安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 韓国の電子渡航認証システム(K-ETA) | 韓国旅行基本情報
KONEST

韓国の電子渡航認証システム(K-ETA)

チョンジャヨヘンホガジェ / 전자여행허가제(ETA)
 ―  (0件) お気に入りに追加(154人)  印刷する
コネストからのお知らせ
2021年9月より電子渡航認証システムの本格施行が開始されましたが、一時的に「ビザ無し入国」を停止している日本については対象外です。
今後コロナウィルスの状況を見ながら随時変更の予定です。
「電子渡航認証システム(ETA)」とは?
渡航認証の情報はパスポートとリンクされる
渡航認証の情報はパスポートとリンクされる
ETA(Electronic Travel Authorization)こと「電子渡航認証システム(전자여행허가제、直訳は電子旅行許可制)」とは、外国人がビザ無しでの入国をする際に訪問国のホームページから個人情報や旅行に関連する情報を入力し、国側から旅行の許可を受ける制度です。

オーストラリア(ETA)、アメリカ(ESTA)、イギリス(EVW)、台湾(TAC)、ニュージーランド(NZeTA)など主要国家で既に施行されている制度です。

この制度が開始すると、ビザが免除されている国籍の渡航者本人が専用サイト(www.k-eta.go.kr)またはアプリを通じてオンライン上で、渡航認証を取得する必要があります。
韓国でも電子渡航認証システムが開始
'21年5~8月テスト運用、9月から本格施行
韓国政府は韓国入国に際し、ビザが免除されている国籍の渡航者に対し、電子渡航認証の取得を義務化するとしています。

つまりこれまでは「明日から韓国でも行こうかな」と思い立った時に気軽にできていた韓国旅行が、これからは電子渡航認証がないとできなくなる可能性が出てきたのです。

電子渡航認証システム(전자여행허가제、直訳は電子旅行許可制)の導入にあたっては、「出入国管理法」の改訂案が2020年1月に国会本会議を通過、2021年5月~8月のテスト運用を経てから、2021年9月1日より正式に施行されます。

渡航者は遅くとも飛行機搭乗の24時間前までに申請をし、認証を受ける必要があります。
韓国からの渡航認証がなければ、航空会社では搭乗券を発券することができません。

認証を受けた場合は、韓国入国時に入国申告書の作成及び提出は不要になります。
また、一度認証を得ると2年間有効で、有効期間中に韓国を訪問するのであれば、その都度、渡航認証を取得する必要はありません。

渡航認証の申請手続きにかかる手数料は10,000ウォン(日本円で約900~1,000円)になります。
【注意】日本から韓国への入国、今後どうなる?
コロナ禍で制度開始予定
まず、2020年3月8日以前は日本人の場合、90日以下の滞在であれば韓国入国に際し、ビザは必要ありませんでした。
いわゆる「ビザ無し入国」と言うやつです。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「ビザ無し入国」も一時的に停止されてしまいました。
日本国籍者は、韓国入国の際にはビザが必要になってしまったのです。

このような状況で渡航認証制度を開始するにあたり、2021年9月からの本格施行開始時においては現時点でビザ無し入国資格のあるアメリカやイギリスなど49か国に限定して申請受付を開始する旨を韓国政府はアナウンスしています。

一時的に「ビザ無し入国」を停止している日本のような国63か国については対象外とし、今後のコロナウィルスの状況などを見守りながら随時変更していくようです。(2021年8月27日時点)。

一般の観光目的の旅行者については、新型コロナウイルスの感染が収まって、再び韓国旅行が可能になった場合、まずはいわゆる「ビザ無し入国」が復活しないことには話が始まりません。
そして従来通りの「ビザ無し入国」ができるようになれば、日本人観光客もこの新しい「電子渡航認証」の対象となります。
【日本人の韓国入国時の変遷と今後】
時期 ~'20年3/8 '20年 3/9~ 施行開始
'21年9月~
ビザ 不要 必要 必要※1
電子渡航認証 存在せず 準備中 対象外※1
※1:今後コロナウイルス流行の状況により変わる
電子渡航認証システム導入の背景
写真はイメージ。本文とは直接関係がありません。
写真はイメージ。本文とは直接関係がありません。
韓国では海外との人的交流拡大や観光客誘致などのために、ビザ免除協定を結ぶ66か国と、ビザなし入国指定46カ国にまでビザ免除入国を拡大した結果、2018年度には全体の入国者数の53%がビザ免除入国者となるほどでした。

