韓国旅行「コネスト」 タッパル(鶏足の激辛炒め)|韓国料理・グルメガイド
KONEST
ホーム > 韓国グルメ > 韓国料理ガイド > > タッパル

タッパル

닭발 / タッパル 鶏足の激辛炒め
お気に入りに追加 (登録者 : 10人)  印刷する
辛さレベル    ・価格帯 8,000~15,000ウォン
「タッパル」とは、鶏の足をぶつ切りにして、唐辛子ベースの調味料で味付けした料理。見た目は少々グロテスクですが身はぷりっと弾力があり、軟骨も丸ごとぺろり。コラーゲンたっぷりで、女性ファンが多いメニューです。現地の韓国人でも、うなるほどの激辛味で、韓国焼酎のつまみとしても親しまれています。

「タッパル」が食べられるところとしては、繁華街でも2~3件は専門店があり、学生街でもよくタッパル専門店を見かけるほか、飲み屋屋台メニューのおつまみメニューとしても登場します。また、少し意外な場所では「新堂洞トッポッキタウン」の多くの店でサイドメニューとしても食べられます。
日本の料理「手羽先」を辛くしたもの、と一部で紹介されたりもしますが、部位が異なります。手羽先は鶏の羽を使い、同様の部位は韓国語で「タンナルゲ(닭날개)」と呼ばれます。

「タッパル(닭발)」は韓国語の通り、鶏(タッ)の足(パル)の部分を使ったもので、鶏の足首から下の部分をコチュジャン、粉唐辛子、水飴などのヤンニョム(タレ)で辛く味付け。炒めたり、焼肉のように網で焼いたりして食べます。
 焼酎のつまみにも
<タッパルの食べ方>

一般的にタッパルには骨付きで、硬い骨が少しずつ付いています。お店によっては、骨付きタッパルは「ピョタッパル(뼈닭발)」と呼ばれる一方、骨なしタッパルは「ムピョタッパル(무뼈닭발)」と呼ばれ、柔らかい食感が人気です。食べるときのポイントは、足の先のほうから、関節ごとに少しずつむしって食べること。
激辛料理の箸休めには、チュモッパッと呼ばれるミニサイズのおにぎりをサイドメニューとして注文するのが定番。訪問客が自ら手のひらの上で小さく握って食べます。
よく混ぜて ひとくちサイズに丸める
このメニューが食べられるお店 お店リスト
サンドミプルコギ チェゴチッチーズ炭火タッカルビ 明洞タッカンマリ パッ匠人テジチゲ 弘大店 漢江コッテギ
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]