韓国旅行「コネスト」 ソウルから地方への行き方~鉄道VSバス比較編~ | 韓国の交通
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

ソウルから地方への行き方~鉄道VSバス比較編~

서울에서 지방으로 가는 방법~철도와 장거리버스 비교편~
韓国の魅力はソウルだけにあらず!各地方都市を訪問して、観光名所や郷土料理、訛りのある韓国語を話す現地の人々との触れ合いを楽しんでこそ、韓国の魅力を再発見できるというもの。そんな地方へ移動する際には鉄道に乗るのが良いのか?バスに乗るのが良いのか?一度は迷った事がある人も多いはず。そんな人たちのために、鉄道旅行・バス旅行のどちらを利用すればよいのかを比較してみましょう!

※過去の参考記事はこちら
鉄道・バスのメリット・デメリットは?
一般的に、交通費は少し高くなっても構わないから目的地まで速く行って現地での滞在時間を増やしたい!という人には鉄道(特にKTX)の利用が好まれ、逆に少し時間はかかっても構わないから安く移動したい!という人にはバスが良く利用されています。鉄道・バスそれぞれの主なメリット・デメリットを以下にまとめてみました。
【鉄道利用のメリット】 【鉄道利用のデメリット】
・KTXは速くて本数が多い。
・遅延もあるが、大幅に遅れる事はない。
・カフェ車両や車内販売がある。
・お手洗いや洗面台はいつでも利用できる。
・セマウル号の座席は快適。
・電化複線化工事が各地で行われており、鉄道旅行は今後益々便利になる。
・・・など
・KTXは高い。
・乗換が必要な場合、後続列車への接続が悪い。
・運行本数が少ない
・到着した駅の周辺には何もない事がある。
・週末、切符が売切れの際は立席になることがある。
・全国各地に鉄道網が敷かれておらず、鉄道では行けない都市がある。
・・・など
【バス利用のメリット】 【バス利用のデメリット】
・安くて、本数が多い。
・道路が空いていれば、早く到着する事もある。
・ほぼ全ての都市にターミナルがあり、バス路線網が発達している。
・バスターミナルの周辺には食堂や安宿が多い。
・乗り換えなしで行ける都市が多い。
・優等バスの座席は快適。
・・・など
・渋滞につかまる事がある。特に、都市部の夕方はバスが全く動かない場合もある。
・バスにお手洗い・洗面台は付いていない。
・サービスエリアでの休憩は、途中1回だけが多い。
・直行バスや経由バスが混在していて分かりにくい。
・次のバスが一般バスと優等バスのどっちなのかが分かりにくい。
・・・など
時間と料金の違い以外には、お手洗い休憩もポイントになります。また旅慣れている人は行きはバス・帰りは鉄道という人もいます。行きは好きな時間に本数の多いバスで出発し、ソウルに戻る時に大渋滞につかまらないよう鉄道で、という方法は賢く且つ、一度の旅行で2つの旅情を味わえるスタイルと言えます。
韓国全土の鉄道に乗り放題!おトクな周遊券コレールパス
「コレールパス(KORAIL PASS、通称KRパス)」は、韓国鉄道公社が発行する外国人旅行客向けの韓国鉄道周遊券。ポイントは韓国の全ての列車が一定期間内乗り放題になること!80路線・600駅あまりある韓国鉄道が区間・回数関係なく自由に利用できます。地方旅行にも便利なコレールパス、コネストにてオンライン申し込みを受付中!
ソウル出発の鉄道駅と鉄道の種類
ソウルから鉄道で地方に行く際に利用する駅は主に3つ。国鉄ソウル駅龍山(ヨンサン)駅清凉里(チョンニャンニ)駅です。目的地によって乗車駅が異なるので気をつけましょう。

ソウルの主な鉄道駅
国鉄 ソウル駅
主に韓国東南部へ行く際に利用。大田(テジョン)、大邱(テグ)、釜山(プサン)などの大都市を結ぶ京釜線(キョンブソン)の始発駅。慶州(キョンジュ)へ行く際もソウル駅から乗車。KTX京釜線発着駅。

地図>>

国鉄 龍山駅
主に韓国西南部へ行く際に利用。光州(クァンジュ)や木浦(モッポ)へ行く湖南線(ホナムソン)や、全州(チョンジュ)・南原(ナムォン)へ行く場合は龍山駅から乗車します。KTX湖南線・全羅線発着駅。

