韓国旅行「コネスト」 韓国のコロナウイルス状況(随時更新) | 社会全般 | 韓国文化と生活
KONEST

韓国のコロナウイルス状況(随時更新)

お気に入りに追加 (登録者 : 81人) 印刷する
はじめに
このページでは新型コロナウイルス(COVID-19)に関連した韓国現地での情報をできる範囲でお届けしていますが、「今韓国に行っても大丈夫か?」などの個別のお問い合わせにつきましてはお答え致しかねますのでご了承下さい。

2020年3月9日時点から事実上、観光目的での韓国への入国ができない状態です。
コロナウイルスが鎮静化し、再び日韓間の自由な往来ができる日がいち早く訪れることを願うばかりです。
韓国のコロナウィルス感染現況
2021年4月19日00:00基準
情報元:中央災難安全対策本部
()カッコ内は前日対比増加数
韓国のコロナウィルス感染現況
  • 感染[陽性]
    114,646 (+532)
  • 検査中
    70,763 (-1,428)
  • 隔離解除
    104,474 (+468)
  • 死亡
    1,801 (+4)
  • 感染[陽性]
  • 検査中
  • 感染者隔離解除
  • 死亡
韓国のコロナウィルス感染者数
情報元:保健福祉部
韓国内の地域別感染現況
2021年4月19日00:00基準
情報元:中央災難安全対策本部
()カッコ内は前日対比増加数
地域 感染者[陽性] 隔離解除 死亡者
ソウル 35,628(+137) 32,463(+86) 443
釜山 4,670(+26) 4,009(+50) 121
大邱 9,176(+24) 8,819+10) 219
仁川 5,488(+11) 5,210(+56) 58
光州 2,295(+11) 2,207 21
大田 1,617(+21) 1,405(+25) 16
蔚山 1,485(+28) 1,183(+19) 37
世宗 344(+1) 312(+4) 1
京畿道 31,946(+146) 28,842(+169) 570(+3)
江原 2,551(+21) 2,353(+3) 50
忠清北道 2,445(+10) 2,209(+6) 63(+1)
忠清南道 2,886(+13) 2,652(+4) 36
全羅北道 1,840(+16) 1,544(+17) 57
全羅南道 1,007(+3) 909 10
慶尚北道 3,843(+19) 3,515(+6) 77
慶尚南道 3,440(+35) 3,069(+10) 17
済州 675(+2) 639(+3) 1
検疫 3,310(+8) 3,134 4

※「検疫」は韓国内入国時検疫所での発生数
韓国のコロナワクチン接種状況
2021年4月19日00:00基準
情報元:韓国疾病管理庁
区分 1回目接種 2回目接種
累積接種数 1,517,390名 60,585名
昨日の接種数 4,859名 0名
今日本から韓国に行くことはできるの?
2021/1/13更新:ビジネス関係者に対する入国制限措置を一時中断
コロナウイルス感染者数が再増加傾向にあることを鑑みて、日本政府は韓国や中国など11カ国・地域を対象に実施してきたビジネス関係者の入国制限緩和措置、いわゆる「ビジネストラック」を14日午前0時から緊急事態が終わる翌月7日まで一時中断することにしました。
ただ、すでにビザの発給を受けている場合は21日午前0時まで入国が許可されます。

【関連記事】
日韓の入国制限緩和措置一時中断

【詳細(外部リンク)】
日韓ビジネストラック・レジデンストラックの運用の停止
10/30更新:日本政府が「感染症危険情報」をレベル2「不要不急の渡航自粛」に緩和
日本の外務省は韓国・中国など9カ国・地域について、感染状況が落ち着きつつあるとして危険レベルを引き下げると発表しました。

これによりレベル3の「渡航中止勧告」から、30日付でレベル2の「不要不急の渡航自粛」に緩和されましたが、依然として3月9日より続く日本人の無ビザ韓国入国を全面中断とする韓国側の規制のため旅行者が韓国旅行を自由にできる日はまだ先になります。
5/25更新:6/1より韓国在住の外国人に対して再入国が許可制に【在住者向け】
1.これまで長期滞在外国人は韓国に再入国する場合、外国人登録証があれば再入国許可は必要ありませんでした。しかし、これを廃止し、許可制となります。
2.これまで再入国の際に、健康診断などの手続きの必要はありませんでしたが、今後は医療機関の診断書の提出が義務化されます。

