韓国旅行「コネスト」 韓国旅行時に海外SIMカードをスマホで利用する方法 | 韓国旅行基本情報
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【快適列車で地方旅へ】高速鉄道 KTX乗車券予約
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

韓国旅行時に海外SIMカードをスマホで利用する方法

한국여행시 해외SIM카드를 스마트폰으로 이용하는 법 / ハングッヨヘンシ ヘウェSIMカドゥルル スマトゥポヌロ イヨンハヌン ボッ
事前準備や注意点など、韓国旅行時のSIMカード利用法を解説
韓国旅行時の通信は、無料Wi-Fiスポットの活用やWi-Fiルーターレンタル、日本の通信会社の海外パケット定額の利用など、様々な方法があります。

その1つに、韓国現地で利用できるSIMカードを購入し、自分のスマホのSIMカードと差し替え、韓国現地の通信環境を利用するという方法もあります。
海外SIMカードとは?
そもそもSIMカードとは?
SIMカード(Subscriber Identity Mobile Card)とは、それぞれに固有のID番号が記録されている小型のICカードのこと。

スマホなどの携帯端末に挿入し、回線契約者情報を識別することで、電話やインターネットが利用できるようになります。
海外SIMカード利用の仕組みは?
海外現地のキャリア(通信会社)に対応したSIMカードを、自分のスマホに差し込むことで利用できます。

海外で使えるSIMカードには、購入した期間やデータ量の限度の範囲内で利用でき、1度で使い切りのプリペイド式のものや、同じSIMカードを海外渡航の度に利用できるチャージ式のものなどがあります。

会員登録などの面倒な手続や、追加料金の心配がない、プリペイド式が人気です。
「SIMフリー」スマホなどの端末しか利用できないのがポイント!
「SIMフリー」とは「SIMロック」がかかっておらず、どこの通信会社のSIMカードでも利用出来る状態のこと。

「SIMロック」とは、 日本国内のキャリア(通信会社)それぞれが、自社で契約した携帯端末に制限をかけ、他の通信会社のSIMカードを挿してもインターネット接続や通話等が出来ないようにしている状態のことをいいます。

2015年5月以降に発売された、docomo、au、SoftBankのスマホ(一部対象外)であれば、各社条件の下、SIMロック解除が可能になっています。

なお、SIMフリー如何に関わらず、各SIMカードによってiPhoneのみ利用可、など対象となる機種が異なるため、SIMカード購入前に必ず確認が必要です。
海外SIMカードにはどんな種類がある?
1.データ通信のみ可能で、容量でデータ通信が制限されるタイプ
1GB、2GBなど、SIMカード購入時に指定された通信量の範囲内で、データ通信が利用できるようになっています。
2.データ通信のみ可能で、期間でデータ通信が制限されるタイプ
1日、5日、10日など購入時の指定期間内はデータ通信が利用できる仕組みになっています。

ただし、期間で制限されるタイプは、1日あたりの通信量に上限を設け、上限を超えた場合にも利用ができるが通信速度が遅くなる、という場合もあります。
3. データ通信+音声通話可能タイプ
音声通話が可能なタイプには、電話とSMSの受信のみ可、受信/発信共に可、と種類が分かれています。
どこで購入するの?
韓国に到着後、現地の空港コンビニで購入する方法や、事前に日本の家電量販店、空港、ネットショップなどで購入することもできます。

コネストでは事前に予約し、韓国到着後に空港で受け取ることができます。会社によっては利用開始時の設定の補助も受けることができるので便利です。
Wi-Fiルーターレンタルと比べてみよう!
韓国旅行時の通信環境確保の手段として、利用者が多いのが、Wi-Fiルーターレンタル。

海外SIMカードはどんなメリット/デメリットがあるのか?比較してみましょう!
海外SIMカードのメリット
返却不要!帰国直前までデータ通信が利用可能
Wi-Fiルーターをレンタルした場合は、ルーター機器の返却が必要です。そのため帰国時には、返却のための時間確保が必要になる点や、ルーター返却後は無料Wi-Fiスポットなどデータ通信を利用できる場所が限られてしまうのが難点。