地図>>
国鉄 清凉里駅
主に韓国東部へ行く際に利用。江陵(カンヌン)、安東(アンドン)などに行く際には、清凉里駅から乗車します。(KTXの発着はなく、ムグンファ号のみ発着します。)

地図>>

鉄道の種類
KTX

2004年に開通した時速300kmで走る高速鉄道KTX。ソウルから釜山までは最短で2時間40分程度で到着。光州や木浦方面へも運行しています。
KTX
2004年に開通した時速300kmで走る高速鉄道KTX。ソウルから釜山までは最短で2時間40分程度で到着。光州や木浦方面へも運行しています。
KTX山川(サンチョン)

2010年3月に導入されたKTXのニューヴァージョン。様々な部分が改良され、従来のKTXと同じ運賃で、より快適な高速鉄道の旅を楽しめます。
KTX山川(サンチョン)
2010年3月に導入されたKTXのニューヴァージョン。様々な部分が改良され、従来のKTXと同じ運賃で、より快適な高速鉄道の旅を楽しめます。
セマウル号

主要駅に停車する特急列車。座席はJR特急のグリーン車並みに広々としており、ゆったりとした鉄道の旅が味わえる。
セマウル号
主要駅に停車する特急列車。座席はJR特急のグリーン車並みに広々としており、ゆったりとした鉄道の旅が味わえる。
ムグンファ号

ほぼ全路線を網羅している急行列車。停車駅が多く時間がかかるが料金は安いので、のんびり旅行したい人にはお勧め。
ムグンファ号
ほぼ全路線を網羅している急行列車。停車駅が多く時間がかかるが料金は安いので、のんびり旅行したい人にはお勧め。
ヌリロ号

2009年6月に運行開始したヌリロ号はソウル近郊の都市を結ぶ急行列車。運賃はムグンファ号と同様です。
ヌリロ号
2009年6月に運行開始したヌリロ号はソウル近郊の都市を結ぶ急行列車。運賃はムグンファ号と同様です。
ソウル出発のバスターミナルとバスの種類
ソウル市内にはバスターミナルがいくつか点在しますが、全国の都市を結ぶ高速バスが発着するのはソウル高速バスターミナルと、東ソウル総合ターミナルの2つ。各地を経由しながら地方都市へ向かう市外バスが発着する南部ターミナル、上鳳(サンボン)ターミナルもあります。

ソウルの主なバスターミナル
ソウル高速バス ターミナル
ソウル最大のバスターミナル。韓国東南部・東部へ行く「京釜線・嶺東線(ヨンドンソン)ターミナル」と、韓国西南部へ行く「湖南線ターミナル」に分かれています。

地図>>
東ソウル総合バス ターミナル
ターミナルの1階が市外バス、2階が高速バスのチケット売場となっているバスターミナル。ソウル近郊や韓国東部や東南部へ行くバスが多く発着します。

地図>>
南部ターミナル
「ソウル高速バスターミナル」の更に南にある市外バスターミナル。韓国各地の地方都市を結ぶ市外バスの拠点。

地図>>
上鳳ターミナル
主に春川方面の市外バスと大都市への高速バスが発着。ただし運行本数は多くありません。

地図>>

バスの種類
一般(イルバン)バス

4列並びの一般バスは料金は一番安いものの、座席は狭く窮屈です。長時間乗車するには不向きです。
一般(イルバン)バス
4列並びの一般バスは料金は一番安いものの、座席は狭く窮屈です。長時間乗車するには不向きです。
優等(ウドゥン)バス

3列並びの優等バスは、料金が一般バスよりも約30%程高くなりますが、とても快適です。
優等(ウドゥン)バス
3列並びの優等バスは、料金が一般バスよりも約30%程高くなりますが、とても快適です。
目的地別、鉄道VSバス比較表
それでは、鉄道とバスの両方で行くことが出来る有名な12都市を比較してみましょう。旅情や目的にあわせて、鉄道・バスを上手く使い分けてみてはいかがでしょうか?