※再入国許可を受けずに出国した場合は、すでに許可されていた在留資格(ビザ)及び在留期間は消滅
※診断書不所持の場合は入国できない

[在住者必読]長期滞在外国人の出入国管理強化

※5/29追記
出国前に「診断免除書」を申請すれば診断書がなくても再入国が可能になる旨が発表されました。

【詳細】
韓国に長期滞在の外国人 事前申請で再入国時の診断書不要に
3/29更新:4/1より韓国政府が全入国者に2週間の隔離義務化
3月29日に韓国政府は韓国人、外国人などの国籍を問わず海外からの入国者については2週間の隔離を義務付けることを発表しました。

【詳細】
4月1日から全入国者に2週間の隔離義務化韓国政府
3/7更新:事実上、観光目的での入国が不可能に
韓国政府は3月9日0時より日本人の無ビザ韓国入国を全面中断すると発表しました。
これまでは 90日以内であればビザがなくても韓国への訪問が可能でしたが、今後は、ビザの発給を受けなければ韓国を訪問することができません。
事実上日本人の観光目的での入国は不可能になったと考えて良いでしょう。

【詳細】
韓国のビザ(査証)の種類

韓国法務部、日本人にたいするビザ免除措置停止に対する報道資料

[在住者向き]日本から韓国に入国した場合の手続き

[在住者向き]韓国から日本に帰国した場合(日本政府の対策)

本日、観光ビザ申請に行ってきました(3/18投稿の口コミ)

短期訪問(C-3)ビザの効力も停止(4/13~)
首都圏の営業時間を夜10時までに緩和
2021年4/12更新
中央災難(災害)安全対策本部は防疫対策「社会的距離の確保」のレベルについて2/15から、首都圏は現行の2.5段階(上から2番目)から2段階へ、首都圏以外は現行の2段階から1.5段階にそれぞれ引き下げることを発表しました。
また、不特定多数の人が利用するカフェや飲食店など首都圏施設の営業時間を、既存の21時までから1時間延長し22時までとする指針を発表しました。
5人以上の私的な集まりを禁止する措置はそのまま持続されます。
また、4/12から屋内でのマスク着用義務化がはじまり、違反した場合には罰金も科されます。

【4/9追記】
上記の防疫対策が5/2まで延長されました。

【関連記事】
きょうから屋内でマスク常時着用
防疫対策レベルさらに3週間維持
防疫対策レベル2週間据え置き
防疫対策レベル緩和せず2週間延長
営業時間週明けから夜10時までに
コロナ防疫強化措置を2週間延長
2021年1/31更新
中央災難災害安全対策本部は防疫対策「社会的距離の確保」のレベル強化と5人以上の集まりを禁じる措置を旧正月連休(今年は2月11~14日)が終わるまでの2週間、延長する方針を明らかにしました。

【関連記事】
コロナの防疫強化措置2週間延長
コロナ防疫強化措置を調整し再々延長
2021年1/17更新
中央災難災害安全対策本部は防疫対策「社会的距離の確保」のレベル強化と5人以上の集まりを禁じる措置を1/31まで延長することを決めました。
飲食店での21時以降の営業が持ち帰り・出前のみに制限されるのは既存通りそのまま維持されますが、これまで店内での飲食を禁止してきたカフェについては条件付きで午後9時まで店内飲食が許可されることになりました。

【関連記事】
18日からカフェや一部施設制限緩和
コロナ防疫強化措置を再延長
2021年1/2更新
中央災難災害安全対策本部は1/3までの予定だった防疫対策「社会的距離の確保」のレベル強化を1/17まで延長すると発表しました。
これにより首都圏(ソウル、仁川、京畿)では上から2番目の第2.5段階を維持、首都圏以外では第2段階を引き続き維持することになります。

また、首都圏で実施してきた5人以上の私的な集まりを禁じる措置が全国に拡大されます。

【関連記事】
コロナ防疫強化措置を再延長
全国で年末年始の5人以上の集まりを禁止に
12/22更新
中央災難(災害)安全対策本部は12/24から2021年の1/3までの間、「5人以上の私的な集まりを制限し、飲食店に適用する感染防止ルールを大幅に強化する」と発表しました。

【関連記事】
5人以上の集まり禁止、全国に拡大
首都圏の「社会的距離の確保」レベルを「第2.5段階」に引上げ
12/28更新
新型コロナウイルスの感染第3波の拡大を受け、韓国政府は首都圏の防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを従来の第2段階から2.5段階に引き上げる方針を発表しました。
「部分的な都市封鎖(ロックダウン)」にあたる第2.5段階は5段階あるレベルのうち上から2番目になります。
この防疫強化措置は12/8から2021年の1/3まで実施されます。

