韓国旅行「コネスト」 ミュージアムSAN|原州(江原道)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

ミュージアムSAN

ミュジオムサン / 뮤지엄산
コネスト 投稿
5.0 エリア江原道 > 原州 店ジャンル 博物館・美術館・展示館・映画館 観覧時間の目安2.0 時間
お気に入りに追加(16人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
建築家・安藤忠雄が設計!江原道・原州にある自然・建築・アートが調和した美術館
ソウルからバスで1時間半、江原道(カンウォンド)西部にある原州(ウォンジュ)市の山中に位置する「ミュージアムSAN(サン)」。2013年5月、自然の中で芸術と文化を感じる田園型ミュージアムをコンセプトに「ハンソルミュージアム」として開館、同年12月に現在の名称になりました。総面積は約2万1千500坪と、韓国の美術館の中でも最大規模。設計は世界的に著名な建築家である安藤忠雄が担当しました。館内には、韓国の伝統紙・韓紙(ハンジ)に関する展示物や韓国近代絵画、海外芸術家の彫刻など、多彩な作品が展示されています。

水・石・森と調和した、田園型ミュージアム
ソウルからバスで1時間半、江原道(カンウォンド)西部にある原州(ウォンジュ)市。その中心部から車で40分の山中に「ミュージアムSAN(サン)」はあります。製紙分野で知られるハンソルグループが運営し、スキー場・ゴルフ場完備のオークバレーリゾート内に位置。標高273mの山あいからは四季の移ろいが望め、風や鳥のさえずりなど自然の音が響く、心地よい空間が広がります。
2013年5月、自然の中で芸術と文化を感じる田園型ミュージアムをコンセプトに「ハンソルミュージアム」として開館し、同年12月に現在の名称「ミュージアムSAN」となりました。「SAN」とは「Space・Art・Nature」の頭文字をとったもので、韓国語で山を意味する「サン」にちなんでいます。

総面積は約2万1千500坪(7万1千平方メートル)と、韓国の美術館の中でも最大規模。館内には、韓国の伝統紙・韓紙(ハンジ)に関する展示物や韓国近代絵画、海外芸術家の彫刻など、多彩なジャンルの作品が展示されています。
1.本館 2.本館から眺めるカフェテラスと原州の山々 3.本館2階休憩スペース 4.ペーパーギャラリーに展示中の製紙機械
オレンジ色の石壁が印象的な安藤忠雄建築
設計は世界的に著名な建築家である安藤忠雄が担当。済州島(チェジュド)にあるレストラン「グラスハウス」などに続き、韓国で4つめの安藤建築です。打ちっ放しコンクリートや、幾何学的なデザイン、光や影を多く取り入れた安藤独特の設計はミュージアムの随所に見られ、建物そのものがアート空間となっています。また、外壁・内壁に張られたオレンジ色の石は京畿道(キョンギド)坡州(パジュ)産のものを使用。建築材料に韓国産の石材が多く取り入れられているのも特徴です。
無をコンセプトとした
三角形の中庭
光と影が造り出す空間アート 石の形に合わせて手作業で張られた
坡州石の外壁
施設紹介
「ミュージアムSAN」は、本館にある2つのギャラリー、屋外展示空間である3つの庭園、そしてジェームズ・タレルの特別展示室の計6パートで構成されています。観覧コースは全長2.3km、約2時間。観覧動線が特徴的で、ミュージアムの一番奥に位置するジェームズ・タレル展まで行くと、来た道を折り返し、再び入口に戻るようになっています。本館ギャラリーからも周辺の自然が目に入るように設計されており、ゆっくりと散歩するような感覚で楽しめます。
※本館ギャラリーとジェームズ・タレル展の内部は撮影禁止
<チケット購入>
正門を入り、坂道を上がると見えてくるのが、駐車場と隣接しているウェルカムセンター。入口を入ると正面にチケット売場があり、ここでチケットを購入します。また、奥にはオリジナルグッズなどを販売するアートショップと、小さなカフェがあります。
ウェルカムセンター入口 チケット売り場 アートショップ

学芸員によるガイドツアー
作品をより深く理解したい人には、ガイドツアーがおすすめです。解説は韓国語と英語で行ない、展示物や安藤建築の見どころをわかりやすく説明。予約不要なので、気軽に参加できます。
ガイド時間
10:30~ 11:00~ 13:00~ 14:00~ 15:00~ 16:00~
月~金
土曜 ○※
日曜・祝日  ○※
※定時にアートショップ前から出発、所要時間約60分
※土・日14:00~はミュージアムの地図を完成させながらミュージアムを巡る子どもツアーを開催(大人も参加可能、地図は4,000ウォン)。解説は庭園やペーパーギャラリーが中心、チョンジョギャラリーは白南準の作品のみ解説。

