韓国旅行「コネスト」 韓国旅行でのPM2.5予防と対策 | 韓国旅行基本情報
KONEST

韓国旅行でのPM2.5予防と対策

大気の中に含まれる目に見えない汚染物質PM2.5。黄砂(ファンサ)と共に人々の関心を集めるトピックのひとつです。

喉の痛みや目のかゆみを起こしたり、喘息や気管支に持病を抱える人は注意が必要となるので、韓国旅行の前にチェックしておきましょう。
韓国旅行おトク情報
PM2.5の基礎知識
PM2.5とは?
PM2.5(微小粒子状物質)は韓国語で「超微細粉塵(チョミセモンジ)」と呼ばれる、大きさが2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=1mmの千分の1、髪の毛の太さの30分の1)以下の非常に小さな粒子のこと。

共に言及されることの多い、浮遊粒子状物質であるPM10(10マイクロメートル以下の粒子)よりも小さい粒子です。

PM2.5は単一の化学物質ではなく、炭素、硝酸塩、硫酸塩などを成分とする様々な物質の混合物となっています。

その微小さから人体の奥に入り込みやすく、喉の痛みや目のかゆみを起こしたり、喘息、気管支炎などの呼吸器系への影響に加え、血液やリンパなどの循環器系への影響が心配されています。
PM2.5の発生源は?
ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設、コークス炉や鉱物堆積場など粉じん(細かいちり)を発生する施設の他に、自動車や船、航空機などの移動手段があります。

こうした人為的な発生源以外にも、土壌、海洋、火山など自然による影響もあります。また実は調理、ストーブなど、家庭内の身近なところからも発生します。
PM2.5の発生時期はいつ?
PM2.5はほぼ1年中発生していて、なくなる時期はありません。韓国では12月から3月に濃度が上昇するとされています。韓国環境部によると、PM2.5の平均濃度は4月から11月にかけてが20マイクログラム/立法メートルであるのに対し、12月から3月にかけてが29マイクログラム/立法メートルと、約40%もの差があります。

ただし、偏西風の影響による黄砂とあいまって、春先は特に空気が悪いと感じることが多くなるでしょう。
PM2.5問題への取り組み
大気汚染の状況を知らせる電光掲示板
大気汚染の状況を知らせる電光掲示板
韓国の環境部では2015年から「超微細粉塵注意報・警報」制度を導入し、天気予報のように4段階で大気の状況をリアルタイムに提供。市民に注意喚起を行い、この基準をもとに野外活動の制限などを呼びかけています。

ソウル市では災難情報発信用ツイッター(外部サイト、韓国語)気候環境本部ホームページ(外部サイト、韓国語)などで、PM2.5への注意とそれに伴う行動要領を発信しています。
大気が澄んでいると青、注意報が出ていると赤
大気が澄んでいると青、注意報が出ていると赤
その他にもPM2.5が最悪の数値を記録した日に地下鉄・バスを無料にする、NソウルタワーのライトアップでPM2.5濃度がわかるようにするなど、市民の関心を高めるために、あの手この手の対策が行われています。

また、環境問題の解決には国家間の協力が不可欠であるという認識のもと、1999年より開かれている日中韓三カ国環境大臣会合に加えて、2019年からは韓中晴天計画を締結し、PM2.5低減に向けた議論が続けられています。
韓国旅行おトク情報
観光・外出時はしっかりガード!PM2.5対策
一番の予防は体内に流入するPM2.5をできる限り防ぐこと。外出時の基本として以下のことはしっかりおさえて おきましょう!

・外出時はマスクを着用する
長袖、眼鏡、帽子、スカーフなどを着用し、体に付着するPM2.5を防ぐ。
・手洗い、うがい、歯磨きを頻繁に行ない、体に付着したPM2.5を洗い流す。
・こまめに水分をとり、体内に流入した有害物質の排出を促す。
機能性の高いマスクを
KFの数値が目印
KFの数値が目印
PM2.5予防にマスクは必須です。特に大気中の汚染粒子を遮断する性能を表す指数「KF(Korean Filter)」表示のあるマスクが有効です。

KF80は0.6マイクロメートルの大きさの粒子を80%以上遮断、KF94、KF99は0.4マイクロメートルの粒子をそれぞれ94%、99%遮断するという意味です。数値が高いほどサイズの小さい粒子を遮断する機能をそなえています。
マスクを着用して予防
マスクを着用して予防
マスクは形崩れを起こすと肌への密着力が低下し性能が落ちるため、洗っての再使用は避けましょう。