【関連記事】
韓国首都圏「部分的ロックダウン」へ
首都圏の「社会的距離の確保」レベルを「第2段階+α」に変更
12/1更新
コロナウイルス第3波の流行拡大を防ぐため、12/1から首都圏の防疫対策がさらに強化されました。
「社会的距離の確保」レベルは2段階のまま引き上げはしませんが、多くの感染者が発生したサウナのほか、エアロビ教室などの屋内スポーツ施設が休業となります。
また、マンション内にあるカフェや読書室などの施設も運営が中止されます。

さらに首都圏以外の地方は「社会的距離の確保」レベルを1.5段階に引き上げました。

【関連記事】
「第3波」防ぐため首都圏の対策強化
首都圏の「社会的距離の確保」レベルを「第2段階」に引上げ
11/23更新
韓国政府は11/24(火)から12/7(月)までの2週間、首都圏の「社会的距離の確保」レベルを5段階のうちの1.5段階から2段階に引き上げることを発表しました。

流行の「第3波」の震源地といえる首都圏で先手を打つことで、感染者の増加ペースを最大限早期に抑えるという政府の判断によるものです。第2段階ではクラブなど遊興施設が休業となり、カフェでは持ち帰りと出前のみが認められるなど、社会・経済的に多くの制限がされます。
首都圏の「社会的距離の確保」レベルを「第1.5段階」に引上げ
11/17更新
韓国政府は11/19(木)から12/2(水)までの2週間、首都圏の「社会的距離の確保」レベルを1段階から1.5段階に引き上げることを発表しました。
1.5段階は「地域流行」が始まりつつある初期段階であることを意味しています。
これによりカフェやクラブ、食堂などの重点管理施設に指定されている場所では徹底した防疫下での営業が義務付けられます。

【関連記事】
首都圏の防疫措置レベル引き上げ
11/7から「社会的距離の確保」レベルを5段階に細分化
11/1更新
韓国政府は「社会的距離の確保」レベルをこれまでの3段階から5段階に細分化して運用する方針を発表しました。
現行の1~3段階に、第1.5段階と第2.5段階を加えての5段階となります。
首都圏、忠清道地域、全羅道地域、慶尚北道地域、慶尚南道地域、江原道地域、済州道の7つのエリアに分けでそれぞれ適用されます。
レベルを決定する指標は「1週間の1日当たり平均市中感染者数」を基準とすることにしました。

【関連記事】
社会的距離確保のレベル細分化 現行の計3段階から5段階に
10/12から「社会的距離の確保」レベルを「第1段階」に
10/12更新
韓国政府は新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルについて、全国で第2段階から第1段階に引き下げると発表しました。

ただし首都圏では第2段階の防疫規則のうち必要な措置を継続する「1.5段階」ともいえる対策をとることになりました。
多くの人が利用する施設については主要防疫規則の順守を義務化し、飲食店やベーカリーなどは店内での客同士の距離確保が引き続き実施されます。

【関連記事】
「社会的距離の確保」 第1段階に引き下げ
全国でマスク着用を義務化・違反時には罰金も
10/4更新
ソウル市内では2020年8月末から屋内外でのマスク着用を義務化していましたが、政府は10月13日からは全国的に医療機関や公共交通などの場所でのマスク着用を義務化することにしました。
1カ月間の普及のための予備期間を経て、11月13日からは違反時には最高10万ウォンの罰金が科されることになりました。

【関連記事】
バス・病院などでマスク義務化 - 来月13日からは罰金最高10万ウォン

【詳細】
マスク着用義務化による過料賦課の詳細案(日本語)
9/13まで首都圏「社会的距離の確保」レベルを「第2.5段階」に
9/20更新
※9/14から首都圏のレベルは「第2段階」に緩和されました。

8/15の光化門集会を発端とする感染拡大に対して、政府は8/30から9/13まで感染リスクの高い施設を中心に追加の防疫措置を行う「2.5段階」へと引き上げました。
一般飲食店では午後9時から翌日午前5時までは持ち帰り・出前営業のみ認められ、フランチャイズチェーンのカフェやベーカリーでは営業時間を問わず店内での飲食が禁止されています。

