韓国旅行「コネスト」 餅()|韓国料理・グルメガイド
KONEST
ホーム > 韓国グルメ > 韓国料理ガイド > 伝統茶・韓菓 >

떡 / トッ
お気に入りに追加 (登録者 : 20人)  印刷する
辛さレベル    ・価格帯 1,000~4,000ウォン
もち米を主な原料とする日本に対し、韓国の餅(トッ)はうるち米で作ったものが多いのが特徴。蒸し餅・つき餅・焼き餅・茹で餅などに分類され、ヨモギやカボチャを練りこんだり、黄な粉や胡麻をまぶしたりと種類も多様です。近年は餅をデザートのように楽しめる餅カフェも登場し人気を集めています。

  • 韓国の伝統餅「トッ」を探る
  • おみやげに喜ばれる 韓国餅
  • 韓国では祭祀や各種祝い事にも欠かせない食べ物である餅。韓国の代表的な名節である秋夕(チュソク)にはソンピョン(松葉蒸し餅)が、子どもが生まれて100日目や1歳の誕生日(トルチャンチ)にはペクソルギ(うるち米の粉のみを蒸して作る真っ白な餅)が定番です。また、陰暦3月3日のサンジンナルと呼ばれる桃の節句には、ツツジの花をのせて焼いたファジョン(花餅)が古くから食べられてきました。
    ソンピョン ペクソルギ ファジョン
    韓国の餅は200種類以上あると言われます。うるち米で作った餅は粘り気が少なく、弾力のある歯ごたえが特徴。うるち米をひいた粉に水を加えて蒸し上げた蒸し餅はシルトッと呼ばれ、蒸しパンのような食感を楽しめます。また、細長いカレトッは、薄くスライスしてソルラル(旧正月)に食べる雑煮トックッにも用いられます。
    チョルピョン(押し餅) ムジゲトッ(虹餅)はシルトッの一種 カレトッ
    また、もち米で作った餅もあり、こちらは強い粘り気が特徴。中に餡子をくるんだチャプサルトッや団子に似た一口サイズのキョンダン、黄な粉がたっぷりかかったインジョルミなどが代表的です。また、もち米を栗やナツメと一緒に炊いた甘い韓国風おこわ、ヤッシッ(ヤッパッ)も人気です。こうした餅は専門店はもちろん、百貨店・デパートの食料品売り場やスーパーでも手軽に購入できます。少量ずつパック入りで販売されているので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。
    チャプサルトッ インジョルミ ヤッシッ(ヤッパッ)
    昔ながらのおやつという印象が強かった餅ですが、最近は様々なアレンジを加え、お洒落なデザートとしても食べられています。色鮮やかで見た目も華やかな餅ケーキは、その代表格。甘さ控えめなので、甘いものが苦手な人や年配の人にも好評です。また、お茶やコーヒーと共に可愛らしい餅菓子を食べられる餅カフェも増えてきており、韓国の餅はますますバラエティー豊かになっています。
    イチゴ味のソルギで作った餅ケーキ オーブンで焼き上げたもち米餅、オーブンチャプサルトッ
  • 韓国のお餅を味わおう
  • ソウルのお餅デザートカフェ
  • 餅博物館
  • このメニューが食べられるお店 お店リスト
    ソルビン 弘大入口駅店 韓屋チャッチッ トッカゲチョンチュン 龍山アイパークモール店 テヌーコーヒー ソルレヌンマジュン
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    注目の記事
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]