春川(チュンチョン)
ペ・ヨンジュン主演のドラマ『冬のソナタ』のロケ地としても知られ、日本だけでなくアジア各国からの観光客で賑わう春川。見所は昭陽湖(ソヤンホ)や春川湖(チュンチョノ)、中島(チュンド)、南怡島(ナミソム)など。鶏肉料理のタッカルビは春川が発祥の地として人気が高い。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 ITX-青春 龍山駅 春川駅(地図 1時間20分 現金 6,900
電鉄京春線 上鳳(サンボン)駅 1時間15分 現金 2,750
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(湖南線)
春川市外バス ターミナル
地図
1時間30分 一般 8,000
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
1時間10分
~50分
一般 6,800
深夜 7,400

江陵(カンヌン)
伝統文化と韓国東海岸の景色が素晴らしい調和を成す江陵。鏡浦台(キョンポデ)を始め、海水浴の適地が多く、夏には海水浴客であふれる観光都市でもあります。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 ムグンファ号 清凉里駅 江陵駅(地図 5時間30分 平日 21,100
週末 22,100
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(嶺東線)
江陵高速バスターミナル
地図
2時間40分 一般 14,600
優等 21,500
深夜 23,600
東ソウル総合バスターミナル(高速) 2時間30分 一般 14,600
深夜 16,100
市外バス 上鳳ターミナル 4時間 優等 21,000

天安(チョナン)
ソウルから南へ列車で1時間ほどの距離に位置。地下鉄1号線でもアクセスが可能なため、ソウルのベッドタウンとして発展しています。独立烈士・柳寛順(ユ・グァンスン)の故郷で独立記念館があります。ソウルからの日帰りも十分可能です。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX ソウル駅 天安牙山駅 (地図) 40分 14,100
龍山駅 35分 13,800(A)
13,700(B)
セマウル号 ソウル駅 天安駅 (地図) 1時間 平日 8,900
週末 9,300
ムグンファ号
・ヌリロ号
1時間10分 平日 6,000
週末 6,300
地下鉄1号線
各駅停車
1時間55分
現金 2,750
T-money 2,650
地下鉄1号線
急行列車
龍山駅 1時間30分
現金 2,750
T-money 2,650
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(京釜線)
天安総合バス ターミナル
(地図)
1時間 一般 5,400
深夜 5,900
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
1時間20分 一般 6,000
南部ターミナル 1時間20分 一般 5,400
※停車駅が少ないKTXは(A)料金で、停車駅が多いKTXは(B)料金になります。

大田(テジョン)
韓国の首都移転先の有力候補で、韓国第5の都市。韓国のシリコンバレーと言われ、官民の研究所が集中しています。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX ソウル駅 大田駅 (地図) 1時間 23,800(A)
23,700(B)
セマウル号 1時間50分 平日 15,300
週末 16,000
ムグンファ号 2時間 平日 10,300
週末 10,800
KTX 龍山駅 西大田駅 (地図) 55分 平日 21,800
週末 23,400
セマウル号 1時間50分 平日 15,100
週末 15,800
ムグンファ号 2時間 平日 10,100
週末 10,600
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(嶺東線)
大田複合 ターミナル
(地図)
1時間50分 一般 9,600
優等 14,000
深夜 15,400
東ソウル総合
バスターミナル
(高速)
2時間 一般 10,700
市外バス 上鳳ターミナル 2時間 優等 15,000
※停車駅が少ないKTXは(A)料金で、停車駅が多いKTXは(B)料金になります。

全州(チョンジュ)
ソウルから南に約230kmに位置する全羅北道の道庁所在地。韓屋(ハノッ)などの古い街並みを保存するなど、歴史と文化見直し事業に力を入れています。全州ビビンバやコンナムルクッパッ(もやしスープご飯)など、グルメにはうれしい食処でもあります。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX 龍山駅
全州駅 (地図) 1時間40分 34,400
セマウル号 3時間10分 平日 25,000
週末 26,200
ムグンファ号 3時間30分 平日 16,800
週末 17,600
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(湖南線)
全州高速 バスターミナル
(地図)
2時間45分 一般 12,800
優等 18,700
深夜 19,600
東ソウル総合
バスターミナル
(高速)
2時間50分 一般 14,200
優等 20,800
深夜 22,800
市外バス 南部ターミナル 全州市外 バスターミナル
(地図)
2時間40分 一般 11,600
上鳳ターミナル 3時間 優等 20,500

