韓国旅行「コネスト」 扶余定林寺址(五重石塔・石仏坐像)|扶余(大田・忠清道)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

扶余定林寺址(五重石塔・石仏坐像)

プヨ チョンニムサジ(オチュンソッタッ・ソップルジャサン) / 부여 정림사지(오층석탑, 석불좌상)
コネスト 投稿
5.0 エリア大田・忠清道 > 扶余 店ジャンル 寺・史跡・名所 観覧時間の目安1.0 時間
お気に入りに追加(10人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
必訪の世界遺産!1400年前から佇む百済の石塔は圧巻
古代王国百済の仏教文化がもっとも花開いた泗沘(サビ、現在の扶余)時代(538年~660年)。都の中心に建設された定林寺(チョンニムサ)は、百済王室のもっとも重要な大寺院だったとされています。現在寺院そのものは残っていませんが、建物を南北一直線状に配置した典型的な百済様式の寺院で、金堂址、中門址、回廊址、講堂址などが確認・保存されています。 一番のみどころは中央にそびえる五層石塔。百済時代から1400年の歳月、雨風に打たれながらその姿を現代までとどめており、2015年にはユネスコ世界文化遺産にも指定された国宝です。

王都の興亡盛衰を見つめた、百済仏教の精髄
古代王国百済(ペッチェ)の仏教文化がもっとも花開いたのは、現在の扶余(プヨ)である泗沘(サビ)に都がおかれた時代(538年~660年)でした。定林寺(チョンニムサ)は、王宮・泗沘城(サビソン)と別宮の美しい庭園・宮南池(クンナムジ)の間、すなわち都の中心に建設され、百済王室のもっとも重要な大寺院だったとされています。
現在寺院そのものは残っていませんが、金堂址、中門址、回廊址、講堂址などが確認・保存されています。建物を南北一直線状に配置した典型的な百済様式の寺院で、瓦当(軒丸瓦の先端の円形部分)、三尊仏立像、中国から伝来した陶俑(とうよう、焼き物の人形)など、百済時代の仏像彫刻や中国との交流を垣間見られる遺跡・遺物も多数出土しました。特に中央にそびえる五層石塔は、百済時代から1400年の歳月、雨風に打たれながらその姿を現代までとどめており、国宝に指定されています。

古都・百済の香りを感じることができる定林寺址。2015年には「百済歴史遺跡地区」の1つとしてユネスコ世界文化遺産に指定され、扶余に訪れたら必ず立ち寄りたい観光名所となっています。
なお、定林寺は百済滅亡後、高麗(コリョ、918~1392年)時代に再び繁栄し、1028年に改修されたこともわかっています。
百済時代からある蓮池 金堂址 回廊址
時を越えて寺院の存在を今に伝える石塔と石仏
定林寺址五層石塔 国宝第9号
百済の仏塔建築の特徴の1つに、従来の木造から石造への変化があります。百済後期に建てられた定林寺址五層石塔(チョンニムサジ オチュンソッタッ、8.33m)は、小規模で細部を簡略化したものが多く見られる百済石塔の中で、創造的な試みが細部にいたるまで施されており、韓国の石塔の元祖ともいわれています。
狭くて低い単層基壇や、柱の上に行くほど細くなるペフルリム様式など、それまでの木造仏塔の技法を取り入れつつ模倣を脱却した独自の構造を確立したとされています。
定林寺址石仏坐像 宝物第108号
百済滅亡後、高麗時代に再び繁栄した定林寺の本尊仏だったと考えられている石仏坐像(ソップルジャサン、5.62m)。右手部分や左ひざなどの破損・摩滅がひどく詳しい技法や様式はわかっていませんが、狭い肩幅や胸の位置にある左手などから毘盧遮那(びるしゃな)仏であることはほぼ確実視されています。現在石仏坐像は、新しく建てられた講堂に安置されています。
蓮の花の形の台座や、下部分に刻まれた蓮の花の模様など、芸術性にも優れているといわれています。なお、頭と笠の部分は、高麗時代よりずっと後世に作られたもの。
五層石塔や百済仏教について学べる定林寺址博物館
敷地内には、「定林寺址博物館(チョンニムサジ パンムルグァン)」もあります。泗沘時代の百済の仏教思想・文化について、定林寺に焦点を当てて展示されています。五層石塔の詳しい解説や、泗沘時代の定林寺を再現した模型など、興味深い内容に触れられます。