さらに首都圏以外の全国でも第2段階の防疫措置について9/27まで延長することを決定しました。

【関連ニュース】
韓国首都圏のコロナ防疫強化措置 13日まで延長

首都圏以外での防疫措置27日まで「第2段階」維持
「社会的距離の確保」レベルの第2段階措置を全国に拡大
8/23更新
8/16からソウル・京畿・仁川で適用されていた「社会的距離の確保」レベルの第2段階措置を、8/23から全国に拡大することが決定されました。

【関連ニュース】
「社会的距離の確保」の強化 23日から全国に拡大
「生活上のソーシャルディスタンス(『生活防疫』)」に転換
5/6更新
政府は新型コロナウイルスに対しての防疫体系を「生活上のソーシャルディスタンス(『生活防疫』)」に転換し、これを日常生活で実践するための細部指針を確定しました。

【関連ニュース】
5/6から「生活防疫」へ転換
韓国政府が「生活上のソーシャルディスタンス主要分野細部指針」草案を発表
4/28更新
中央災難安全対策本部は4/24、新型コロナウイルス長期化に備え日常で遵守するべき「生活防疫細部指針」の草案を公開しました。これは仕事、日常、余暇など3つの大分類と9つの中分類、31個の小分類で構成され、コロナウイルスの拡散防止のための生活上のソーシャルディスタンスについて基準・規則を細かく規定したものです。

