韓国旅行「コネスト」 韓日交流大祝祭2008レポート | イベント
KONEST
ホーム > 韓国観光スポット > 特集記事 > イベント > 韓日交流大祝祭2008レポート

韓日交流大祝祭2008レポート

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する
「ウリヌン ハナ(私たちは一緒)」!―韓日交流大祝祭2008
2008年は「韓日観光交流の年」。そんな記念すべき年の幕開けを告げる国家レベルのイベントが、2月21日~22日、ソウルのオリンピック公園オリンピックホールで行われました。 普段はなかなか見ることのできない日韓両国各地方の民俗芸能が一同に会する、日韓交流促進イベント「韓日交流大祝祭2008」。第一日目の21日、コネストも取材に出動しました!それではさっそくレポートしていきますね!

~韓日交流大祝祭とは?~
日韓両国間の観光客往来が、500万人時代を迎えようとしている近年。「韓日観光交流の年」を記念し、より活発な文化交流促進を目指し開催されたのがこのイベントです。「ウリヌン ハナ(私たちは一緒)」のテーマのもと、日韓各地方の伝統公演をともに楽しみ、互いの文化をより深く理解しようという趣旨です。韓国文化観光部、日本国土交通省等が後援し、韓国観光公社、(社)日本旅行業協会が主催した、国家レベルのイベントです。

韓国観光広報大使、現る!
自国への外国人観光客誘致に尽力する「観光広報大使」。その任に就いているのが、日本側・木村佳乃氏(女優)、そして韓国側が、今年で3年目となるリュ・シウォン氏です。この日、オープニング行事の前に韓国観光広報大使の委嘱式があり、なんとリュ・シウォン氏が登場しました! 委嘱式は、昨年までの活動歴をまとめた映像の紹介から始まり、就任コメント、授与式と続きました。「昨日韓国に帰国したばかり」と日本での活動が忙しいリュ・シウォン氏の貴重な晴れ姿を、コネストもカメラにばっちり収めましたよ!
これまでの活動でもっとも記憶に残るのは、2007年に起こった新潟県地震に対し寄付を行ったことだとか。また今年最大の活動計画は、日本の全国ツアーコンサートで、今回は新潟や沖縄でも公演を行うそうですよ。
リュ・シウォン氏のために訪韓する外国人観光客が1万人を超えるという話もあり、観光広報大使として今後の活躍が楽しみですね。

日本から海を渡って韓国へ…物語調でつづる民俗公演
1部と2部に分かれて行われた両国チームの公演。1部は、文化の窓口・朝鮮半島への船旅というコンセプトで、各地域を代表する日本チームがそれぞれ民俗芸能を披露しました。エネルギッシュな舞踊・演奏からじっくり吟味する民謡など、多種多様なステージが盛りだくさんでしたよ。
また2部では、韓国文化紀行というコンセプトのもと、各地域の代表的な民俗公演が行われました。華やかな衣装に身を包んだ太鼓の舞や、子どもたちによるテコン舞(テコンドーと現代音楽・ダンスをフュージョンした武技公演)、プンムルなど楽しいステージが続きました。

オープニング 「アンニョンハセヨ!パンガッスムニダ」(こんにちは、お会いできて嬉しいです)
テーマ舞踊「Korea Sparkling」をはじめ、花冠舞や太平舞、扇子舞といった宮廷舞踊の披露。
第1部 息吹~旅立ちの祝祭~
沖縄県 琉球舞踊
岩手県 さんさ踊り
北海道 江差追分
沖縄県 獅子舞 
宮崎県 太鼓
沖縄県 エイサー
日本から韓国への船出をイメージした、総勢60人からなる迫力のコラボレーション・パフォーマンス!
第2部 邂逅~美しい神秘なる旅~ 
済州道 ヘニョチュム(海女踊り)
全羅南道 チンドブッチュム(珍島太鼓舞)
慶尚北道 ハフェビョルシングッ タルノリ(河回別神グッ 仮面劇)
忠清北道 テッキョン、テコン舞
江原道 カンヌンノンアッ (江陵農楽)
フィナーレ 諧和~ウリヌン ハナ~ 
韓・中・日3カ国の伝統弦楽器ユニット「律呂(ユルリョ)」による、日韓両国の代表曲「故郷」「アリラン」の公演。