南原(ナムォン)
全羅北道の小都市で、国立公園に指定されている智異山(チリサン)へのアプローチ口です。古典芸能・パンソリ「春香伝(チュニャンジョン)」の舞台となった広寒楼苑(クァンハルルウォン)があることで有名。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX 龍山駅 南原駅 (地図) 2時間05分 39,200
セマウル号 3時間50分 平日 30,000
週末 31,400
ムグンファ号 4時間10分 平日 20,200
週末 21,100
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(湖南線)
南原高速バスターミナル
(地図)
3時間 一般 15,800
優等 23,300
深夜 25,600
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
3時間 一般 16,000

光州(クァンジュ)
韓国西南部最大の都市。「光州事件(5.18民主化運動)」に象徴される民主化の聖地。また1995年からは、2年に一度「光州ビエンナーレ」という芸術の祭典を開催しています。
KTX 週末 39,700
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 龍山駅 光州駅 (地図)
セマウル号 4時間 平日 32,800
週末 34,300
ムグンファ号 4時間30分 平日 22,000
週末 23,000
KTX 光州松汀駅 (地図) 1時間55分 47,100(A)
46,800(B)
セマウル号 3時間50分 平日 31,700
週末 33,200
ムグンファ号 4時間20分 平日 21,300
週末 22,300
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(湖南線)
光州総合バスターミナル
(地図)
3時間30分 一般 17,600
優等 26,100
深夜 28,700
東ソウル総合
バスターミナル
(高速)
3時間50分 一般 19,000
優等 28,200
深夜 31,000
市外バス 上鳳ターミナル 4時間 優等 27,900
※停車駅が少ないKTXは(A)料金で、停車駅が多いKTXは(B)料金になります。

木浦(モッポ)
韓国南岸の代表的な港町で、無数の小島が浮かぶ海産物の宝庫です。海鮮料理が名物で、サンナッチ(タコの活き造り)は全国的に有名です。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX 龍山駅 木浦駅 (地図) 2時間30分 52,800
セマウル号 4時間40分 平日 37,800
週末 39,600
ムグンファ号 5時間20分 平日 25,400
週末 26,600
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(湖南線)
木浦総合バス ターミナル
(地図)
4時間 優等 30,400
深夜 33,400
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
4時間20分 優等 30,400

安東(アンドン)
李氏朝鮮時代の文化を色濃く残す街。400年の町並みを保存する河回村(ハフェマウル)陶山書院(トサンソウォン)、タルチュム(仮面踊り)など、見どころもたくさん。毎年秋には「安東国際タルチュムフェスティバル」が開催されます。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 セマウル号 清凉里駅 安東駅 (地図) 3時間10分 平日 22,100
週末 23,100
ムグンファ号 3時間20分 平日 14,800
週末 15,500
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(湖南線)
安東ターミナル
(地図)
2時間50分 一般 16,500
深夜 17,300
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
2時間50分 一般 16,500
深夜 18,200

大邱(テグ)
ソウル・釜山・仁川(インチョン)に次ぐ韓国で4番目に人口の多い大都市。にも関わらずのどかな雰囲気のある街です。市内に見どころは少ないですが、交通が便利で、世界遺産の海印寺(ヘインサ)をはじめ、安東、釜山などの慶尚道観光の基点として重宝します。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX ソウル駅 東大邱駅 (地図) 1時間50分 43,800(A)
43,500(B)
セマウル号 大邱駅 (地図) 3時間30分 平日 29,700
週末 31,100
ムグンファ号 4時間 平日 20,000
週末 20,900
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(京釜線)
東大邱高速 バスターミナル (地図) 3時間40分 一般 17,000
優等 25,200
深夜 27,700
東ソウル総合
バスターミナル
(高速)
3時間40分 一般 17,200
優等 25,400
深夜 27,900
※停車駅が少ないKTXは(A)料金で、停車駅が多いKTXは(B)料金になります。

慶州(キョンジュ)
韓国の古代都市・新羅(シルラ)の都だった慶州は、世界遺産に登録されている仏国寺(プルグクサ)石窟庵(ソックラム)など、歴史的建造物や遺跡などの宝庫です。規模は小さいですが、「韓国の京都」と例えられたりするほど。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX ソウル駅 新慶州駅 (地図) 2時間05分 49,300
ムグンファ号
(1日2本のみ)
清凉里駅 慶州駅 (地図) 5時間50分 平日 22,800
週末 23,900
バス 高速バス 高速
バスターミナル
(京釜線)
慶州高速バスターミナル
(地図)
4時間 一般 20,400
優等 30,300
深夜 35,300
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
4時間 一般 21,100
深夜 23,200