<観覧の流れ>
1.フラワーガーデン(庭園)
約80万株ものセキチク(カラナデシコ)が植えられた花畑の真ん中には、建築廃材を使ったジャンク・アートで有名な彫刻家マーク・ディ・スベロのオブジェがそびえ立ちます。鳥をモチーフとした作品で、くちばしの形をした上部は風を受けて向きが変わるため、動く彫刻ともいわれています。
セキチクの花は5月末~8月中頃が見ごろ 180本の白樺の並木道
2.ウォーターガーデン(庭園)
本館をぐるりと囲み、静かに波打つ水面や反射する草木が幻想的な風景を創り出す、水の庭園。水底には、光をよく反射させるという忠清南道(チュンチョンナムド)・瑞山(ソサン)の海美石(ヘミソッ)が敷かれています。ウォーターガーデンの中央には、アメリカの彫刻家アレクサンダー・リーバーマンの作品で「ミュージアムSAN」の象徴といえる赤いオブジェ「Archway」が設置されています。
建物が隠され好奇心をあおるウォーターガーデンの入口 鏡のように景色を映す水面
3.ペーパーギャラリー(本館2階)
高麗(コリョ)時代(918~1392)の仏教経典「大方廣佛華厳経(テバンクァンブルファオムギョン)」初雕本巻36(国宝第277号)をはじめ、朝鮮時代に作られた韓紙工芸品など、紙に関する作品が展示されています。また、ドイツのアート集団「ART+COM」が製作した「The Breeze」は、紙と光を利用した作品。天井から落ちる光の点を紙で受け取ると点がハングルに変化するなどの不思議アートを体験できます。
紙の歴史をアニメーションで紹介 国宝や朝鮮時代の遺物を展示
韓紙工芸品の展示コーナー 体験アート「The Breeze」
4.チョンジョギャラリー(本館1、2階)
韓国の近代芸術作品の常設展と企画展フロア。常設展は映像と音声で表現するビデオアートの第一人者、白南準(ペク・ナムジュン)の作品や、韓国抽象画の巨匠・金煥基(キム・ファンギ)、独特な技法で朝鮮時代の庶民の姿を描いた朴寿根(パク・スグン)など、韓国を代表する近代作家の作品が展示されています。また、「ミュージアムSAN」の設計スケッチや模型などが展示されている安藤忠雄コーナーもあります。
1階「Esquisse」 2階「Sketch, Everydayness of Drawing」 白南準「India invented the Wheel but Fluxus invented India」
5.ストーンガーデン(庭園)
慶州(キョンジュ)古墳を模した、9つの石山が連なるストーンガーデン。道の所々には、人体から直接石膏で型取りする技法で知られるジョージ・シーガルの作品や、イギリスの芸術界を代表する彫刻家ヘンリー・ムーアの作品が展示されています。
なめらかなカーブの道が続く 古墳をモチーフに原州の石を使って製作したアート
ジョージ・シーガル「2つのベンチの上の恋人」 ヘンリー・ムーア「横たわる二人」
6.ジェームズ・タレル特別展示
光と空間のアーティストと呼ばれるアメリカの芸術家ジェームズ・タレルのアジア最大規模の展示室。自然の風景と目の錯覚を利用した4つの空間作品が設置されています。

【入場料】
本館と別途入場料が必要 ※詳しくは料金表参照
【観覧時間】
11:00~17:30(最終入場17:00、チケットの販売は16:30まで)
(毎時30分おきの入替・定員制、当日チケット購入時に鑑賞時間を予約)
【備考】
・係員による簡単な解説あり(韓国語のみ)
・未就学児は入場できません。
ジェームズ・タレル 「ガンツフェルト」
 写真提供:ミュージアムSAN
付帯施設
版画体験室(本館1階)
本館1階にある体験室では、版画のワークショップや版画体験などを開催しています(説明は韓国語のみ)。ポストカードやエコバック作りは当日体験室にて申請可能ですが、ワークショップの中には事前参加申請が必要なものもあります。

・ポストカード作り  3,000ウォン/所要時間10分
・エコバッグ作り   20,000ウォン/所要時間10分
詳しくはホームページ(韓国語)をご確認ください
カフェテラス(本館1階)
メニューはジュースやコーヒーなどのドリンク類と、サンドイッチ・パスタなどの洋食。注文はカウンターで先払いとなっています。春から秋の暖かい季節には、開放感溢れる野外テラス席がおすすめ。爽やかな風と美しい景色を見ながら、贅沢な時間を過ごすことができます。
※野外テラス席は2月中旬~12月初旬まで営業、室内テーブルはオールシーズン営業
アートショップ(ウェルカムセンター)
「ミュージアムSAN」のコンセプトでもある、紙・木・石をテーマにしたグッズが並ぶアートショップ。安藤忠雄が描いた美術館のスケッチ画(複製)や美術館の設計図がプリントされたTシャツなど、オリジナルグッズも多数揃っています。
ショップの奥には小さなカフェも 紙をコンセプトにしたグッズを扱うコーナー
ミュージアムの設計図が描かれたTシャツ
黒 39,000ウォン/白 34,000ウォン
安藤忠雄のスケッチ画がプリントされたマグカップ
20,000ウォン
原州の自然の中で近代アートを体感
6つのパートごとに、異なる世界観を持つ「ミュージアムSAN」。山あいの澄んだ空気と静寂の中で様々な作品に触れた後は、言葉に言い表すことのできない興奮と、清々しい気分が待ち受けています。忙しい日常からしばし離れ、ゆったりとした時間の流れを満喫してみてはいかがでしょうか。

