韓国旅行「コネスト」 騒乱状態のリビア、現地韓国人の安全確保に懸念 。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

騒乱状態のリビア、現地韓国人の安全確保に懸念

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【カイロ21日聯合ニュース】反政府デモが激しさを増すリビアで、現地に在住する韓国人の安全確保は難しい状況になっている。

 同国では第2の都市ベンガジを中心に反体制デモが拡大。首都のトリポリでもデモ隊と治安部隊の銃撃戦が起きるなど、騒乱状態が深刻さを増している。一連のデモによる死者数は200人に達した。

 こうした事態を受け、駐リビア韓国大使館と企業は対策会議を行い、現地韓国人1500人に対する安全を確保するための措置を講じている。大使館側は、現段階で最善の方法はリビアを離れることだと判断。速やかな出国を勧告しているが、出国も容易ではなく、企業関係者は苦心している。

 実際、反政府デモ隊と軍・治安部隊の衝突が続いているベンガジの空港は事実上、閉鎖されており、現地から避難できずにいる。車での移動も安全に問題があるとみて現地に残り対策を練っている。

 ベンガジを含む、リビア北部地域には400人余りの建設業界関係者が孤立し、滞在していると駐リビア韓国大使館は把握している。大使館側は「現在まで韓国人の人的被害はまったくない。ただ、状況がさらに悪化する可能性に備え、できるだけリビアを離れるよう勧告している」と説明した。

 韓国の建設会社は各工事現場に動員された多数の第3国労働者に対する管理問題などで、容易に現場撤収を決められずにいると伝えられた。リビアには大宇建設や現代建設など建設会社20社が進出し、複合火力発電所、ホテル、病院、住宅団地などを建設している。

 また、17日から18日にかけて北東部デルナにある韓国企業の住宅建設現場が襲われて韓国人70人が避難していた襲撃事件は、暴徒化した住民が解散して沈静化に向かっている。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2011年02月21日 09:34
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]