韓国旅行「コネスト」 KARA、日本の活動だけが重要? 帰国翌日に訴訟。韓国の芸能ニュース
KONEST

KARA、日本の活動だけが重要? 帰国翌日に訴訟

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
KARAがまた解散危機を迎えた。 ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンの3人は日本から帰国した翌日の14日、所属事務所DSPメディアを相手取り訴訟を起こした。 法廷争いに入れば、KARA5人のカムバックは事実上期待するのが難しくなる。

訴訟を起こした3人の立場は断固としている。 収益金がきちんと分配されていないだけに、法に基づいて解決するということだ。 これに対しDSP側は「合意を目指しているが…報道を見て訴訟を知った」と話した。DSP側はすぐに内部会議に入ったが、事態の解決は容易でない雰囲気だ。

問題は日本の日程を終えて帰国した直後に訴訟を起こしたという点だ。KARAは先月27日、メンバー全員が確定しているスケジュールを消化するという内容に合意、テレビ東京のドラマ「URAKARA」の撮影を行い、13日午後にパク・ギュリを除いた4人が帰国したが、その翌日に訴訟を起こしたのだ。

日本から帰国した後、5人のKARAの国内活動を期待していたファンは呆気にとられている。 「日本での活動が重要で、韓国のファンはどうでもいいのか」という声が相次いでいる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年02月14日 18:12
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]