釜山(プサン)
朝鮮半島の東南端に位置した港湾都市で、人口400万を擁する韓国第2の都市。日本からも近いこともあって、大勢の観光客が釜山を訪れます。海雲台(ヘウンデ)や、チャガルチ市場龍頭山(ヨンドゥサン)公園などが人気スポット。2010年で15回目を迎える釜山国際映画祭をはじめとする国際イベントも開かれ、世界的に「釜山」の名が知られています。
手段 種類 出発地 到着地 所要時間 運賃(ウォン)
鉄道 KTX
(新慶州経由)
ソウル駅 釜山駅 (地図) 2時間30分 60,100(A)
59,800(B)
KTX
(密陽・亀浦経由)
2時間55分 53,900
セマウル号 5時間00分 平日 40,700
週末 42,600
ムグンファ号 5時間40分 平日 27,300
週末 28,600
バス 高速バス 高速バス
ターミナル
(京釜線)
釜山総合 バスターミナル (地図) 4時間20分 一般 23,000
優等 34,200
深夜 37,600
市外バス 東ソウル総合
バスターミナル
(市外)
4時間20分 一般 23,100
優等 34,300
深夜 37,700
※停車駅が少ないKTXは(A)料金で、停車駅が多いKTXは(B)料金になります。
※上記金額は2013年5月時点の大人料金です。変更になっている場合もありますので、ご了承ください。
※所要時間はあくまでも目安です。
※鉄道の運賃は一般室・一般料金基準です。特室利用時は価格が異なります。
※平日は月~木、週末は金~日・祝日です。
名節時の移動には要注意
年に2回ある韓国の名節、秋夕(チュソク)旧正月(ソルラル)の前日には「民族大移動」の帰省ラッシュのピークを迎え、最終日には上京ラッシュがあります。大切な日を家族と過ごそうと、期間中に移動をする人はのべ数千万人にものぼり、名節前に発売される特別切符は例年すぐに売り切れてしまいます。

駅やバスターミナルは溢れんばかりの人となり、鉄道やバスの席はほぼ残っていないので、名節期間中は地方への移動を控える方が賢明です。
地方を訪れて、韓国の魅力を再発見!
地方はソウルよりも物価が安く、美味しい郷土料理を食べる事ができたり、ソウルでは無くなりつつある人々の「情」の部分を感じたりすることができます。鉄道やバスを目的によって使い分けて是非、地方へも足を運んでみましょう。ソウルとは違う新しい韓国の魅力を再発見できるはずです。
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2011.4.11
ルルルンさん
クチコミ

2011.4.11
ルルルンさん
クチコミ

2011.4.11
ルルルンさん
クチコミ

2011.4.11
ルルルンさん
クチコミ

2010.10.16
ニャンタさん
クチコミ

2010.10.16
ニャンタさん
クチコミ

2010.10.16
ニャンタさん
クチコミ

2010.10.16
ニャンタさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
ルルルンさん 2011.4.11
先週ソウルは久々の雨の中、旅行者無料で、全州へいってきました。すごい豪華なバス中、綺麗でゆったり広々として、このに乗れるだけでも良かったです
 全州の雨はたいしたことなく、傘もささず歩ける程度でした。韓屋マウルの中は平日だったので、観光客はまばらでした。 ビピンパを食べ、お腹いっぱいで苦しく、背中が丸くなるぐらいおなかを下にして散歩・・・(バスの中でビピンパの前に、キンパ1本トースト1枚たべていたので) こちらの口コミで韓方文化センターで足湯ができると、書き込みをみて向かったところそちらの建物のお隣に、今やどこでも売っている”くるみまんじゅう”  とりあえず匂いに誘われ、10個入りを購入して足湯へ・・・・・つかりながら1こ・・オイシソヨ~お腹一杯なのに、あっというまに食べてしまい、足湯が終わってまた、お隣りへいき『美味しかったからもう一袋』・・・おじさんがサービスって多めにいれてくれました  できたての茶の少し苦みのある匂い~と、お茶の緑がかった生地、あんことくるみ。美味しかったです。
つづきを読む
扶余 (返信: 0 )
ニャンタさん 2010.10.16
10月12日(火)にソウルから日帰りで扶余へ行って来ました。