また女性の場合、化粧崩れを気にしてティッシュ等を挟む人がいますが、マスクと肌の間に隙間が生じPM2.5の流入を促してしまうため、単独で着用するようにします。
うがい薬や喉スプレーも活用
うがい薬や喉スプレーは、喉のイガイガや腫れなどに役立つ
うがい薬や喉スプレーは、喉のイガイガや腫れなどに役立つ
PM2.5が身体に入り込みやすい経路の一つは口。うがい薬や免疫力を向上させる喉スプレーが役立ちます。

コンビニや薬局で購入可能ですが、よく分からない場合は、「ガグルエッ(うがい薬)/モッスプレイ(喉スプレー) チュセヨ(ください)」と店員に声をかけてみましょう。
水分補給はたっぷりと
ビングレ社の「マルグンハヌル(澄んだ空)トラジ茶」
ビングレ社の「マルグンハヌル(澄んだ空)トラジ茶」
こまめな水分補給は大切。ミネラルウォーターはコンビニで手軽に買うことができます。

韓国らしい飲み物ならトラジ茶がおすすめ。トラジとはツルキキョウの根のことで、咳を抑える働きがあるとされ、呼吸器系に効能のある食材。
肌荒れ予防に韓国コスメ
「MEDIHEAL」のPM2.5付着を防ぐ効果が期待できる「N.M.F アンチダストカーミングマスク」
MEDIHEAL」のPM2.5付着を防ぐ効果が期待できる「N.M.F アンチダストカーミングマスク」
PM2.5は、微粒子が毛穴をふさぎ肌荒れを引き起こすともされています。

肌を守るためには、マスクなどでPM2.5の肌への付着を防ぐことはもちろん、帰宅後はしっかり、クレンジングと洗顔をし、肌を清潔に保つことが大切です。

韓国のドラッグストアでは、クレンジングや洗顔クリーム、パックなどの商品に미세먼지(ミセモンジ)対応と書かれたポップをよく見かけます。興味のある人はこのハングルを覚えておいてください。
黄砂にも注意しましょう!
毎年3月から5月に中国大陸から偏西風に乗って飛来してくる黄砂。PM2.5同様に「黄砂危機警報」があり、ひどい場合には外出を控えるように注意報や警報が発せられることも。深刻な環境問題となっています。

春先に韓国旅行へ行く場合には予報をチェックするなど、注意しておくとよいでしょう。
韓国旅行おトク情報
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2018.12.3
하루0130さん
クチコミ

2018.12.3
하루0130さん
クチコミ

2018.3.28
あんにょん水原さん
クチコミ

2016.5.28
floweryukiさん
クチコミ

2014.4.22
Yuseong◆さん
クチコミ

2014.4.22
Yuseong◆さん
クチコミ

2014.4.22
Yuseong◆さん
クチコミ

2014.4.22
Yuseong◆さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
情報
喉が痛いです (返信: 0 )
labradorさん 2019.3.9
今、江陵→ソウル→大田→ソウルと旅行中です。特にマスクなどもしてませんでしたが、韓国に来て3日目に急に喉が痛くなり、水を飲むのもツラかった為、コンビニで緑茶のペットボトルを買ってきて、その緑茶でこまめにうがいをしたり水分を多く摂るようにしたり、持参していた鎮痛剤の効能の中に咽喉痛と載ってましたので、それを飲んだりして、だいぶ治まりました。やはり事前の準備が必要でした。
つづきを読む
情報
マスクは必需品 (返信: 0 )
YAEさん 2019.1.15
丁度帰りがPM2.5がひどい日で四層マスクを持っていて良かった。
マスクを外してると喉がいがらっぽくなりました。
外を歩くのは無謀な感じの空気です。

※情報を移動しました。(コネスト)
つづきを読む
情報
酷い (返信: 0 )
하루0130さん 2018.12.3
霧かと思ったらミセモンジでしたよ。。
つづきを読む
情報
miminamixさん 2018.3.27
渡韓の際gotomall でのショッピング中にスマホから聞きなれないブインブインと不穏な音。
見てみると緊急速報!のタイトル文字。
緊急地震速報かと思った私は焦りに焦って危うく買うか悩んでいた商品を手に持ったままお店を出そうになる始末
落ち着いてその本文を見るとハングルでミセモンジの文字。どうやらミセモンジ(PM2.5)に警戒を!外出時はマスク着用!的なお知らせだったみたいで、その後渡韓中何度かスマホがブインブイン言っておりました。
確かにソウル市内も南山タワーが霞んでいて、タクシーの運転手さんも窓を開けたくないと言うほどのミセモンジだったから納得。
この警報がどういう仕組みで、日本人の私たちにまでしかもハングル表記で届いているのかはわかりませんが、事前に知っておけばあんなに焦らなくても良かったかもしれません ということで、こちらに載せてみました。
ミセモンジが多い時はやっぱりマスクをしないと人によっては喉がイガイガするので、用意着用することをオススメします!
つづきを読む
情報
ビスケットとクッキーさん 2018.2.7
仕事とプライベートでソウル入りした昨年末から今年2018年 正月までソウル市内の仮住まいに住んでいました。

