韓国旅行「コネスト」 新堂洞トッポッキタウン | 韓国のうまいもん横丁
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 特集記事 > 韓国のうまいもん横丁 > 新堂洞トッポッキタウン

新堂洞トッポッキタウン

お気に入りに追加 (登録者 : 405人) 印刷する
トッポッキ発祥の地「新堂洞トッポッキタウン」
元来、トッポッキは醤油ソースで作る宮廷料理。現在屋台などで見られるコチュジャンの入った「間食トッポッキ」は、新堂洞(シンダンドン)が発祥の地です。

1953年にマ・ボンリムさんが間食トッポッキを編み出し、新堂洞でリヤカーを引いて売り出したのが最初で、以後マ・ボンリムさんの店をはじめ、周囲にトッポッキ店が集まって「トッポッキタウン」と呼ばれるようになり、間食トッポッキは全国に広がりました。
トッポッキタウンは東大門歴史文化公園からもほど近い、地下鉄2・6号線新堂(シンダン)駅脇の、中部消防署のすぐそばにある100mほどの通りです。この通り沿いに、大小の様々なトッポッキ店が約10店舗ほど軒を連ねています。以前は20以上の店があったとのこと。
※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
個性豊かなトッポッキタウンの店々
トッポッキタウンにある店々は、マ・ボンリムさんの編み出したソース「チャジャン(炸醤・ジャージャー麺のソース)+コチュジャン」という伝統スタイルに基づきつつも、各者独自の味を出しています。

値段はどの店も基本的に2人分10,000ウォン前後からで、各店舗で休業日がずらしてあるのでトッポッキタウン全体としては年中無休。来れば大概どこかの店が開いています(旧正月、秋夕(チュソク)の連休はほとんどが休業)。それでは個性豊かなトッポッキタウンの店々を紹介しましょう。
マ・ボンリム ハルモニチッ(地図番号:1)
間食トッポッキの始祖、マ・ボンリムさんの店。マ・ボンリムさんはかつて、ジャージャー麺の食べ残しの皿に落としてしまった餅を食べ、意外に美味しかったことから間食トッポッキのアイデアを思いついたそう。このアクシデントが、後の韓国の間食文化を変えたのです。

マ・ボンリム ハルモニチッ 詳細を見る
マ・ボンリムハルモニ マンネアドゥルネ(地図番号:2)
マ・ボンリムさんの実の末息子が運営する2号店。トッポッキの味は本店と微妙に違い、こちらの方を好む人もいます。トッポッキのほか、タッパル(鶏足の激辛炒め) 、おにぎりなども揃えています。

マ・ボンリムハルモニ マンネアドゥルネ 詳細を見る
アイラブ・新堂洞(地図番号:3)
7つの店舗を統合して作られたトッポッキ・アミュズメント空間ともいえる店舗。DJ、ライブショウ、アイスクリームや生ビールなど多彩なサービスやメニューが自慢。芸能人なども多く来店するのだとか。宮廷トッポッキやチーズトッポッキなどメニューも豊富です。

アイラブ・新堂洞 詳細を見る
昼間から大繁盛
昼間から大繁盛
DJとトッポッキの見事な(?)コラボレーション
DJとトッポッキの見事な(?)コラボレーション
トッポッキの後のアイスクリームは格別
トッポッキの後のアイスクリームは格別
チャン・グンソクのサイン
チャン・グンソクのサイン
三代ハルモンネ(地図番号:4)
二代目の母と三代目の嫁、四代目の息子と一家三代で運営する店。息子は「長く寝かせた醤ほど美味い」という韓国のことわざで、自店の秘伝の味を表現しています。トッポッキのほか、タッパルが有名です。

三代ハルモンネ 詳細を見る
本店の店内
本店の店内
タッパル
タッパル
新堂洞 元祖終点トッポッキ(地図番号:5)
終点(ジョンジョム)トッポッキは、かつてトッポッキ通りの一番最後、終点にあった店(現在はさらに数店続いています)。一人暮らしの老人や障害者に対してトッポッキの無料奉仕なども行っています。店主は「困ってる人は見過ごせないでしょ」と気さくな笑顔を浮かべていました。海鮮トッポッキやタッパルもあります。

新堂洞 元祖終点トッポッキ 詳細を見る
トッポッキタウンの風景(おまけ)
ゲートに寄り添うように(あるいはタウンに入りたくても入れない?)佇む屋台。
ゲートに寄り添うように(あるいはタウンに入りたくても入れない?)佇む屋台。
「串焼きと天ぷら」の下に小さく「そしてトッポッキ」と書かれた看板。どんな味か気になるところではある。
「串焼きと天ぷら」の下に小さく「そしてトッポッキ」と書かれた看板。どんな味か気になるところではある。
聖なる人たちもトッポッキの魔力に引き寄せられた?
聖なる人たちもトッポッキの魔力に引き寄せられた?
このオブジェが現れたらそこがタウンの終点だ。
このオブジェが現れたらそこがタウンの終点だ。
トッポッキは文化だ
記者は長年、トッポッキの何が美味しいのか、なぜそんなに韓国の人達はトッポッキが好きなのか、理解できませんでした。しかし、今回の取材を通して少し分かった気がします。

ある世代にとっては戦後の何もない時代に味わった貴重な味だろうし、若い世代にとっては学生時代、下校時に食べた思い出の味かもしれません。

どんな時でも、どこでも道の片隅には屋台がありトッポッキがある。遠い昔からあるのでもなければ、どこかから伝わってきたのでもない、現代韓国人とともに生まれ生きて来た、切り離し得ない文化だといえるでしょう。
その他の特集記事 もっと見る
掲載日:07.07.09   最終更新日:11.10.24
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国料理ガイド
韓国グルメ特集記事
旬のモノを食べたい!(26)
韓国のうまいもん横丁(33)
グルメテーマ特集(138)
初心者のためのモデルプラン(12)
その他の特集記事リスト  
お客様の声 グルメ 最新クチコミ
サクサク
BEANS BINS 明洞店
デカイ
Cafe de paris 明洞店
メチャうまっ!
ケミチッ 西面店
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]