料金
大人 満19歳~満64歳 1,500ウォン
青少年 満13歳~満18歳 900ウォン
小人 満7歳~満12歳 500ウォン
※中高生はパスポートなど身分証提示で青少年料金適用可
※外国人は敬老優待なし
このスポットに訪れる現地ツアー
扶余(プヨ)・公州(コンジュ)へ!百済の香りツアー【ソウル発着】
古代国家「百済」の香りを求め扶余(プヨ)・公州(コンジュ)への歴...
170,000ウォン
基本情報
店名 扶余定林寺址(五重石塔・石仏坐像)
住所 忠清南道 扶余郡 扶余邑 東南里 254
(충청남도 부여군 부여읍 동남리 254)
電話番号 041-832-2721(定林寺址博物館)、041-830-2530(定林寺址券売所)
Eメール なし
営業時間 3~10月 9:00~18:00、11~2月 9:00~17:00
休業日 年中無休
日本語 不可(日本語案内板、日本語ガイド有)
その他外国語 不可
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・扶余市外バスターミナルより徒歩14分(タクシーにて約2分)
関連サイト www.jeongnimsaji.or.kr(定林寺址博物館)
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子用トイレ、傾斜あり(定林寺址博物館-五重石塔間)
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 日本語ガイド(解説、要予約):041-830-2330(日本語)、041-830-2530(韓国語)
※定林寺址博物館のみ可
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.2.23
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.2.23
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.2.23
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.1.26
maiko3150さん
クチコミ

2016.1.26
maiko3150さん
クチコミ

2016.1.26
maiko3150さん
クチコミ

2016.1.26
maiko3150さん
クチコミ

2016.1.26
maiko3150さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
キム・ヘリさん 2016.2.23
2015年11月に行きました。
定林寺址五層石塔が特に印象に残っています。
ガイドさんが、なぜ韓国では石の塔が作れて日本の五重塔は木なのか、という話をしていました。
歴史の話で日本はよく比較対象に挙げられますね。日本は地震があるから石の塔は作れなかったということです。

2015年に登録されたばかりということで、韓国人に話してもプヨの史跡が世界遺産だと知っている人が多くなく、なぜわざわざプヨに行くのかと聞かれました。
それでも定林寺址や扶蘇山城の名前を挙げれば歴史的価値の高さからとても納得した様子でした。
つづきを読む
maiko3150さん 2016.1.26
2015/12/28 14時半ごろに訪問しました。

扶蘇山城と宮南池のちょうど中間辺りに位置し、どちらから歩いても10分ほどのところにあります。
私は宮南池から行ったのですが、塀の内側に見え隠れする石塔を眺めているうちに、定林寺址を囲んでいる塀に沿ってぐるりと一周してしまいました。

どこかに裏門があるかと思いきや、入口は南側の一箇所だけなのでご注意ください。


さて、入場料を払って中に入ると、右手に定林寺址博物館、左手に定林寺址があります。
早速、定林寺址へ行ってみますと、きれいに整備されて公園のようになっていますが、よく見ると建物や回廊の跡があり、かなり大きなお寺だったことが分かります。

中央には、五層石塔がありますが、今まで私が見てきた石塔とはちょっと違い、石塔の屋根?の部分が複数の薄い石板の組み合わせで構成され、大きく張り出しています。
塔の本体もまっすぐに切り出された石を組み合わせているため、全体的にすっきりとした印象を受けますが、塔の随所に現れる直線が力強さを同時に感じさせます。


