韓国旅行「コネスト」 ソウルの市内バス | 韓国の交通
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

ソウルの市内バス

ポス / 버스
ソウル中に張り巡らされたバス網は、旅行者など初心者が乗りこなすには難しいもの。でも種類も路線も豊富なバスなら、地下鉄ではカバーできない場所へも簡単に行けてしまいます。
※空港から市内へのアクセスは、空港バスのページを参照ください。

バスの種類
ブルーバス(青)

ソウル市内の中でも長距離を走る幹線バス
ブルーバス(青)
ソウル市内の中でも長距離を走る幹線バス
グリーンバス(緑)

幹線バスや地下鉄との連結、乗換えをより便利にし、地域と地域を結ぶ支線バス。
グリーンバス(緑)
幹線バスや地下鉄との連結、乗換えをより便利にし、地域と地域を結ぶ支線バス。
マウルバス(緑)

支線バスの中でも走行距離が短く、低料金制のマウルバス。
マウルバス(緑)
支線バスの中でも走行距離が短く、低料金制のマウルバス。
イエローバス(黄)

ソウルの都心・副都心を循環するバス。
イエローバス(黄)
ソウルの都心・副都心を循環するバス。
レッドバス(赤)

首都圏とソウル都心部を急行で結ぶ広域バス。独立料金体系をとる。
レッドバス(赤)
首都圏とソウル都心部を急行で結ぶ広域バス。独立料金体系をとる。

料金体系
基本料金(10km以内)、単位:ウォン
バスの種類 交通カード「T-money」 現金
一般 一般 青少年 子ども
ブルー(幹線)・グリーン(支線)バス 1,200 1,300 1,300 450
イエロー(循環)バス 1,100 1,200 1,200 350
レッド(広域)バス 2,300 2,400 2,400 1,200
マウル(近距離)バス 900 1,000 1,000 300
※一般は満19歳以上、青少年は満13~18歳、子どもは満6~12歳(満6歳未満の乳幼児は、乗客1人が同伴すれば3人まで無料乗車可能)
※2015年6月27日料金改定
実際にバスに乗ってみよう!
1.バスの番号を確認して乗車!
ソウルのバスは、停留所で止まるのはもちろんですが、停留所がバスで混み合っていると少し離れて止まることがしばしばあります。そういう時は、走って乗り込まなければ行ってしまうこともあります。飛び出す路線番号板などしっかりチェックしましょう。また停留所に人が少ないと、運転手が見落として素通りしてしまうこともあるので気をつけましょう。
乗車は前の人に続いて
乗車は前の人に続いて
乗車口に注目。飛び出す路線番号板
乗車口に注目。飛び出す路線番号板

2.お金を払う
前乗り、後ろ降りが基本。乗ってすぐに運賃を払いましょう。ソウルのバスでは、空港バスを除き、5,000ウォン、10,000ウォン札がほとんど使えません。乗るときはできるだけ、小銭または1,000ウォン札を準備しましょう。

※「T-money」カードの場合
カードを当てるセンサーが用意してあるので、その機械にカードを「ピッ」という音が鳴るまで当てます。カバンや財布に入れたまま当ててもかまいません。
1,000ウォン札を準備
1,000ウォン札を準備
便利なT-moneyカード
便利なT-moneyカード

3.乗車中
韓国のバスの運転は、日本に比べると少々荒めで揺れが激しい方です。座っている時はいいですが、立っている時は危ないので手すりやつり革にしっかりつかまりましょう。

4.バスから降りる
降りる前に、ブザーを押して知らせます。素早く降りないとドアが閉まりかねないので、バスが停車する前に降りる準備をしておくのが良いでしょう。車内アナウンスはまもなく到着する直近の停留所と次の停留所まで案内してくれるので、韓国語の分かる人は降りる際の参考にしましょう。