地下鉄拡張工事の工事で釘の粉塵が喉に突き刺さり引っこ抜いて頂き 街を行けばミセモンジで
目の粘膜から血液が出て 鼻を30分に一回はかんでいる状態でした

街の方々がマスクもつけていない状態なので自身も甘かった、仁川アライバル後からマスクもつけないで
歩いていたことを激しく反省しています

日本から住友3Mの最強マスク滞在分数を取り寄せ工事現場用アイゴーグルも取り寄せそれでソウルで生き延びました

現在は田舎に移動しているのですがそれでもミセモンジを肌で感じます!!
風の流れなのかミセモンジチャートマップを見たら今 自身がいる場所の方がミセモンジがソウル市内よりキツイのです

旅行者の皆さま 花粉などに敏感な方々はどうか防備できる物を持って渡韓してください。。。

チャンドックンで咳き込み座ったまま
あのうすら寒い中動けず 50分あまり石の椅子に座っていました
お尻も凍てつきました

それでも美しかった!

カッコつけて写真なんか撮影しに行った自信をまた反省しながら帰りました

間も無く平昌です
皆さまPM2.5(ミセモンジ) 防備を。。。。こんなわたくしからお願い致します。。。

個人差はもちろんあるけれど一回やられたらとめどもなく続きます。最後には副鼻腔炎にもなり真緑の
鼻水が出てきます
顔が膿で腫れてきます

わたしはなんてラッキーなのでしょうか。。。

海外旅行傷害保険を。。。必ずかけて
ソウルや平昌を楽しんでいただけたらと思います。。
高い!マジで高いです。でもかけておいて本当に良かったと思う時もマジでありました。

ご参考までに。。
よろしければ。。
つづきを読む
韓国旅行の準備ガイド
一緒におさえよう!韓国旅行基本情報
電圧 電圧
日本とは異なるお隣韓国の電圧事情。旅行前に基本情報をしっかり頭に入れておこう!
通貨/両替/カード/チップ 通貨/両替/カード/チップ
韓国の通貨は?カードは何が使える?旅に役立つお金の基礎知識!
電話 電話
韓国の電話ってどう使うの?旅行中の国際電話もこれで安心!
クレジットカード クレジットカード
知っておきたい、韓国でのクレジットカード使用
T-money カード T-money カード
韓国旅行の必需品。お得なマルチ交通カード徹底解剖!
ソウルの地下鉄 ソウルの地下鉄
ソウル市内を楽々移動!使い勝手のいい公共交通機関
タクシー タクシー
旅行中に便利なタクシー。利用方法からトラブル時の対処法まで解説
ソウルの市内バス ソウルの市内バス
初心者にはなかなか難しいソウルのバスを、わかりやすくご紹介!
観光案内所 観光案内所
旅行者向けの情報が満載!ソウル市内の観光案内所をご紹介
タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」 タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」
観光・生活情報について、日本語電話相談が受けられるサービス
旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪) 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪)
韓国ビギナー必見!「いざ」というときのための予備知識
事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス 事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス
窓口で並ぶ必要なし!24時間利用できる端末機が登場


掲載日:24.01.14 (更新履歴
・記事全体を見直しました(20231228)
・記事全体を見直しました(20210203)
・記事全体を見直しました(20200219)
・記事全体を見直しました(20190218)
・記事全体を見直しました(20180202)
[閉じる]
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
旅立つ前に一緒にチェック!
コネスト新着記事 もっと見る
SKテレコムeSIM データ無制限・発信&受信通話可能
通話「発信」可能なプラン販売
2024.02.24
弘大(ホンデ)でおすすめのサムギョプサルの店
こだわりの焼肉店から激安・食
2024.02.24
韓国Wi-Fiルーターレンタル・SIMカード・携帯
韓国旅行の必須品!コネストな
2024.02.23
真味食堂
事前予約必須のワタリガニの醤油漬け人気店
2024.02.23
韓国の気候と服装
今のソウルの天気や気温は?どんな服を着るべき?韓国旅行
2024.02.23
みんなが探してる!ホットキーワード
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]