韓国旅行「コネスト」 ピマッコル | 韓国のうまいもん横丁
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 特集記事 > 韓国のうまいもん横丁 > ピマッコル

ピマッコル

お気に入りに追加 (登録者 : 74人) 印刷する
※清進洞(チョンジンドン)一帯にあったピマッコルの店舗は再開発により、一部が「ルメイエル鍾路(チョンノ)タウン」内に移転、その他の店舗も多くが閉店しています。
庶民の避難場所?ピマッコルの昔と今
ピマッコルは日本語に訳すと「避馬通り」。朝鮮時代、馬に乗った高官達が鍾路(チョンノ)を過ぎる際、庶民は平伏して待たなければならなかった。このわずらわしさを避けるために庶民は脇の路地に入りやり過ごしていたという。そのことから馬を避ける通りという意味で「ピマッコル(避馬通り)」と呼ばれた。

ちなみに韓国語で「ピ=血」、「マッ=味」、を意味する。コネスト記者は「血の味の通り」と長年信じていて、「なんて怖い名前の通りなんだ」と思っていたが、韓国人でもそう思っている人が意外に多いようだ。ピマッコルではこうした庶民を対象にした飲食店が繁盛するようになり、今にその名残を残している。二人が並んでやっとの狭い路地にチヂミや焼き魚などの店が密集しており鍾路の名所の一つとなっている。
馬ならぬ車行き交う鍾路を避けてピマッコルへ
ピマッコルの入り口は地下鉄5号線光化門(クァンファムン)駅脇の教保ビルの裏手にある、細い路地がピマッコルだ。もともとはここから 東大門近くまで鍾路(チョンノ)の大通りに沿って点在する裏路地を指していたが、都市開発にさらされ昔の情緒を残す通りや飲食店などは失われつつある。タプコル公園付近を境に西ピマッコル、東ピマッコルと呼び分けられる。
庶民情緒が残るソウルの穴場
今回は比較的古い店の残る地下鉄5号線光化門(クァンファムン)駅付近と地下鉄1号線鐘閣(チョンガッ)駅付近の西ピマッコルを紹介する。もともと庶民で賑わった通りなだけに庶民的情緒あふれる飲食店が多い。ありきたりな店では物足りない人、マッコリをガツンと飲みたい人、ディープな韓国庶民の世界を垣間見たい人は一度お立ち寄りを。
ヨルチャチッ※2010年2月に移転
ピンデトッに関してはこのお店がナンバー1だという人が多い地元っ子が集まる老舗店。牡蠣チヂミ、ピンデトッと一緒にマッコリの杯を乾かせば、よりいっそうピマッコルの雰囲気を味わえる。

※お店の外観・内観写真は移転前のものです。

ヨルチャチッ 詳細を見る
大林(テリム)※2010年2月に閉店(移転オープン計画中)
サワラ、サンマ、サバの定食が6,000ウォン。朝も割りと早い時間からやっているので朝食にも利用できる。チゲ類も豊富。英語メニュー有り
ナムドシッタン※2010年2月に移転(住所は現在のものです)
玄米定食と炭焼きプルコギの店。玄米定食は汁物が干し明太スープ、豆もやしスープ、ナズナのスープなど日替わりでついて6,000ウォン。店先で炭焼きされて出されるプルコギは牛11,000ウォン、豚7,000ウォン。

※お店の外観・内観写真は移転前のものです。

住所:鍾路区 清進洞 182-5 / (道路名住所)鍾路3キル 28-6
電話番号:02-734-0719
営業時間:10:00~22:00 
休日:日曜、旧正月、秋夕の当日のみ
ここでちょっとひと休み
ピマッコル プチフォトギャラリー
決してスマートな通りではないピマッコルだが、だからこそ感じられる魅力もある。

朝鮮時代から変わらぬこの通りの姿を少しだけ紹介しよう。
インサドンチッ
陽気なハルモニ(おばあさん)が1人でやっているチョッパル(豚足)とカムジャタン(豚カルビ煮付け)の小さな店。チョッパルは燻製を使わず店で直接煮込んでいる。価格はチョッパル大30,000ウォン、小25,000ウォン、カムジャタン大25,000ウォン、中20,000ウォン、小15,000ウォン。

住所:鍾路区 仁寺洞 90 / (道路名表示) 三一大路 401-42
電話番号:02-738-9672
営業時間:15:00~翌2:00(土曜のみ翌6:00まで)、年中無休
イカルビ(旧コカルビチッ)
看板のないホッケとマッコリの店。以前はサバを出していたが今はホッケを出している。店名がない頃は、巷では「コドゥンオ(サバ)カルビの店」を略してコカルビチッ(チッは「店」の意)と呼ばれていた。座った途端基本セットのホッケの開きと、たらいに入ったマッコリが出てくる(交換可)。

基本セット(2人分)14,000ウォン。単品ではホッケ・10,000ウォン、マッコリ・2,000ウォン(1人分)、緑豆チヂミ・10,000ウォン、イカ辛味炒め・10,000ウォンなど。

※お店の外観・内観写真はリニューアル以前のものです。

イカルビ(旧コカルビチッ) 詳細を見る
ピマッコルに想いを馳せつつ・・
世の中のわずらわしいことや大通りの喧騒を避けて、狭く薄暗いピマッコルに入ると何だかほっとする。取材中会ったある客は、郊外の職場からわざわざ来ていた。

今まで数百年の間、さぞや多くの人がピマッコルへ憩いを求めてやってきたと思うと、壁の染み一つ一つにも人々の生活や想いが染み込んでいるようで感慨深い。
その他の特集記事 もっと見る
掲載日:07.05.23   最終更新日:12.02.06
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国料理ガイド
韓国グルメ特集記事
旬のモノを食べたい!(26)
韓国のうまいもん横丁(33)
グルメテーマ特集(137)
初心者のためのモデルプラン(12)
その他の特集記事リスト  
お客様の声 グルメ 最新クチコミ
美味しかった
百味堂 1964 TIMES SQUARE店
親切!
アグランコッケラン
ピビンパッおいしかったです。
パルダキム先生 上岩DMC店
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]