※注意!「T-money」カードの場合
下車後別のバスや地下鉄に乗り換えする人、あるいはすでに別のバスや地下鉄から乗り換えした人は、下車するときも必ず機械に「ピッ」と当てましょう。もしセンサーに当てずに降りた場合、乗り換えと認識されず、次回乗車時にもう一度基本料金が引き落とされるので気をつけましょう。なおセンサーに当てること自体は費用がかからないので、乗り換えるかどうか予定がはっきりしていない場合は、ひとまず降りる時もセンサーに当てておく方が無難でしょう。
降車時はブザーで知らせます
降車時はブザーで知らせます
T-moneyカードは降りる時もピッ
T-moneyカードは降りる時もピッ
賢い旅行者は使ってる!「T-money」
ソウル市民の大半が利用している「T-money」カード。購入後、そのカードに希望の金額をチャージするだけで地下鉄、バスの乗り降りがワンタッチでOK!小銭の心配や料金の確認、切符購入など、面倒な事をすべて解消してくれるんです。旅行の間、地下鉄やバスをたくさん利用する人や、ソウル旅行のリピーターなどは、買っておくと断然便利ですよ。現金で乗車券を買うより料金もお得です。
※「T-money」使用可能地域(バスの場合)
・ソウル、京畿道(キョンギド)、仁川(インチョン)など首都圏の市内バス、マウルバス、広域バス
済州道(チェジュド)の市内・市外バス
・天安(チョナン)、牙山(アサン)、浦項(ポハン)、統営(トンヨン)、安東(アンドン)、巨済(コジェ)、原州(ウォンジュ)、蜜陽(ミリャン)、泗川(サチョン)、梁山(ヤンサン)、咸安(ハマン)、木浦(モッポ)、麗水(ヨス)、光陽(クァンヤン)、羅州(ナジュ)、釜山(プサン)の市内バス
・蔚山(ウルサン)の市内バス、マウルバス
バスマスターになろう!
ショッピングのはしごにぴったり!

明洞~東大門編
ショッピングのはしごにぴったり!
明洞~東大門編
乗り換えなしでらくらくソウル観光!

仁寺洞~梨大編
乗り換えなしでらくらくソウル観光!
仁寺洞~梨大編
漢江を眺めながらソウルを縦断!

明洞~カロスキル編
漢江を眺めながらソウルを縦断!
明洞~カロスキル編
韓国のバスに挑戦!

143番・COEX~明洞~広蔵市場編
韓国のバスに挑戦!
143番・COEX~明洞~広蔵市場編
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.9.14
さおりん*さん
クチコミ

2016.9.14
さおりん*さん
クチコミ

2016.9.17
sumamijjさん
クチコミ

2016.9.17
sumamijjさん
クチコミ

2016.6.21
ニャン吉さん
クチコミ

2016.6.21
ニャン吉さん
クチコミ

2015.11.26
Sowelu82さん
クチコミ

2015.7.21
toshiseoulさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
Yuseong◇さん 2015.5.28
最近、時々ですが、市内バスより短い距離を走る「マウルバス」で「安心下車運行」という案内を見かけるようになりました。「夜10時以降、女性と老弱者(高齢者や障害者)と青少年は、対象区間内なら、事前に運転手に知らせておくと停留所以外の場所でも下車できる」というサービスです。←ちなみに、夜11時半~40分位まで運行するルートで目撃。

じつにキメ細かなサービスです。もし夜遅めに乗ったマウルバスでこの案内に遭遇したら使ってみようかと思いつつ「じつは治安が悪い地区なのだろうか」「同じ便の乗客に自宅がバレたり尾行されたりするのでは」などとあらぬ事を心配してしまったりもします。

幸か不幸か、私の自宅付近のマウルバスでは案内を見かけないのですが、このサービスを実際に利用した事のある方、いらっしゃいますか・・・?
つづきを読む
Yuseong◇さん 2015.5.11
昨2014年の春に、期間・台数限定でスタートしたアニメ仕様車両「タヨバス」は、路線・台数を増やして2015年5月現在も元気に運行中です。 
光化門や三清洞で小型マウルバス(鍾路09や11)を見かけた翌週くらいには、ソウル西部の弘大入口~デジタルメディアシティ間で「麻浦08、09、15」に相次いで遭遇。いずれも緑色なので「タヨ」ではなく「ロギ」ですが、明らかに増殖を続けています。

では、同じく「キャラクター系」交通機関として知られる「ラーバ列車」「ポロロタクシー」はどうでしょう。

「ラーバ列車」は7号線にも登場したようですが(運行開始当時の告示では、今年末まで運行予定)、2号線に関しては、ことし1月と、数日前(5月上旬)の「乙支路入口」駅貼付の時刻表を見る限り、運行本数は増えていません。そして、最近、剥がれかけている部分、またはラーバシールを剥がした跡らしきものに遭遇するようになりました。「メンテナンスのための運休日(水曜)」があるにはあるのですが、やはり「タヨバス」より維持が難しいようです。
駅のホームに設置された事故防止用「スクリーンドア」のため、車両外壁のイラストが殆ど見えないのも残念なところです。←私自身、外壁の絵をジックリと見届けられたのは1回だけです。
今年1月に「弘大入口駅顧客案内センター」で訊いたところでは、2号線ラーバは「2015年5月末まで運行延長」とのことでしたが、再延長はあるでしょうか。