指針案は日常と防疫の調和、学習と参与、創意的活用という原則を基本とし、利用者規則と責任者・管理者規則とに区分されています。

草案作成には12か所の政府部署が参画し、この草案を基に今後国民からの意見反映、専門家の論議、関係部署の協議などを経て5/3に最終案が確定しました。

以下が草案の主な概要となります。
各分類の一覧表
大分類 中分類 小分類
業務
(4)
働く時 オフィス(職場)、会議、
行政窓口、郵便局
日常
(10)
移動時 公共交通
食事時 飲食店
カフェ(スタディカフェ)
勉強時 図書館、
塾・学習室など
ショッピング時 大型流通施設
(デパート、大型マート等)
、市場、中小スーパー
特別な時 結婚式など家族行事、
お葬式
宗教生活 宗教施設
余暇
(17)
旅行時 ホテル・コンドミニアム、
アミューズメント施設、
キャンプ場、動物園、
国立公園
余暇など 野外活動、公衆トイレ等、
理容室・美容院、公衆浴場、
公演場、映画館、
美術館・博物館、
野球場・サッカー場、
カラオケ、室内体育施設、インターネットカフェ、
遊興施設
共通指針
・発熱、呼吸器症状または14日以内に海外旅行をした場合外出をしない
・列に並ぶ場所では2m(最小1m)以上の間隔
・マスク着用、症状チェック・発熱チェックなどへの協力
・唾が飛ぶような行為を控え、症状のある人はすぐに退勤
・保健所担当者の連絡網確保など協力体系の構築
オフィスでの指針
・発熱(37.5℃以上)、呼吸器症状(咳、喉の痛みなど)がある場合家で休む
・フレックスタイム制度や休暇制度を積極活用
・ワークショップ、教育、研修などのオンラインまたはビデオ教育などを利用
・方向を調整したり持て余している空間を活用して労働者間の間隔をできるだけ2m(最小1m)以上維持
・国内外の出張を最小化
公共交通での指針
・マスクを着用して咳をする際のマナー遵守
 └ソウル地下鉄混雑時のマスク着用を義務付け
・不必要な対話、通話を控える
・電車が混んでいたら次の電車を利用
飲食店・カフェでの指針
・できる限りテイクアウトまたは出前などを利用
・お店の滞在時間を最小化
・接客する店員のマスク着用
・ウェイティング発生時、待機番号を活用(行列を作らないため)
・個人衛生規則の遵守やソーシャルディスタンスの必要性など周期的なスタッフ教育の実施
大型流通施設(デパート、大型マート等)での指針
・最少人数でショッピング
・化粧品のサンプル使用を控える
・会計時にできる限り電子決済(クレジットカードなど)方式を利用
・顧客へついて回るような接客をしないよう職員へ案内
・文化センターや子供のプレイルームなど最小化
市場での指針
・商店内の滞在時間を最小化
・集客行為をできるだけ控える
結婚式など家族行事での指針
・施設管理者の防疫指針遵守
・テーブル間2m(最小1m)以上間隔
・一方向を向いたりジグザグの席配列で食事
・食事ではなく返礼品の提供などですませる
お葬式での指針
・高危険群に属する人はできるだけ直接弔問を控える
・30分以上滞在しないことを推奨
・入棺および出棺式の参加者をできるだけ最小人数で
・施設や器具(仏具)は毎日表面消毒実施など
宗教施設での指針
・合唱、掛け声、身体接触を控える
・団体での食事を控える
・個人の持ち物(本など)を使用
・オンラインなどの非対面・非接触の宗教行事を活用
・入・退場時間の分散
銭湯での指針
・サウナなど密閉された空間を頻繁に換気
・消毒・掃除・換気の時間を見える場所に公示
公衆トイレでの指針
・清潔に使用することを徹底遵守
・便器のふたを閉めて水を流す
・スプレーによる消毒剤噴霧禁止(感染性物質がエアゾル化する可能性あり)
・せっけん、ハンドタオル、消毒液などの設置
野外活動での指針
・共用の水飲み場など感染リスクのある共用施設の利用を控える
・向こう側から来る人と動線が被らないように右側通行
動物園での指針
・入場券は当日の現地購入より事前予約
・予約制度の運用など観覧客数制限
・人気動物の檻の前など一定距離を保つための基準位置を表示
公演場での指針
・歌を歌ったり、声をあげるなどや身体接触など感染を誘発するような行為を控える
・チケット購入時できるだけオンライン予約
理容室・美容院での指針
・シャンプーなどマスク着用に困ったり利用者‐従事者のソーシャルディスタンスが難しい場合、対話を控えて他のお客との距離をとる
・咳をする時のマナー遵守
映画館での指針
・オンラインで事前予約
・時間的な余裕を十分にとって到着、ゆっくりと入場
・大規模なたくさんの人が参加する広報行事(舞台挨拶など)を控える
カラオケ店での指針
・マスク着用
・マイクはカバーをつけて個別で使用
野球場・サッカー場
・かけ声を叫んだり身体接触など感染を誘発するような応援を控える
・入場チケットオンライン事前予約
・飲食物の摂取を控える
室内体育施設での指針
・運動着、タオルおよび運動器具など個人のものを使用
・更衣室、シャワー室などの利用を控え、適正利用人数の管理
・器具使用後、施設運営者が器具表面を消毒
・子供の送迎バス内でのマスク着用、乗降前後の消毒および換気
・密閉した場所での大人数の受講生対象プログラム(ズンバダンスなど)を控える
・プログラム中、唾が飛ぶ行為(歌を歌う、声を上げるなど)を控える
・指導者、講習者などマスク着用および身体接触を控える
ネットカフェでの指針
・マスク着用
・大きな声での会話したり声を上げるのを控える
・キーボード、マウス、手すりなどを毎日表面消毒
遊興施設での指針
・滞在時間の最小化
・接客をする職員のマスク着用
・ウェイティング発生時、待機番号を活用(行列を作らないため)
・個人用のお皿やおたま、トングなどの提供
お店や施設の営業にも影響
万一訪問するなら事前に確認を
コロナウイルスの流行により臨時休業や営業時間に変更が生じているお店や施設が大変多い状況です。
万一訪問する場合にはコネストの各お店・施設の紹介ページ内上段にあるお知らせの確認、さらに正確を期すために直接お店側への事前問い合わせ・確認をしておくのが良いでしょう。

参考:韓国のショップ・観光スポットの休業情報
マスクなどの予防グッズは韓国で手に入る?
7/8更新:公的マスク制度が廃止
公的マスクの販売制度が廃止される7/11以降は薬局やスーパー、コンビニエンスストア、通販サイトなど、さまざまな販売場所で枚数や日にちの制限なく医薬部外品の保健用マスクを購入できるようになります。

価格についても公的マスク制度下での価格は1枚1,500ウォンでしたが、7/11以降はマスクの価格は販売者が決めることになります。

【関連記事】
保健用マスク数量問わず購入可能に 公的販売廃止までの4日間
6/17更新:週に1人10枚まで購入可能に
6/18から国が販売するマスク(公的マスク)の購入可能枚数が1週間に1人当たり10枚に増えます。
公的マスクの販売制度は7/11まで続く予定です。