海外SIMカードは、返却の必要がありません。場所を問わず飛行機に乗った後もギリギリまでデータ通信が利用できるのが便利です。
ルーター持ち運びなしで手軽!ルーター充電の心配もなし!
Wi-Fiルーターはバッテリーが切れると利用できなくなるため、充電の心配がつきもの。ルーター1つでも荷物になるのに、補助バッテリーまで持ち歩くと、荷物がかさばるばかり。

海外SIMカードはこれらの心配がないので、とにかく身軽に旅行したい!という人におすすめです。
音声通話ありのカードを選べば、電話やSMSが利用可能!
Wi-Fiルーターでは、利用できるのはデータ通信のみ。

海外SIMカードは、音声通話が可能なタイプもあります。一時的に韓国の電話番号が付与されることで、電話やSMSが利用できる仕組みで、受信のみ、もしくは発信もOKのタイプがあります。

音声通話やショートメッセージは、LINEなどのメッセンジャーアプリでも十分可能ですが、電話番号があることで、お店でウェイティングが発生した時や、緊急時の連絡先として役に立った!という声もあります。
紛失・破損・盗難によるペナルティーがない
Wi-Fiルーターは、機器本体や補助バッテリーなどが紛失したり、故障してしまった場合に、ペナルティーがあります。

万が一の場合に備えての補償金も1日あたり500円前後かかり、それだけで数千円かかる場合も!海外SIMカードは返却の必要がないため、ペナルティーがなく、もしもの時の追加料金の心配も不要です。
海外SIMカードのデメリット
SIMカードによって、利用できる機種が異なる!
スマホなどの端末の機種によらず使用できるWi-Fiルーターとは異なり、海外SIMカードは、端末のメーカーや機種によって利用できない場合があります。

利用前に特に確認が必要なのが以下の2点です。

1.使用する端末のSIMロックが解除されていること
2.使用する端末に合ったSIMカードなのか、注意事項やSIMカード販売元への問合せなどで必ず確認する
スタート時の設定が少し複雑
Wi-Fiルーターは、端末の電源を入れ、パスワードを自分のスマホに入力するだけでインターネットに接続でき、利用が簡単!

その点、海外SIMカードは、SIMカードの交換や、場合によってはデータ通信を使用できるようにするための設定が必要になるため、Wi-Fiルーターと比べると複雑で、難しく感じる人も少なくありません。

コネストで予約ができるSIMカードは、日本語で利用方法を記載しています。また、利用開始時のSIMカードの挿入から、ネットワークの設定、通信の確認まで、全てカウンタースタッフが行なってくれるところもあるので、初めて利用する人でも安心です。
プリペイド式は利用日数の変更・延長ができない
韓国旅行中に日程を延長することになった時、Wi-Fiルーターは、事前に連絡すれば、利用日数の変更や延長に対応してもらえる場合もあります。

海外SIMカードの中には、使いきりのプリペイド式と、チャージ式のものがあります。プリペイド式の場合は、容量や利用日程の制限を超えると、そのSIMカードではデータ通信などが利用できなくなります。

予定より韓国滞在日数が延びた場合には、新しいSIMカードを購入する必要があります。
これだけは事前にチェック!5つのポイント
1.自分のスマホで海外SIMカードが利用できるか?必ず確認
SIMカード購入後や、開封して使用してみたものの、使えなかった!という場合でも、商品によっては払い戻しが不可の場合があります。

必ず、購入前に自分のスマホで使用できるのか、使用できる機種であっても、「SIMロック解除」などの事前の準備を終えているか、確認しましょう。
2.SIMカードのサイズは3種類!自分のスマホに対応している商品を選ぼう!
写真左:microSIM(15mm×12mm)

写真右:nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
写真左:microSIM(15mm×12mm)
写真右:nanoSIM(12.3mm×8.8mm)
SIMカードには、大きさが3種類あります。標準SIM(タテ:25mm×ヨコ:15mm)、microSIM(15mm×12mm)、nanoSIM(12.3mm×8.8mm)の3種類です。

3サイズ全てに対応しているものや、1サイズしか対応していないものなど、海外SIMカード商品によって使用可能な機種が異なります。

購入前に自分のスマホのSIMカードのサイズに、購入予定のSIMカードが対応しているか、必ず確認しましょう。
3.日本帰国後のために「日本のSIMカード」と「SIMピン」は必ず保管!
利用開始時に、日本で使用していたSIMカードを本体から取り出した後は、日本到着まで大切に保管しましょう。

