韓国旅行「コネスト」 プデチゲ(部隊チゲ)|韓国料理・グルメガイド
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【12/28まで】Jump公演チケット40%OFF!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 韓国料理ガイド > 鍋・スープ > プデチゲ

プデチゲ

부대찌개 / プデチゲ 部隊チゲ
お気に入りに追加 (登録者 : 12人)  印刷する
辛さレベル    ・価格帯 8,000~15,000ウォン
「プデチゲ」とは、「部隊(プデ)・鍋(チゲ)」という意味で、朝鮮戦争以降、米軍から流れてきたスパムやソーセージをキムチチゲに入れたのが始まりで、軍部隊の多かったソウル近郊の議政府(ウィジョンブ)市が発祥と伝えられています。キムチ、野菜、チーズ、餅など好きなものを入れて食べるのが現在のスタイルで、どこかジャンクな味とボリューム感で、若い世代中心に人気。グループでの食事の定番です。

  • 韓国人気プデチゲ店
  • <煮込み方>

    加工肉とラーメン、キムチ入りの赤いスープがトレードマークです。ほかにも様々な材料が鍋に盛られて登場し、注文時に「サリ」という追加トッピングを入れることも可能で、ラーメンは別途注文になっているお店が多いので、ラーメン(韓国語でラーミョンサリ)も忘れずに注文しましょう。
     1.様々な具材が入った鍋が運ばれてくる。
    2.スタッフが白いスープ(スユッ)を鍋に入れ、火をかけます。 3.ある程度、煮込んできたら、ラーメンを投入。 4.ラーメンが煮えてきたら、食べごろです。
    <食べ方>

    煮込み終わったら鍋は弱火にした後、スープや具材を取り皿にうつして、ご飯と一緒に食べてみましょう。ピリ辛でご飯がどんどん進む味です。スープ(ユッス)が煮詰まってきたら途中で追加できるので、店のスタッフに気軽に頼みましょう。
    小皿に移し ご飯と一緒に食べます
    <プデチゲが食べられるお店>

    一般的にテーブルに大きなコンロが設置された「プデチゲ」専門店で食べられます。韓国で最も有名な「プデチゲ」チェーン店は赤い看板に、ノルブ(大きな帽子と髭をたくわえた男性)の顔でお馴染みの「ノルブプデチゲ」です。

    ソウル市郊外の議政府(ウィジョンブ)市平沢(ピョンテク)市など駐屯部隊が多い地域には、プデチゲ専門店が集まるグルメ通りなどがあり、ローカルならではの味わいが人気です。また、基本的に2人以上でないと食べられない「プデチゲ」を一人でも食べられるように工夫したお店も出始めました。
    中段の赤い看板が「ノルブプデチゲ」 議政府にはプデチゲ通りがある
    <お土産にも出来るプデチゲ・インスタント麺>

    各社から様々なインスタント麺が販売されていますが、どれも「プデチゲ」特有の濃厚な風味がよく出ていると評判です。プデチゲ好きには、韓国旅行のお土産に購入するのも良いでしょう。デパ地下やスーパーマーケット、大型マートインスタント食品コーナーで買うことができます。
     インスタントのプデチゲ麺(商品例)
  • インスタント麺界を席巻するプデチゲ商戦!
  • このメニューが食べられるお店 お店リスト
    酒池肉林 ラオン オントリセンコギ 明洞店 金剛ソッコチゲ ヒャンミ食堂
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    初心者のためのモデルプラン
    コレを食べなきゃ始まらない!ビギナー必見、韓国定番グルメを攻略
    辛い食べ物特集
    韓国旅行に行ったら外せない辛い料理。ありとあらゆる旨辛メニューを一挙紹介!
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2018 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]