6:40龍山発のKTXで西大田でムグンファに乗換え、8:33に論山に到着、
そこから市内バスターミナルより、9:00発市内バス701番で扶余に入りました。

扶余群庁で降り、9時半頃から観光をスタートし、
宮南池→扶余博物館→定林寺跡→(食事)→扶蘇山城→白馬江遊覧船、
と廻り15時頃に扶蘇山バス停から市内バスで15時半過ぎに、
論山駅近くの市内バスターミナルに到着しました。

それからKTXが17:28発まで無かったため、1時間強程で駅近くの
灌燭寺(カンチョッサ)までタクシーで往復し、時間調整しました。

食事はどこのサイトも掲載されていませんが、私たちは
『ナルトシッタン』のチャンオグイ(ウナギのかば焼き19,000W)を食べました。
町全体がお祭りという事もあり、団体客で満員でしたが、
日本語が分かる方もおられ、娘の「美味しい」という言葉を理解されてか、
ビールまでサービスしてくれました。

歴史的背景を考えると、今は何となくのんびりしている雰囲気が、対照的な
扶余の町でした。


注意点です。参考まで。
1.市内バスの時刻表は、論山市のホームページに記載されています。
2.扶余行き市内バスは論山駅を降りて、右方向(北東)に100M程歩いた
(3分程)左側に有ります。
3.市内バスは車内放送は一切有りませんので、あらかじめ運転手に頼んで
おきました。
  ※プヨグンチョ(扶余群庁)エ トチャッカミョン カルチョ チュセヨ
4.帰りのバス停の位置を確認しておきましょう。
5.予定がきっちり決まっていれば、帰りのKRの切符も購入しておいた方が
良いかもしれません。
つづきを読む
ニャンタさん 2010.10.16
お祈りをすると、必ず1つだけ願いが叶う、というカッパウィに行って来ました!

10月11日(月)、前日のうちにバウチャーをKRパスに交換と、この日の行きの
切符を手配しておき、ソウル駅7:00発KTXで東大邱駅で乗り換え、
ムグンファ号で河陽駅9:20着、そこから9:35発の市内バス803番
(慶山市のサイトに時刻表、地図等有ります)で30分程でカッパウィ登山口に
到着しました。

バス停から案内通り登って行きますが、石段も比較的緩く、
足元も整然としており、40分程で山頂に辿り着けました。
(大邱市側からは1時間強の急勾配で、ちょっとした登山コースです)

昼食の大邱市東仁洞チムカルビ通りにバス1本で行けるので、
下りは大邱側に降りて行き、1時間以上かかりバス停に着きました。
大邱側カッパウィのバス停から401番市内バス(大邱市のサイトに時刻表、
地図等有ります)で50分程で東仁洞通りで降り、『ユジンチムカルビ』に
向かいました。

『ユジンチムカルビ』では、25,000Wの韓牛チムカルビ(オージーは14,000W)を
注文、あぁ~上手い!ビールとの相性最高です。ニンニク好きの者には
たまらない一品、是非お試し下さい!

帰りは大邱駅まで15分程歩き、15:23発セマウル号で一旦東大邱駅へ戻り、
15:38発KTXで、17:23にソウルに帰って来ました。

注意点です。参考まで!
1.河陽駅のバス停は駅前の大きな通りではなく、1本北側の少し賑やかな
通りで、信号を渡り直進し三叉路を左に行けばすぐに見つかります(徒歩3分程)
2.カッパウィ山頂から下る際、しっかり下調べをするとか、その場で
何人かの方に 確かめるとか、道を間違えないようにして下さい。
3.月曜日のKTXは混んでいますので、KRパスにするか、切符予約するか
迷うところです。
ちなみ私は、次の日もKTXを利用し地方への予定があり、KRパスが前提でした
ので、幾通りかのパターンを考えていき柔軟に対応しました。


 
つづきを読む
dddさん 2009.8.13
1泊でソウル市外を観光使用と思います。

アンドン、チュンチョン、プサン、チェジュ等は
行きましたが、他にいいとこあったら教えてください。
つづきを読む
李 舜臣さん 2005.10.24
 今年3月に東洲大學へ奉職しましたが、多忙にかまけて釜山から出たことがありませんでしたので、思い切って韓国一周の一人旅を挙行しました。

