすべての授業を休止し、学科別に教授と学生が話し合いを行っている。12日は総長と学生の懇談会を開く予定だ。また、同院の理事会は15日に緊急理事会を開き、自殺者が相次いだ今回の事態をめぐって対策を議論する計画だ。

kimchiboxs@yna.co.kr
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年04月11日 15:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]