運行開始から半年近く経っているはずの「ポロロタクシー」は・・・乗った事がないのはもちろん、目撃したのも1度だけです。開始当時、「2015年5月末まで6カ月間テスト運行した後、市民・輸送従事者の意見などを聞いて拡大または持続するかどうか検討」するとの新聞記事を目にしましたが、意見を求められた市民も困惑するでしょう

「こどもの日(5月5日)」もあり、韓国では「家族の月」といわれる5月ですが、三者のうち、来月以降も残っているキャラクター交通はどれなのか、興味深いところです。 
つづきを読む
Yuseong◇さん 2015.4.24
昨2014年春に開始し、期間限定と言われていたはずが期間延長&増便して2015年4月現在も運行中の「タヨバス」。
12月に投入された、トナカイの角つき&目の表情が変わる「ルドルフ」仕様車両も、角だけ取ってウインクしたり笑ったりしつつ走っています。

さて、
・初代(全身にイラスト入り&一般車両と本体の色も少し違う)
・増発版(一般車両の前面&後部のみにイラスト)

ともに、タヨたちは「市内バス限定」だと思っていたのですが、最近になって、光化門と三清洞で「顔&後部イラスト付きマウルバス」に何度か遭遇。「鍾路09」と「鍾路11」でした。

正確には、黄緑色の車体は「タヨ(青)」ではなく「ロギ」なのですが、
「鍾路09」・・・玉仁洞(西村)~通仁洞・景福宮~市庁~南大門
「鍾路11」・・・三清洞~光化門~南大門~ソウル駅

と、いずれも市内中心部の観光地をつなぐ路線バスです。他のマウルバスにも「ロギ仕様」車両が登場しているかもしれませんので、バス派の方は注目してみて下さいね
つづきを読む
RondaJinさん 2014.4.1
ソウルの市内バスがどこにいるのか見ることができる実時間交通情報。

コネスト記事で車両のナンバーも写っていたのでどの辺を走っているのかと思って見ると。

朝5時15分頃なのにもういました。それにアイコンまでキャラクターの色に変えてあります。

これはわかりやすいですね。

※370番、9401番はまだ寝ていたようです。


コネスト記事
http://www.konest.com/contents/nowseoul.html?id=6835
つづきを読む
H.L.LEEさん 2014.2.17
ソウル市内には
http://www.konest.com/contents/traffic_info_detail.html?id=415
で紹介された以外にも京畿道の市内バスが乗り入れています。これらのバスは
都市型(青緑色):1100ウォン(基本料金)(カード基準。大人。以下同様)
一般座席(青色):1800ウォン
直行座席(赤色):2000ウォンです。
つづきを読む
韓国旅行の準備ガイド
一緒におさえよう!韓国旅行基本情報
電圧 電圧
日本とは異なるお隣韓国の電圧事情。旅行前に基本情報をしっかり頭に入れておこう!
通貨/両替/カード/チップ 通貨/両替/カード/チップ
韓国の通貨は?カードは何が使える?旅に役立つお金の基礎知識!
電話 電話
韓国の電話ってどう使うの?旅行中の国際電話もこれで安心!
クレジットカード クレジットカード
知っておきたい、韓国でのクレジットカード使用
T-money カード T-money カード
韓国旅行の必需品。お得なマルチ交通カード徹底解剖!
ソウルの地下鉄 ソウルの地下鉄
ソウル市内を楽々移動!使い勝手のいい公共交通機関
タクシー タクシー
旅行中に便利なタクシー。利用方法からトラブル時の対処法まで解説
ソウルの市内バス ソウルの市内バス
初心者にはなかなか難しいソウルのバスを、わかりやすくご紹介!
観光案内所 観光案内所
旅行者向けの情報が満載!ソウル市内の観光案内所をご紹介
タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」 タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」
観光・生活情報について、日本語電話相談が受けられるサービス
旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪) 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪)
韓国ビギナー必見!「いざ」というときのための予備知識
事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス 事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス
窓口で並ぶ必要なし!24時間利用できる端末機が登場


  最終更新日:15.03.03
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
交通料金と経路
から
まで
タクシー検索 地下鉄検索
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]