韓国旅行「コネスト」 KTX事故、防ぐ機会はあったが…“総体的な見直しが必要”(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

KTX事故、防ぐ機会はあったが…“総体的な見直しが必要”(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
最初のKTX脱線事故はコントロールボックス(転轍機)の整備不良に加え、管制室の無理な列車誘導のために発生したことが明らかになった。特にコントロールボックスの整備作業から列車が脱線するまでに、事故を防げる機会が3、4回あったにもかかわらず、監督体系の問題と閉鎖的な組織文化が事故を招いたという分析だ。高速鉄道開通7年目を迎え、KTX運営システム全般に対する総体的な見直しが避けられなくなった。

14日のコレイル(韓国鉄道公社)の発表によると、レールの横に位置したコントロールボックスが事故の発端となった。キム・フンソン報道官は「古いケーブルの交換作業をした際、コントロールボックス内のコントローラー5番端子の7ミリのナット一つがきちんと締められていなかった」と説明した。コントローラーは列車が方向を変えられるようレールを動かす役割をする。しかしコントローラーがきちんと機能せず、列車が線路を転換できなくなったのだ。

事故が発生した11日未明に行われたケーブル交換作業には外注会社の職員8人が参加した。またコレイル職員2人が立ち会って作業を監督したが、誰もコントローラーのナットが締められていないことに気づかなかった。コレイルは午前11時から正午までの1時間、すべての列車運行を中断し、主幹線路の点検をした。しかしコレイル側はコントローラーを集中整備できるこの時も、故障が発生したコントローラーをそのまま放置したことが分かった。

コントローラーのエラーが発見された後も十分な措置を取らなかった。九老(クロ)交通管制センターのモニターには、午前6時から22分間に4便の列車が通過、レールに振動が発生し、コントローラーが誤作動するというエラー信号が3回表示された。管制センターの指示を受けた光明(クァンミョン)駅信号制御所は午前7時35分ごろ、コントロールボックスを開き、列車の直進に問題がないように臨時措置を取るにとどまった。

コレイルのある職員は「列車の運行を中断してでも完ぺきな措置を取るべきだったが、実力がないという批判を受けたり、停車させた場合に伴う問責などを心配したようだ」と話した。このため今回の事故は人災という批判を免れ難くなった。光名訳信号制御所の職員は管制センターに「列車運行に支障がないよう臨時措置を取った」と報告した。この職員は具体的な措置内容を明らかにせず、九老管制センターも「分かった」とのみ答えて済ませたということだ。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年02月15日 09:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]