 私の大学での周囲の教授・職員・学生共々皆さんは、日本語が巧みなのでなかなか韓国語が上達しません。そこで、今回は韓国語実践の旅でもありました。

 斯様な訳で、地図を片手に「日韓辞典」も持たずに釜山駅を旅立ちました。地下鉄大峙駅を出発し、釜田洞に着きましたが、ここから先は未踏の地です。釜山駅まで徒歩で5分、尋ね尋ね、何とか駅までたどり着いたときには、「もう、やめようか!」と弱気になり始めました。

 釜田駅舎は、きれいで整然とした空間であり、休日のためか旅行者も少なく、のんびりした雰囲気があり、「そうだ、のんびり行くか!」と少し余裕が出てきました。

 当初の予定では、東洲大學の同僚教授に旅行の計画をお願いし、テグが第1泊目の予定でしたが、「汽車に乗るからといって、線路の上を走るような決まりきった旅をするのは止めよう。足の向くまま、気の向くままだ!」と急遽、行き先を河回村に変え、安東駅迄のムグンファ号の乗車切符を購入しました。

「なんだ、簡単に買えるじゃないか!」と思ったとたん、朝から緊張の余り何も食べていないことに気がつきました。食べ物・飲み物を買い列車に乗り込みました。もちろん釜山の銘酒C1も忘れませんでした。

 車窓から見る移り過ぎゆく韓国の町並み、山や川、田や畑、青い空。日本と一緒です。草木や家畜、みんな一緒です。車内放送は、韓国語・英語・中国語に併せて日本語も停車するごとに流れてきます。

「はじめて来たのに懐かしい」そんなキャッチコピーがありましたが、本当に韓国の風景は、懐かしいのです。車中には、韓国人に混じって欧米人・台湾人と九州男児の私。国際色豊かです。英語や台湾語・中国語は、何語か聞き分けられる程度ですから、段々、韓国語が耳に優しく響きだすのを感じ始めました。他の外国語より韓国語を聞いているのが、なぜか安心できるのです。特に慶尚道サトゥリは、故郷の九州弁にニュアンスが似ていて快い響きです。

 車中も混んでいないので、私は2人用の座席を回転させ、4人用にして足を伸ばしリラックスして、旅とC1を楽しむことに決め込みました。

 釜田駅を出て小一時間もたったでしょうか、30歳代の東洋人女性と西洋人男性カップルが乗車してきました。そして、他の座席が空いているにもかかわらず、私の座席に来るじゃありませんか!

「^^チャリ イッスムニカ?^^」下手な韓国語です。

「^^アンジュセヨ! オソ オソ!^^」私も下手な韓国語で思わず応えていました。   
        
      続きは次でご覧下さい! http://club.tour2korea.com/ching
つづきを読む
韓国旅行の準備ガイド
一緒におさえよう!韓国旅行基本情報
電圧 電圧
日本とは異なるお隣韓国の電圧事情。旅行前に基本情報をしっかり頭に入れておこう!
通貨/両替/カード/チップ 通貨/両替/カード/チップ
韓国の通貨は?カードは何が使える?旅に役立つお金の基礎知識!
電話 電話
韓国の電話ってどう使うの?旅行中の国際電話もこれで安心!
クレジットカード クレジットカード
知っておきたい、韓国でのクレジットカード使用
T-money カード T-money カード
韓国旅行の必需品。お得なマルチ交通カード徹底解剖!
ソウルの地下鉄 ソウルの地下鉄
ソウル市内を楽々移動!使い勝手のいい公共交通機関
タクシー タクシー
旅行中に便利なタクシー。利用方法からトラブル時の対処法まで解説
ソウルの市内バス ソウルの市内バス
初心者にはなかなか難しいソウルのバスを、わかりやすくご紹介!
観光案内所 観光案内所
旅行者向けの情報が満載!ソウル市内の観光案内所をご紹介
タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」 タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」
観光・生活情報について、日本語電話相談が受けられるサービス
旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪) 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪)
韓国ビギナー必見!「いざ」というときのための予備知識
事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス 事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス
窓口で並ぶ必要なし!24時間利用できる端末機が登場


掲載日:10.08.30   最終更新日:16.07.26 (更新履歴
・KTXの運賃、所要時間一部修正しました(20160726)
・高速バスターミナルから天安への料金変更しました(20160204)
[閉じる]
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
交通料金と経路
から
まで
タクシー検索 地下鉄検索
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]