韓国旅行「コネスト」 ソウル・撮影スポットMAP | ソウルおすすめエリア
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【韓国アート公演】無料で座席アップグレード☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > エリアガイド > 特集記事 > ソウルおすすめエリア > ソウル・撮影スポットMAP

ソウル・撮影スポットMAP

お気に入りに追加 (登録者 : 101人) 印刷する
旅行に欠かせないモノといえばカメラ。カメラ片手に撮影スポットを巡ってみたいと思う、カメラ女子・カメラ男子も多いのではないでしょうか?そんな人にオススメしたいカメラスポットを、のんびり街歩きもできるエリアから、絶景が撮れる場所までご紹介。コネスト専属のカメラマンの撮影アドバイスも参考にしてステキな一枚を撮ってみませんか?
ぶらり街歩きもできる、人気の撮影スポット
韓国の伝統文化と庶民的な一面をパチリ「西村」
西村の東側は韓屋住宅街(地図番号:青4)
西村の東側は韓屋住宅街(地図番号:青4)
景福宮(キョンボックン)」の西側に位置する西村(ソチョン)は伝統家屋である韓屋(ハノッ)が多く現存しているエリア。

主な撮影スポットは細い路地に韓屋がずらりと並ぶ西村の東側と、韓屋を改装したおしゃれなカフェ・雑貨店が多い西村の西側、そして庶民の台所「通仁(トンイン)市場」です。

60年以上の歴史を持つ「デオ書店」はドラマ「サメ~愛の黙示録~」やIUのアルバム「花のしおり」のジャケット撮影が行なわれた場所として知られており、現在はカフェとして営業しています。

店内は無数の古本や木製の家具などがディスプレイされており懐かしい雰囲気がたっぷりです。週末は込み合うことが多いので、平日の昼頃の訪問がオススメです。
韓屋を改装したカフェが並ぶ(地図番号:青1)
韓屋を改装したカフェが並ぶ(地図番号:青1)
デオ書店(地図番号:青2)
デオ書店(地図番号:青2)
店内はまるで時が止まっているよう(地図番号:青3)
店内はまるで時が止まっているよう(地図番号:青3)
レトロなディスプレイが並びシャッターを切る手が止まらない(地図番号:青5)
レトロなディスプレイが並びシャッターを切る手が止まらない(地図番号:青5)
迷路のように繋がっている路地裏(地図番号:青6)
迷路のように繋がっている路地裏(地図番号:青6)
可愛らしいカフェもいっぱい(地図番号:青7)
可愛らしいカフェもいっぱい(地図番号:青7)
活気ある通仁市場もパシャリ(地図番号:青8)
活気ある通仁市場もパシャリ(地図番号:青8)
※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
カメラマン・望遠洞遊牧民からのワンポイントアドバイス!
Q. 路地裏の韓屋をかっこよく撮るためのポイントは?
A. 韓屋がずらりと並ぶ路地裏では、中心を1点定め、屋根の先と道路の端にあるブロックが放射状に広がるように撮るのがポイント(写真4)。奥行きが出て立体感のある写真が撮れます。あとは…息をとめて中心がブレないようにシャッターを切ること!(笑)

Q. 明るさをうまく調整できないときは?
A. カメラのピントを暗い部分に合わせると明るい部分は真っ白(白とび)に、逆に明るい部分に合わせると暗い部分は真っ黒(黒つぶれ)になってうまく写らない…。そんな時には「HDR撮影」機能を使用してみましょう。カメラが自動で光りの差を調整してくれ、肉眼で見たときと同じような写真を撮ることができます。この機能は一眼レフだけでなく、デジカメやスマートフォンにも付いているので、光りの調整がうまくいかないときにぜひ使ってみてくださいね。
山の上のおしゃれエリアで雰囲気ある一枚を撮る「付岩洞」
排水タンクを使用した尹東柱文学館の中庭(地図番号:緑3)
排水タンクを使用した尹東柱文学館の中庭(地図番号:緑3)
西村からバスまたはタクシーに乗って約10分、小高い丘の上にある付岩洞(プアムドン)は、高級住宅地であり、おしゃれなカフェやレストランが点在してるエリア。

降車するバス停「付岩洞住民センター(プアムドンジュミンセント、Buam-dong Community Service Center)」のそばには見晴らしの良い「清雲公園」や、韓国の詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)の人生と詩の世界に思いを馳せられる「尹東柱文学館」があります。

文学館には排水タンクを使用した展示室や中庭があり、雰囲気のある写真を撮影できるでしょう。また、ドラマ「コーヒープリンス1号店」や「華麗なる遺産」などドラマ・映画のロケ地もいっぱい。