紛失してしまうと、日本帰国後にスマホを使えなくなってしまいます。通信会社によっては再発行が可能ですが、発行手数料や、時間がかかるなど手間がかかります。

また、利用開始時に、SIMカードを取り出す際にSIMピンを使用した場合は、SIMカードを入れ直す時に再度必要になるので、帰国時まで保管しておきましょう。
4.最初の設定時はWi-Fi環境のあるところで行なおう!
利用開始の設定時、エラー内容によっては、インターネットに接続して設定するため、Wi-Fiへの接続が必要になる場合があります。

最初の接続設定の際には、空港やホテルなど、Wi-Fi環境が整っている場所で行なうとよいでしょう。
5.電話、SMSがOKのSIMカード使用の場合は、一時的に電話番号が変わる!
電話、SMSが利用できる海外SIMカードを使用する場合は、一時的に韓国の電話番号が付与され、一時的に電話番号が変わります。

その場合、新しい番号に日本から連絡をもらう際には、相手から国際電話をかけることになるので、通話料金が国際電話料金となります。
実際に使ってみよう! 海外SIMカード利用の基本の流れ
iPhone機種と、Android機種を例に、それぞれSIMカードがセットされている場所や、SIMカードの取り出し方など、利用の基本の流れを紹介します。
iPhoneの場合
1.各種設定をする
・「Wi-Fi」と「機内モード」はOFFにする
・「設定」→「モバイル通信」の「モバイルデータ通信」はONにする
・「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「LTE回線を使用」→「データ通信のみ」を選択する

※端末モデルやiOSバージョンによって、「通信のオプション」の設定内容が異なります。利用前にご確認下さい。

2.電源をOFFにする。

3.本体側面の小さな穴に、本体購入時に付属のピン(SIMピン)を押し込み、出てきたトレイを引き抜いて、日本で使用していたSIMカードを取り出す。この時、日本で使用していたSIMカードは必ず保管する。

4.韓国で使用するSIMカードの向きを合わせてトレイに乗せ、トレイを戻してしっかり押し込む。

5.電源をONにし、アンテナと、購入したSIMカード対応の通信社の名前が表示されれば、接続完了。
本体購入時に付属のピン。ピンはインターネットなどでも購入できる
本体購入時に付属のピン。ピンはインターネットなどでも購入できる
本体側面の小さな穴に付属のピンを押し込む
本体側面の小さな穴に付属のピンを押し込む
出てきたトレイを引き抜いて、SIMカードを入れ替える
出てきたトレイを引き抜いて、SIMカードを入れ替える
Androidの場合
【バッテリーの取り外しができない機種の場合】
1.電源をOFFにする。

2.本体側面の小さな穴に、ピンを押し込み、出てきたトレイを引き抜き、日本で使用していたSIMカードを取り出す。この時、日本で使用していたSIMカードは必ず保管する。
※Androidは、iPhoneと異なり購入時にピンが付属されておらず、別途購入が必要な場合があります。SIMカード利用前に必ず確認して下さい。

3.韓国で使用するSIMカードの向きを合わせてトレイに乗せ、トレイを戻してしっかり押し込む。

※機種によっては、SIMカードとSDカードの挿入位置が近い場所にあるため、間違わないように注意。
本体側面の小さな穴にピンを押し込む
本体側面の小さな穴にピンを押し込む
出てきたトレイを引き抜いて、SIMカードを入れ替える
出てきたトレイを引き抜いて、SIMカードを入れ替える
SIMカード(写真右の赤い部分)とSDカード(写真左)の挿入位置が近い場所にある場合は、間違わないように注意
SIMカード(写真右の赤い部分)とSDカード(写真左)の挿入位置が近い場所にある場合は、間違わないように注意
【バッテリーの取り外しが可能な機種の場合】
1.電源をOFFにする。

2.背面のカバーを外して、中に専用のスロット(挿入口)があるので、日本で使用していたSIMカードを取り出す。この時、日本で使用していたSIMカードは必ず保管する。

3.SIMカード用のスロットの近くには、SIMカードのアイコンが描かれているので、その向きを参考に、韓国で使用するSIMカードの向きを合わせてセットして、背面のカバーを装着し直す。