また、石塔の奥の建物には、石仏坐像がありますが、こちらは損耗が激しく、体の部分は形がほとんど残っていないものの、不思議と包み込むような温かさを感じます。

仏像の裏側に回ることもできるので、裏から見てみると大きな岩を削って作られたことがよくわかります。


定林寺址博物館では、この石仏や石塔の歴史についても紹介されているのですが、どうやら数々の動乱の時代を経て、一時は完全に野ざらしのまま放置されていたようです。

過去からずっとこの場所で、いろいろな歴史の場面を見守って、これからもこの場所にあるのだと思うと、なんとも不思議な気分になりますが、願わくば、また野ざらしになってしまう事がないことを祈ります。

あまり派手さはありませんが、ここでしか見られない独特の石仏と石塔は一見の価値が十分あると思いました。
つづきを読む
コインドルさん 2014.9.15
最後の目的地、定林寺址へ。
前には小学校と中学校があり、近くには国立扶餘博物館もありました。
道路から少し奥ばった場所に入口がありました。
入ってすぐ左にチケット売り場があります。
時間は5時半を過ぎていましたが、閉館時間は6時半と言われ急いで石塔を探します。
が、見当たらないので、目の前にある定林寺址博物館へ。
中には気になる展示物がたくさんありましたが、日本語の説明はなく、早足で見て回りました。
ぐるっと回り出口付近にあるお土産やさんがあったのでお土産を買おうと入りましたが、すでに閉店準備完了。
なので、店員さんと一緒に外へ(^^;
あれ?石塔がない...と出口に向かうと右手にみたことが石塔が...
あ!あれだ!と思い駆け寄りました。
ここが、百済が滅亡する時まで栄えていたお寺なんだぁと感慨深くなります。
また、定林寺址五重石塔は1400余年の月日を越え、今も尚この地に建っているんだと...
この定林寺址五重石塔は、益山の弥勒寺址石塔と共に百済の石塔様式を見せて貴重な遺物とされているようです。
よし!五重石塔も見たし、任務完了!
と、急いでバス停に向かいます。
出発、5分前のバスに飛び乗りました。
バスに乗りホッとしたら、あ!定林寺址石仏坐像を見てない!
ことに気づきましたが、後の祭り...

扶餘を半日観光してみて、有名な観光地は歩いて回れる範囲内にありましたが、
見処たっぷりなので泊まりか午前中からの観光をオススメします。
ということで、自分も宿題をたくさん残してしまったので近々再訪です。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
ゆったりとした時の流れと郷愁を...
慶州・新羅時代最大規模の寺院遺...
あかね色に染まり行く西の海を望...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット
国立扶余博物館
百済時代の遺物を25,000点所蔵。国宝の百済金銅大香炉も。
(539.81m)
扶余官北里百済遺蹟(泗沘城址)
百済王宮跡が扶蘇山城隣に?無料で楽しめる世界遺産
(632.07m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
ロッテ扶余リゾート
プヨのロッテ扶余リゾートは百済文化団地から 500 m 圏内、扶蘇山城からは 5 km 圏内で...
12,650円~
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
行列の焼肉店、明洞ホテルの宿泊レポなどTOP5
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
もっと見る
  最終更新日:15.10.20
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 通仁スイーツ 本店
チャンミンも訪問した、かわいいタルトが人...
2 EXOの行きつけ&関連グルメ店まるわかり
「EXO-L」必見!EXOの残...
3 OUR Bakery
芸能人にも人気!狎鴎亭のオシャレなベーカ...
4 healing on the MEDIHEAL
韓国シートマスク人気ブランド「メディヒー...
5 韓国の大学生活で驚いた14のこと
飲酒も勉強も24時間?...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
16.11.30
韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
16.12.01
ASのリジ、日本活動での苦労を告...
16.12.02
少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
16.12.02
女優ハン・ガイン育児専念の近況
16.12.05
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.06(火)
もっと見る
こんなところに?!2階建てで... 12/06
バリスタが一杯づつ入れてくれ... 12/06
行く価値あり 12/06
おかずがいっぱい 12/04
綺麗なタルト 12/04
美しい!芸術作品のようなパジ... 12/04
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]