韓国旅行「コネスト」 チムタク(鶏の甘辛煮)|韓国料理・グルメガイド
KONEST
ホーム > 韓国グルメ > 韓国料理ガイド > > チムタク

チムタク

찜닭 / チムタッ 鶏の甘辛煮
お気に入りに追加 (登録者 : 19人)  印刷する
辛さレベル    ・価格帯 20,000~35,000ウォン
「チムタク」とは、ぶつ切りの鶏肉、ジャガイモ、タンミョン(韓国春雨)などを大量の唐辛子と一緒に、醤油と砂糖ベースのタレで煮込んだ鶏肉料理です。ボリュームがあり、2人以上で一つの皿(1羽)を食べるのが一般的で、口がひりひりしてくるほど辛みはやや強め。店舗ごとにサイズは異なりますが、一般的に小サイズは2人前、中サイズは2~3人前、大サイズは3~4人前です。とろみのある褐色タレが染みこんだ肉や野菜に、ご飯が進みます。

もともと慶尚北道(キョンサンプット)安東(アンドン)の郷土料理として知られていた「チムタク」。2000年に韓国国内でブームになって以降、ソウルはじめ全国に専門店が登場し、おかずやおつまみとして定着しました。

具材に調味料を加え、強火で一気に調理して大皿で提供し「チムタク」の辛味を和らげるために、トンチミ(大根の水キムチ)が付けあわせで出されます。一方、朝鮮半島北部の料理として鶏1羽をシンプルに茹で(蒸し)上げた「北部式チムタク」があり、北部料理専門店などで楽しめます。
 安東のチムタク横丁
  • 安東チムタク横丁
  • 必ず食べたい韓国ご当地グルメ
  • レベル別!おすすめの辛い韓国料理メニュー完全ガイド
  • 鶏肉は骨に気をつけましょう ジャガイモや人参もよく煮えている タンミョンも味のポイント
    <ツウの食べ方>

    ご飯は別途注文になるのが一般的で、そのまま食べても良いですが、「チムタク」を約3分の2ほど食べた頃に、ご飯をお皿の中に入れて「チムタク」の残り汁とかき混ぜながら食べるのが韓国式。「チムタク」の甘辛いソースがご飯によく染み込み、ご飯がよく進むことでしょう。
    ご飯を入れたら、よくかき混ぜます スプーンで食べましょう
    <チーズチムタク>

    2016年頃から「チムタク」の上にとろけるチーズをまぶせた「チーズチムタク」が話題となり、チムタク専門店のメニューにも増え始めました。チーズが辛さをマイルドに和らげ、辛い料理が苦手な方でも安心して食べられると人気です。
    このメニューが食べられるお店 お店リスト
    明洞タッカンマリ ネリムソン参鶏湯 明洞店 智鎬韓方参鶏湯 広壮店 弘手鶏チムタク 高速ターミナル店 弘手鶏チムタク 明洞店
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    注目の記事
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]