【詳細】
国が販売するマスク 18日から1人10枚購入可能に
5/29更新:「マスク5部制」が終了
「マスク5部制」が5月いっぱいで廃止され、6月1日からは曜日に関係なくいつでも購入できるようになります。
週に購入できる枚数は、19歳以上の成人はこれまで通り1人3枚までとする一方、学校での授業が本格的に始まる18歳以下の小・中・高校生については5枚までに増やされます。

【詳細】
「マスク5部制」廃止へ 6月から曜日に関係なく購入可能に
3/6更新:韓国政府「マスク5部制」導入を発表
しかし上記の施策にもかかわらず、不法にマスクを高額転売する業者の出現などにより結局希望する人にマスクが行き渡らないという状況が続いたため、政府は次の一手として「マスク5部制」を3月9日から開始することを発表しました。

【詳細】
韓国政府「マスク5部制」販売を導入開始

[在住者向き]「マスク5部制」 外国人は身分証と保険証提示で購入可能

[在住者向き] 保険未加入の外国人も身分証提示で購入可能に

4/27からマスク購入制限緩和 1人3枚までに
2/28更新:マスクの在庫確保のために国が緊急処置
現在韓国でも感染者数が増加傾向にあるため、マスク供給が追いついていない状態です。
普段マスクを購入できる薬局やコンビニ・スーパーなどの販売店では在庫切れのお店が大変多くなり、
需給のバランスが崩れたために在庫があったとしても値段が大変上がっているという状況です。

そんな状況の中、政府は2/28よりマスクが必要な人に適切な価格で行き渡るようにするための「マスクおよび消毒液緊急需給調整処置」を実行し始めました。

いくつかある施策のうち期待されるのは、マスク製造社の供給状況などを考慮しながら1日の韓国内マスク生産量の約1200万枚のうち、50%を薬局や農協が運営するスーパーであるハナロマート、郵便局などの公的な販売所で販売するというものです。

具体的には公的販売所の出庫分のうち、240万枚を全国の薬局2万4,000箇所に100枚ずつ供給し、110万枚を邑・面(韓国の地方の行政区画単位のこと)地域の郵便局1,400箇所、全国の農協ハナロマート1,900箇所に優先的に供給し、一人当たり5枚まで購入が可能とする方案です。
マスク購入のため薬局前に並ぶ人たち
マスク購入のため薬局前に並ぶ人たち
韓国からのマスク持ち出し・郵送も制限
※9/15更新:手術用マスクと飛沫遮断用マスクの輸出が可能になりました。
※7/23更新:旅行期間に応じて最低30枚から海外への持出しが可能になりました。

さらに海外へのマスクの輸出についても制限を設けることにしました。
韓国内のマスク販売業者の海外輸出は原則的に禁止、生産業者も当日生産量の10%以内で輸出を制限されます。

個人についても300枚以下であれば、手荷物として機内に持ち込む場合は家庭消費用として認められますが、300枚を超過する場合はいかなる場合も韓国外への持ち出しが禁止されています。
通常、旅行者が携帯している程度の枚数であれば問題になることはないでしょうが、韓国から出国時、大量のマスクを携帯していると「個人輸出」と疑われる可能性は高いので注意が必要です。
韓国内でコロナウイルスについての相談をする場合は?
韓国内で日本語での相談がしたい場合には、日本の公的機関である駐韓日本大使館に連絡する方法と、韓国の公的機関である疾病管理本部に連絡する2つの方法があります。

●在大韓民国日本国大使館領事部(邦人援護担当)
E-mail:ryojisodan.seoul@so.mofa.go.jp
TEL:02-739-7400
(代表:夜間および休館日は緊急オペレーターに接続されます)

●韓国の疾病管理本部コールセンター
TEL:1339(局番なし)のあと外国語ガイダンス「4番」
詳細→日本語でも新型肺炎の相談可能 観光公社が通訳支援
新型コロナウイルス関連の韓国語
韓国でも社会生活に様々な影響が出て、耳慣れない単語に出会ったり、新語(韓国語では新造語)が数々生まれました。
韓国旅行おトク情報
掲載日:20.02.25   最終更新日:21.04.16
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
韓国の政治制度
社会全般
韓国の歴代大統領
社会全般
韓国紙幣のお話~5万ウォン札~
社会全般
韓国大統領退陣要求デモ「ろうそく集会11.26」
社会全般
韓国の伝統食を知る
韓国にいると、日本では想像のつかない体験をするというのはよく聞く話。「私もこんな体験がある!」という方、ぜひコネストの掲示板で教えてください!
 
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]