韓国旅行「コネスト」 鉄拳いまだ健在、韓国で8人に1人が会社で暴力被害。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

鉄拳いまだ健在、韓国で8人に1人が会社で暴力被害

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル22日聯合ニュース】韓国の社会人8人のうち、1人は職場で暴行を受けたことがあるとの調査結果が出た。

 就業ポータルのサラムインは22日、社会人1951人を対象に行った「社内での肉体的暴力を受けた経験」に関するアンケート調査結果を発表した。それによると、回答者の12.2%が「暴行を受けた経験がある」と答えた。

 暴力を働いたのは(複数回答)、「上司」が66.0%で最も多く、次いで「最高経営責任者(CEO)および役員」(20.2%)と続いた。同期(7.1%)や部下(5.5%)に暴行を受けたとする回答もあった。

 暴行内容は、「足で蹴られた」(27.7%)が最も多く、「書類などで頭を叩かれた」(27.3%)、「胸ぐらをつかまれた」(26.5%)、「拳で殴られた」(25.2%)、「ビンタを受けた」(21.8%)などと続く。

 暴行を受けた場所は、事務室内(58.4%)、会食の場(20.6%)、屋上など事務室の外部(18.9%)、会議室(9.2%)、トイレ(6.3%)などだった。

 暴行を受けた理由は31.9%が「相手がストレスを解消するため」と考えていた。「理由がない」との回答も31.1%を占めた。「仕事ができなかったため」とした答えは13.4%にとどまった。

 暴行に対する対処は半分を超える56.3%が「我慢した」と答えた。そのほか、「その場で不快感を示した」(25.6%)、「退社の意向を示した」(14.3%)、「人間関係を切った」(12.2%)、「さらに上の上司に報告した」(10.5%)、「警察、労働部など関連機関に通報した」(7.1%)などの回答があった。

 サラムイン関係者は、社内暴行は主に上司によって発生するため、黙認されるケースが多いと指摘。暴力予防に向けた制度の整備が必要だと話した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年02月22日 10:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]