※機種によっては、SIMカードとSDカードの挿入位置が近い場所にあるため、間違わないように注意。
背面のカバーを外すと、バッテリー近くにSIMカード専用のスロットがある
背面のカバーを外すと、バッテリー近くにSIMカード専用のスロットがある
SIMカード用のスロットの近くには、SIMカードのアイコンが描かれているので、その場所や向きを参考にして挿入
SIMカード用のスロットの近くには、SIMカードのアイコンが描かれているので、その場所や向きを参考にして挿入
4.各種設定をする
・電源をONにする
・「Wi-Fi」と「機内モード」をOFFにする
・「モバイルデータ」はONにする

5.アンテナと、購入したSIMカード対応の通信社の名前が表示されれば、接続完了。

<注意事項>
あくまで基本の流れです。利用時の詳細は各SIMカードによって異なります。設定の際には必ず同封されている取扱説明書を確認してください。
設定後、電源をONにしてもダメ!こんな時は…
・アンテナや通信社が表示されても、データの接続が出来ない
→「APN設定」が必要

・アンテナや通信社が表示されず、「圏外」や「SIMカード無し」という表示が出る
→端末機を再起動する(2~3回ほど再起動が必要な場合もあります)

※いずれも 設定方法は、携帯端末のメーカーや、各SIMカードによって異なります。設定の際には必ず同封されている取扱説明書を確認してください。
韓国旅行時の海外SIMカード利用のQ&A
韓国で使える海外SIMカードを購入しました。1枚だけ持っていれば、次回の韓国旅行の際、同じSIMカードをスマホに挿入すれば、また使用できますか?
商品によって異なります。同じSIMカードを海外渡航の度に利用できるチャージ式のものを購入した場合は、次回旅行時にも使用できますが、1度で使い切るタイプのプリペイド式のものであれば、次回旅行時には使用できません。
音声通話可能な海外SIMカードを利用し、一時的に電話番号が変更になる場合、メッセンジャーアプリを利用する時には引継ぎ設定が必要ですか?
「LINE」を例にすると、同じスマホでSIMカードだけを変更する場合、電話番号の変更が生じる場合でも、引継ぎ設定をしなくても継続して利用が可能です。

ただし、長期滞在など長期に渡って日本での番号を使用しない場合などは、登録電話番号の変更を行なうとよいでしょう。
韓国でSIMカードを購入するなら!
韓国旅行おトク情報
韓国旅行の準備ガイド
一緒におさえよう!韓国旅行基本情報
電圧 電圧
日本とは異なるお隣韓国の電圧事情。旅行前に基本情報をしっかり頭に入れておこう!
通貨/両替/カード/チップ 通貨/両替/カード/チップ
韓国の通貨は?カードは何が使える?旅に役立つお金の基礎知識!
電話 電話
韓国の電話ってどう使うの?旅行中の国際電話もこれで安心!
クレジットカード クレジットカード
知っておきたい、韓国でのクレジットカード使用
T-money カード T-money カード
韓国旅行の必需品。お得なマルチ交通カード徹底解剖!
ソウルの地下鉄 ソウルの地下鉄
ソウル市内を楽々移動!使い勝手のいい公共交通機関
タクシー タクシー
旅行中に便利なタクシー。利用方法からトラブル時の対処法まで解説
ソウルの市内バス ソウルの市内バス
初心者にはなかなか難しいソウルのバスを、わかりやすくご紹介!
観光案内所 観光案内所
旅行者向けの情報が満載!ソウル市内の観光案内所をご紹介
タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」 タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」
観光・生活情報について、日本語電話相談が受けられるサービス
旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪) 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪)
韓国ビギナー必見!「いざ」というときのための予備知識
事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス 事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス
窓口で並ぶ必要なし!24時間利用できる端末機が登場


掲載日:19.04.24 (更新履歴
・記事全体を見直しました(20190423)
[閉じる]
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
旅立つ前に一緒にチェック!
コネスト新着記事 もっと見る
フォシャールプラント歯科
東京歯科大出身の院長常駐!江南のインプラント専門歯科
2019.08.22
楽立盃 恵化駅店
大学路の駅前タピオカミルクティー・テイクアウト専門店
2019.08.21
清渓6街地下ショッピングセンター
東大門DootaとMaxtyleを結...
2019.08.21
テボッチッ
「水曜美食会」で紹介された焼肉店@景福宮駅
2019.08.21
LUSH 明洞駅店
2019.08.21
みんなが探してる!ホットキーワード
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]