その一方で、ビザ免除、つまりビザなしで入国した外国人が不法滞在者となるケースが増加。こうした背景からアメリカ(ESTA)やカナダ(ETA)などですでに導入されている電子渡航認証システムが取り入れられることとなりました。
電子渡航認証の申請方法と取得、韓国到着までの流れ
大まかな流れ
渡航認証がないと航空会社では搭乗券が発券できない
渡航認証がないと航空会社では搭乗券が発券できない
K-ETA専用サイト(https://www.k-eta.go.kr)またはアプリで申請(本人、代行者)

審査及びメールで結果連絡

韓国へ出発、発券・搭乗(航空会社など)

韓国到着、入国審査(出入国審査官)

・専用アプリのダウンロード→iOS / android

・申請から手数料の支払いまですべて本人がオンラインで行います。

・渡航認証が取得できた場合、メールで連絡が来るのみで別途書類が発行されるわけではありません。
パスポートを提示すれば、関係機関で確認できるようになっています。

・電子渡航認証を取得した人は、韓国到着時に専用レーンで入国審査を受けます。
 制度の実施以前よりも入国審査がスムーズになり、待機時間が短縮されるというメリットが期待されます。
申請対象者は?
・現在有効な大韓民国ビザを保有していない者
・観光、親戚訪問、行事や会議参加、商用(営利目的除く)を目的として入国しようとする者
・商業目的または観光を目的として短期滞在を計画している者
申請手数料はかかるの?
申請手数料は10,000ウォン(日本円で約900~1,000円)です。
申請手続き自体をオンラインで行うため、決済もクレジットカードなどを使ったオンラインで行います。
申請時に必要なもの
1.有効なパスポート
2.有効なEメールアドレス
3.顔写真のイメージファイル
4.手数料決済用のクレジットカードまたはデビットカード

容量は100KB、縦横700ピクセル以下のもの。アプリ申請時はモバイルで撮影してアップロード可。
審査結果について
結果は問題なしは「OK」、条件付きは「Selectee」、不可は「Not OK」となります。 条件付き「Selectee」となった場合には、航空機には搭乗できますが、韓国入国時にインタビューを受けます。インタビューの結果により、入国許可、もしくは入国拒否が判定されます。また不可「Not OK」の場合は、出発国から韓国へ行く航空機に乗ることもできません。
電子渡航認証を申請する時の入力情報
基本情報、旅券情報、居住地情報、雇用情報、旅行情報など6つの主要項目から、37の詳細な情報を入力する必要があります。
主要項目 細部項目(37)
基本情報(8) 国籍、英文姓名、性別、生年月日、出生国家及び都市、その他市民権
旅券情報(5) 旅券番号、旅券発行国、旅券発行日、旅券満了日、韓国ビザ申請履歴
居住地連絡情報(4) 居住地住所、Eメール住所、Eメール返信時の言語選択(英語、中国語、日本語)、電話番号
雇用情報(7) 職業、職責、会社名、会社所在地、会社電話番号、年俸(年所得)、勤務経歴(期間)
旅行情報(8) 旅行経費、予定宿泊地住所及び電話番号、乗り換えの有無、過去の韓国訪問経験、韓国内居住家族などの有無及び連絡先、出国予定日
その他(5) 1.身体的、精神的障害及び伝染病の保有有無
2.ビザ拒否、入国拒否、追放履歴
3.逮捕、犯罪、有罪判決、 反則金、違反金処分などの履歴
4.就業予定または過去不法就労の経験
5.韓国在留期間超過経験
よくある質問
Q:一度取得したら有効期限はいつまで?
許可日より2年が有効期限となります。この期間内なら渡韓回数に関係なく有効です。
但し、申請時のパスポート期限が2年以内の場合はそのパスポートの有効期限がETAの有効期限になります。つまり2年以内でもパスポートを新しく更新した場合にはETAも新たに申請する必要があります。
最新情報は随時更新
日本からの旅行者にとっては、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響でビザ免除措置が停止のままであることが一番大きな問題です。新型コロナウイルスの感染が収まって、再び韓国旅行が可能になった場合、まずはビザ免除措置停止の解除、いわゆるビザなし入国が復活しないことには始まりません。

次回の韓国旅行の際には、入国までのプロセスが大きく変わっていることが予想されます。情報がわかり次第、このページ上で更新していきます。
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く
まだ写真投稿がありません。
最初の写真投稿をお待ちしています!
ユーザークチコミ クチコミを書く
情報
しいがるさん 2021.9.1
以前より予告されていたK-ETA制度が、今日9月1日より本格的に開始されました。
ただ、日本はビザ免除が暫定停止状態なので、現時点でこの制度は対象外です。

