韓国旅行「コネスト」 <バスケット>80年代の名将・鄭奉燮氏、 日本で指導。韓国のスポーツニュース
KONEST

<バスケット>80年代の名将・鄭奉燮氏、 日本で指導

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「選手たちと一緒なので若返ったようだ」。

1980年代に中央(チュンアン)大学バスケットの全盛時代を築いた鄭奉燮(チョン・ボンソプ)元大学バスケットボール連盟会長(68)が最近、日本女子プロバスケットのシャンソン化粧品を指揮している。 鄭奉燮氏は許載(ホ・ジェ)、姜東熙(カン・ドンヒ)、金裕宅(キム・ユテク)、ハン・ギボム、カン・ジョンスら韓国バスケット史の1ページを飾る選手たちを中央大で育てた指導者だ。

当時、鄭氏が率いた中央大は延世(ヨンセ)大と高麗(コリョ)大が二分していた大学の勢力図を描き換え、三星(サムスン)電子と現代(ヒョンデ)の2強体制だった国内成人男子バスケットボール界にも変化をもたらした。

1974年から92年まで中央大監督を務めた鄭氏はその後、中央大体育部長、大韓バスケットボール協会副会長、大学バスケットボール連盟会長などを歴任、07年の退任式でキャンパスを離れた。

その鄭氏にシャンソン化粧品が接触したのは昨年末。 鄭氏は「最初は年齢もあり、日本語もうまく話せないのでためらった」とし「それでも中央大時代の成績に自負心があったし、シャンソン化粧品の方々が韓国にまで訪ねて来られたので決心した」と話した。

鄭氏の職責は技術顧問。 しかし5、6日に行われたアイシンとの2連戦で鄭氏は監督に代わって試合を指揮した。 シャンソン化粧品は昨シーズンまで選手としてプレーした相沢優子(38)を監督に任命して今シーズンを迎えたが、8勝14敗と振るわなかった。 このためシャンソン化粧品は鄭氏を技術顧問として迎え、相沢監督に鄭氏の指導力を見習わせることにした。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年02月17日 14:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]