韓国旅行「コネスト」 ACL、城南PK戦で惜敗。韓国のスポーツニュース
KONEST

ACL、城南PK戦で惜敗

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第1戦90分、第2戦90分に続き、延長戦30分。勝負は「悪魔の賭け」PK戦でようやく決まった。城南(ソンナム)2人目のキッカー崔成国(チェ・ソングク)のボールが浦和レッズGK鈴木の正面に飛び、止められた。城南のアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグはそこで幕を閉じた。

城南は24日、日本の埼玉競技場で行われたチャンピオンズリーグ準決勝第2戦で、浦和と120分間、勝負を決められずにPK戦にもつれこみ、3−5で敗れた。両チームは1戦目に続き2戦目でも2−2を記録、延長戦を経てPK戦まで戦うことになった。先蹴の浦和は1人のミスもなかった。一方、崔成国(チェ・ソングク)がミスした城南は5人目のキッカーまで蹴ることはなかった。

Kリーグチャンピオン城南は韓中日のチャンピオンであるA3チャンピオンシップに続き、チャンピオンズリーグまで浦和に続けざまに苦杯をなめた。リーグカップ大会、FA(サッカー協会)カップ大会、ピースカップ大会、チャンピオンズリーグなど多冠王を狙った城南に、リーグチャンピオン決定戦優勝だけが唯一残されたタイトルだ。

城南は1戦目に続いて2戦目でも先制ゴールを奪われた。前半21分、浦和のブラジル出身ゴールゲッターワシントンに先制ミドルシュートを許した。ワシントンについていたチャン・ハクヨンが距離をおいたのが災いだった。城南はねばって後半に入って試合の流れを変えた。後半11分、城南のイタマルは個人技で浦和の守備手2人を抜いた。崔成国はイタマルの定規を引いたようなクロスに軽く足を当てて同点ゴールを決めた。

同点ゴール直後、金鶴範(キム・ハクボム)城南監督は、MF孫大鎬(ソン・デホ)の代わりに攻撃手金東?(キム・ドンヒョン)を投入し、勝負に出た。これが的中。後半24分、イタマルの強いミドルシュートが浦和ゴールキーパー手に当たってはずした瞬間、金東?が飛びかかってヘディングで逆転ゴールを決めた。しかし喜びはつかの間。わずか4分後の後半28分、浦和の長谷部に同点ゴールを許した。

チャン・ヘス記者



COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年10月25日 10:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
鄭義溶氏と茂木氏が初の2者会談
キム・ゴウン、子ども病院に寄付
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
アンジー韓国と韓国映画への思い入れ
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
Apink5人が再契約 活動は6人
21.04.29
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]