(以下は韓国関係機関公式サイトより)
外国と韓国との重国籍者であっても、韓国国籍者は韓国出入国に韓国旅券を使うことが義務付けられています。
それで、他方の国籍で韓国外に在住の場合も、在外公館(居住地管轄の韓国大使館領事部や領事館)で韓国旅券を申請して入国するように、とのことです。
つまり、韓国との重国籍者は、外国旅券でのK-ETA申請はできないということになります。
つづきを読む
情報
しいがるさん 2021.4.23
韓国の法務部「出入国・外国人政策本部」公式サイトの昨日(4月22日)付け記事より。
以前から言われていた韓国のETA(電子渡航認証制度)が来月5月3日から試行、9月から正式施行になります。詳細は記事の添付ファイルに載っています。
ただ、日本に関しては昨年(2020年)3月9日からビザ免除が停止状態なので、この電子許可制が適用されるのはビザ免除再開後になります。
つづきを読む
情報
こぶしねっとさん 2021.1.29
当掲示板ではまだどなたも話題にされていないので、情報共有します。

韓国では6月から、ビザ免除で入国する外国人について、飛行機搭乗72時間前までに「電子渡航認証システム(ETA)」に個人情報を入力し、認証を受ける必要が発生します。
手数料は10000ウォンで「一度ETAで認証された外国人は2年間、入国審査書の提出が免除され、専用の窓口で本人かどうかを確認するだけで入国が可能となる」とのことです。

要するに、これまではパスポートだけ持って行けば韓国に入国できたものが、新たに手数料を払って事前電子申請しなければ渡韓できなくなります。
今日思い立って明日渡韓、みたいなことは不可能になります。

なお、これに関し、SNS上では渡韓を待ちわびる一部の人が「6月から渡韓が解禁される」と早合点している様子が見受けられますが、残念ながら違います。
6月にETAシステムが運用開始になるというだけで、実際に日本人が観光等短期滞在でノービザ渡韓ができるようになるかどうかは、コロナとビザ問題の解決如何によります。
現在、韓国は日本人のビザ免除を停止しているので、6月にETAが始まっても日本人はETAの認証を受けて渡航することはできません。

検索すると、ETAに登録する個人情報はこれまで入国カードに書いていた範囲を大幅に超え、勤務先情報や過去の不法滞在履歴など、多岐にわたる情報を入力する必要があるという書き込みもあります。
ETAシステムの概要や入力が必要な個人情報について、コネストさんでもまとめて情報提供していただけたらと思います。

ETA開始に関するニュースは、韓国文化体育観光部の「Korea.net」にあります。
https://japanese.korea.net/NewsFocus/Society/view?articleId=193406
つづきを読む
韓国旅行の準備ガイド
一緒におさえよう!韓国旅行基本情報
電圧 電圧
日本とは異なるお隣韓国の電圧事情。旅行前に基本情報をしっかり頭に入れておこう!
通貨/両替/カード/チップ 通貨/両替/カード/チップ
韓国の通貨は?カードは何が使える?旅に役立つお金の基礎知識!
電話 電話
韓国の電話ってどう使うの?旅行中の国際電話もこれで安心!
クレジットカード クレジットカード
知っておきたい、韓国でのクレジットカード使用
T-money カード T-money カード
韓国旅行の必需品。お得なマルチ交通カード徹底解剖!
ソウルの地下鉄 ソウルの地下鉄
ソウル市内を楽々移動!使い勝手のいい公共交通機関
タクシー タクシー
旅行中に便利なタクシー。利用方法からトラブル時の対処法まで解説
ソウルの市内バス ソウルの市内バス
初心者にはなかなか難しいソウルのバスを、わかりやすくご紹介!
観光案内所 観光案内所
旅行者向けの情報が満載!ソウル市内の観光案内所をご紹介
タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」 タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」
観光・生活情報について、日本語電話相談が受けられるサービス
旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪) 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪)
韓国ビギナー必見!「いざ」というときのための予備知識
事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス 事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス
窓口で並ぶ必要なし!24時間利用できる端末機が登場


掲載日:21.02.11   最終更新日:21.08.27 (更新履歴
20210827 記事の内容を更新しました
20210423 記事の内容を更新しました
20210315 記事の内容を更新しました
[閉じる]
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
注目の行事・イベント
旅立つ前に一緒にチェック!
コネスト新着記事 もっと見る
THE PIE SHOP
延南洞(ヨンナムドン)のパイ専門カフェ
2022.05.19
釜山駅
韓国第2の都市・釜山の陸の玄関口
2022.05.19
ヨンドンボールカツ ヨンシンネ駅店
ペク・ジョンウォン氏が手掛け
2022.05.18
ライン皮膚科医院(アートメイク・プチ整形)
アートメイクで有名な江南クリ
2022.05.18
韓国の食文化と食事マナー
韓国料理の特徴や知っておきたい食事マナーをご紹介!
2022.05.18
みんなが探してる!ホットキーワード
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]