~出演者を追え!突撃インタビュー!~
今回「韓日交流大祝祭」に参加した、岩手県・盛岡さんさ踊りチームのメンバー、「ミス・さんさ踊り」のお1人に突撃インタビューを行いました!さんさ踊りは、1万人太鼓パレードでギネスブックにも登録された盛岡市の伝統芸能。2007年NHK朝の連続ドラマ「どんど晴れ」にも登場しました。また盛岡市は、朝鮮半島にルーツをもつ「盛岡冷麺」でも有名ですよね。
◀さんさ踊りの若きホープ、阿部紗也加さん(19)
今回の「韓日交流大祝祭」のステージのためにどのくらい練習しましたか?
盛岡で行われるパレードのために3ヶ月間練習してきました。このイベントでは、昨日と今日リハーサルを行いました。
日韓交流イベントに参加したご感想をお聞かせ下さい。
日韓両国の文化が溶け合って、ひとつのものを作るということにとても感動しました。すばらしいイベントだと思います。今度は日本でも開催して、ぜひ韓国の方々に参加していただきたいです。
最後に、韓国で「これだけはやっておきたい!」というものがあったら教えて下さい。
本場のビビンバを食べて、ソウルタワーにも登りたかったんですが、時間がなくて叶いませんでした…。明日日本に帰るので残念です。

~お客さん突撃インタビュー!~
偶然にも「ソウルジャパンクラブ」の方々にお会いしたコネスト記者。韓国情報の紹介から日韓交流事業まで行っているネットワークとして、在住者の間ではかなり有名な「ソウルジャパンクラブ」、さっそくインタビューをお願いしてみました~!ご一行の中には、駐在員や、舞踊・歴史などの各分野で活躍しているプロの方々もいらっしゃいましたよ。
◀ソウルジャパンクラブの副委員長・伊豫部さん
(中央前)とそのご一行
今回「韓日交流大祝祭」の観覧にいらしたきっかけは?
私たちも日韓交流事業をやっているので、このイベントに関心があったんです。それで皆さんに声をかけてみたら同調してくださって、一緒に観に来ました。
今日のイベントのご感想をお聞かせ下さい。
日韓両国のいいところがそれぞれうまくミックスされた、すばらしい舞台だったと思います。舞踊や歴史の専門家の方もいらっしゃいますが、皆さん大満足で、来て本当に良かったねと言っていたところなんです。
どの演目が最も印象的でしたか?
子どもたちの可愛らしいテコン舞に感動しました!次世代を担う子どもたちが、伝統と現代のミックスした踊りを踊る姿を観ると嬉しくなりますね。

共通の未来のために…いま、海を渡ろう。
日韓両国の一般客はもちろん、韓国文化観光部長官や日本国土交通省審議官など、国のお偉方の来賓客も目立った「韓日交流大祝祭」。このイベントのために単身訪韓したという日本の方もいて、コネスト記者もびっくりしました!
「日本から韓国への船出」という物語調で行われた韓国側最初のイベントは、「韓日観光交流年」のスタートとして、きっと意味深いものとなったことでしょう。
◀文化観光部長官とリュ・シウォン氏

韓国旅行おトク情報
その他の特集記事 もっと見る
韓国旅行記事 週間人気ランキング 2019年11月1週
韓国式伝統サウナ「汗蒸幕」☆ソウルおすすめ店厳選
ソウルの美味しいスンドゥブチゲのお店
ここだけは押さえたい!1day明洞モデルコース
  最終更新日:08.02.25
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国観光スポット特集
韓国旅行モデルプラン(41)
バリアフリー(4)
季節(シーズン)特集(48)
イベント(42)
その他レポート(172)
その他の特集記事リスト  
イベント年間スケジュール   休業情報
お客様の声 観光スポット 最新クチコミ
言葉は不要!多国籍のお客さんでした。
ペインターズ 鍾路公演
ワクワク!!
SMTOWN MUSEUM
楽しい
NANTA(ナンタ) 明洞劇場公演
もっと見る  
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]