韓国旅行「コネスト」 ヌード波紋のバレリーナを減給処分。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ヌード波紋のバレリーナを減給処分

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ヌード写真で波紋を広げた国立バレエ団のプリマバレリーナ(バレエ団の最高位の女性舞踊手)キム・ジュウォン氏(30)に「1カ月減給」という厳しい処分が下された。

キム氏は、トーシューズ姿で上半身を露出した破格の写真を撮影しており、この写真はファッション専門紙「ヴォーグ(VOUGE)」韓国版の10月号に掲載された。これを受け、国立バレエ団は25日に人事委員会を開き「キム氏が、バレエ団以外の芸術活動を行なう場合、事前の承認を受けなければならない、という規定を違反した点が懲戒の理由」とした。

続いて「ただし、キム氏がこの10年間、バレエの発展に寄与した功労や団員として模範を見せた点などを考慮、『1カ月の減給処分』を決めた」と付け加えた。人事委員会に出席したキム・ジュウォン氏は「アートへの理解をさらに深められる機会だと判断し提案に応じたが、結果的に社会にもたらした議論の中心に立つようになった点について遺憾に思っている」との立場を示した。

減給は、免職・停職につぐ厳しい懲戒措置にあたる。一般的に「減給処分を受ける場合、それ以上の昇進はむずかしくなる」というのが大方の見方。懲戒措置が発表された後、一部では懸念する声があがっている。ある芸術界の人物は「事前の承認を受けていないからといって減給措置を取るのは卑きょう。むしろ、ヌード写真でバレリーナの品位が損なわれたという事由のほうが正直」と強調した。

舞踊評論家のソン・ギスク氏は「トップバレリーナとしてのキム氏の行動には、議論の余地がある。しかし、それに対し、美学的判断ではない『減給』という行政的処罰を下すのは、表現の自由を抑圧するものであり、国立バレエ団の『硬直性』をあらわにしたもの」と指摘した。

崔敏祐(チェ・ミヌ)記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年10月26日 14:27
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]