目の前にそびえる「北岳山(プガッサン)」を眺めながらゆったりと散策と撮影を楽しむことができます。
付岩洞散歩道にある道案内の壁画(地図番号:緑1)
付岩洞散歩道にある道案内の壁画(地図番号:緑1)
付岩洞散歩道にある道案内の壁画(地図番号:緑2)
付岩洞散歩道にある道案内の壁画(地図番号:緑2)
清雲公園からの眺め(地図番号:緑4)
清雲公園からの眺め(地図番号:緑4)
ちょっとリアルなインパクト大の壁画(地図番号:緑5)
ちょっとリアルなインパクト大の壁画(地図番号:緑5)
清雲公園の桜は4月初旬が見頃(地図番号:緑6)
清雲公園の桜は4月初旬が見頃(地図番号:緑6)
付岩洞散歩道の入口にある建物(地図番号:緑7)
付岩洞散歩道の入口にある建物(地図番号:緑7)
「サンモトゥンイ」近くにあったユニークな標識(地図番号:緑8)
サンモトゥンイ」近くにあったユニークな標識(地図番号:緑8)
黄色と赤のペイントがかわいいショップ(地図番号:緑9)
黄色と赤のペイントがかわいいショップ(地図番号:緑9)
※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
カメラマン・三年目の末っ子からのワンポイントアドバイス!
Q. 建物をバランス良く撮るコツは?
A. カメラの黄金比率を意識して撮ることです!レンズを覗いて見える画面を縦横三分割にしたそれぞれの交点に、ドアや窓などのポイントになるものを置いて撮るとバランスのいい写真になりますよ(写真7)。
Q. 壁画をかっこよく撮るにはどうしたらいい?
A. 遠くから全景が写るように撮っても綺麗ですが、僕の場合は壁画に寄って撮ります。そうするとインパクトのある写真が撮れるんですよ(写真5)。
四季の風景とソウルの街並みを撮る「ハヌル公園」
ソウル西部・「ワールドカップ公園」内にある「ハヌル公園」は韓国のカメラ好きが多く訪れる撮影スポットです。夏は青々とした緑いっぱいの風景、秋はススキ野原が広がる写真が撮れます。公園の頂上にある展望台からは「漢江(ハンガン)」やソウル市内が一望でき、夕日や夜景の撮影にもぴったりです。
アート作品の展示が行なわれることも(地図番号:赤1)
アート作品の展示が行なわれることも(地図番号:赤1)
ハヌル公園の頂上にある展望台からの風景(地図番号:赤2)
ハヌル公園の頂上にある展望台からの風景(地図番号:赤2)
夕日や夜景撮影にもぴったり(地図番号:赤3)
夕日や夜景撮影にもぴったり(地図番号:赤3)
ハヌル公園の入口にあるちょっとレトロなゲート(地図番号:赤4)
ハヌル公園の入口にあるちょっとレトロなゲート(地図番号:赤4)
運がよければ野ウサギに出会えるかも(地図番号:赤5)
運がよければ野ウサギに出会えるかも(地図番号:赤5)
夕暮れ時は絶好の撮影タイム(地図番号:赤6)
夕暮れ時は絶好の撮影タイム(地図番号:赤6)
ドラマ撮影も行なわれるメタセコイヤの道(順光撮影)(地図番号:赤7)
ドラマ撮影も行なわれるメタセコイヤの道(順光撮影)(地図番号:赤7)
写真7の反対(逆光)から撮ると、ひと味違った印象に(地図番号:赤8)
写真7の反対(逆光)から撮ると、ひと味違った印象に(地図番号:赤8)
※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
カメラマン・イ先生からのワンポイントアドバイス!
Q. 風景をロマンチックにとるポイントは?
A. 逆光は写真撮影の天敵と思っていませんか?実は、逆光を使う(太陽に向かって撮る)とふんわりとしたオシャレな雰囲気の写真が撮れるんですよ(写真6、8)。また、人物を逆光で撮影すると肌が白く写り、柔らかいイメージに仕上がります。

Q. 写真を綺麗に撮れる時間帯ってあるの?
A. 写真は「日の出30分後」、「日の入り30分前」に一番綺麗に撮れると言われています。あらかじめ日の出・日の入りの時刻を調べておけば、感動的な一枚が撮れるかも!?(写真6は日の入り30分前)
観光スポットの絶景写真を撮りに行こう!
コネストサイト内には数々の絶景写真があります。記事に出てくる写真はカメラマンが自らの足で探したベストスポットからの一枚です。この写真、どこから撮ったか気になりませんか?
DDP(東大門デザインプラザ)
夜景も綺麗!全景を撮りたいならココに登れ!
東大門の新しいランドマークとなった「DDP(東大門デザインプラザ)」。近未来的な建物の全景をカメラに収めたいと思う人も多いはず。こちらの写真はファッションビル「LOTTE FITIN(ロッテ・フィットイン)」の9階にある展望台から撮影。三脚があれば夜景も綺麗に撮れますよ。
徳寿宮
四季折々の古宮の全景を撮りたい時は?
夏は生い茂った緑、秋は紅葉と四季の風景とともに古宮を撮りたいときには、「徳寿宮(トクスグン)」がおすすめ。こちらはソウル市庁西小門(ソソムン)庁舎13階の「貞洞(チョンドン)展望台」から撮影しました。展望台に併設されているカフェ周辺が撮影スポットですよ。
漢江
漢江+63ビルディング+船を撮りたいならココ!
ゆっくりと流れる漢江と右側に見える「63ビルディング」、行き交う遊覧船。この写真は「麻浦大橋(マポテギョ)」の汝矣(ヨイ)ナル駅側から撮ったものです。天気のいい夕方には、夕日を浴びた「63ビルディング」が金色に輝き、一層綺麗な写真が撮れるでしょう。
Nソウルタワー
Nソウルタワーがかっこよく撮れるスポットは?
ソウルの中心にある「南山(ナムサン)」とその頂上にそびえる「Nソウルタワー」、それを眺める人々の姿が調和したアーティスティックな一枚。この写真は「国立中央博物館」の西館と東館の間にある広場から撮ったもの。広場後方に階段があり、そこに登っている人々が影のように写っています。
その他の特集記事 もっと見る
  最終更新日:17.10.04
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
お店・スポット検索
カテゴリ
エリア
検索
韓国エリア 特集記事
ソウルおすすめエリア(79)
釜山おすすめエリア(11)
地方おすすめエリア(33)
街歩きシリーズ(19)
その他の特集記事リスト  
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]