原州市内~ミュージアムSAN間 無料シャトルバス運行中
原州市内から「ミュージアムSAN」までは、オークバレーリゾート行きのシャトルバスが便利。原州高速バスターミナルの隣に位置する市外バスターミナル前など市内各所とミュージアムSAN、オークバレーリゾートを繋ぎます。乗車の際は運転手に「뮤지엄산에서 내려주세요(ミュジオムサネソ ネリョジュセヨ)」と伝えてください。

所要時間:約40分
運行時間:10:07、13:17(市外バスターミナル発)
詳しくはホームページ(韓国語)をご確認ください


料金
大人 ミュージアムのみ 15,000ウォン
大人 ミュージアム+ジェームズ・タレル 28,000ウォン
子ども (小・中・高校生) ミュージアムのみ 10,000ウォン
子ども (小・中・高校生) ミュージアム+ジェームズ・タレル 18,000ウォン
基本情報
店名 ミュージアムSAN
住所 江原道 原州市 地正面 月松里 山129-5
(강원도 원주시 지정면 월송리 산129-5)
[道路名住所]

江原道 原州市 地正面 オークバレー2キル 260
(강원도 원주시 지정면 오크밸리2길 260)
電話番号 033-730-9000
Eメール museum@hansol.com
営業時間 10:30~18:00(最終入場時間17:00)
休業日 月曜日、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
日本語 不可
その他外国語 英語
支払方法 ウォン、カード(visa,master,amex)
交通 ・原州高速バスターミナルからタクシーで約40分
関連サイト museumsan.org
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子対応トイレ、車椅子レンタル
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ

2016.5.16
katana750さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
katana750さん 2016.5.17
清涼里駅から1時間 急行電車で原州駅へ行き 6300w
そこからタクシーで20〜30分でいけます 30,000wくらい
シャトルバスは 無いと思って間違い無いです
香川県の直島で地中美術館を見たことない方 特別展示のエリア ぜひオススメです
特別展示のエリアを見ないと来た意味ありません
特別展示の料金 込みで 28,000w
こんな山奥にもったいない〜 と思いましたが よくよく眺めると周りのロケーションを一体に取り込んだ設計なんだと良くわかります
山のてっぺんに建てた って感じです
水に反射するところまで計算して見せてます さすが安藤忠雄さんですね
建築に興味ない方でも きっと感動してもらえますよ
少々遠いけど 普通のソウル観光に飽きた方には ちょうど良い距離です
わたしも何回かソウルに行きましたが ここが一番オススメですね。
つづきを読む
コネストqingさん 2013.7.2
江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)に2013年の5月に開館した「ハンソルミュージアム(Hansol Museum)」。

美術館のつくりは独特だ。案内ホールをすぎると、巨大なモニュメントが迎える散策路に出る。抜けると本館が見えるのだが、建物をぐるりと囲むように水が循環しているのだ。
これらはそれぞれフラワーガーデン、ウォーターガーデンと名づけられている。9つの岩がモチーフになったストーンガーデンを合わせた3つの野外空間が、特徴となっている。

内部も3つに分かれる。韓紙の産地である原州に似つかわしい「ペーパーギャラリー」、ペク・ナムジュンの展示物をはじめ韓国の近現代の美術作品を見せる「チョンジョギャラリー」、そして『光の魔術師』の異名をもつ設置美術家、ジェームズ・タレルによる展示空間だ。アート作品はやや乱暴にまとめると、抽象的なものが目立っているように思う。

そしてそれらを包んでいるのが、直線と曲線とが折りかさなった、安藤忠雄の建築だ。大きくとられたガラスの先には、原州の美しい山が広がる。


---

編集部日記
qingのソウル☆珍遊記「森の中のANDO建築へ」
http://comm.konest.com/ediary/E05/2877
より一部内容を抜粋して投稿しました。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
韓国南西部の歴史・文化が集合。...
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
行列の焼肉店、明洞ホテルの宿泊レポなどTOP5
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
もっと見る
掲載日:14.11.21   最終更新日:15.06.11 (更新履歴
・バリアフリー情報を変更しました(20150611)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 通仁スイーツ 本店
チャンミンも訪問した、かわいいタルトが人...
2 EXOの行きつけ&関連グルメ店まるわかり
「EXO-L」必見!EXOの残...
3 OUR Bakery
芸能人にも人気!狎鴎亭のオシャレなベーカ...
4 healing on the MEDIHEAL
韓国シートマスク人気ブランド「メディヒー...
5 韓国の大学生活で驚いた14のこと
飲酒も勉強も24時間?...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
ASのリジ、日本活動での苦労を告...
16.12.02
少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
16.12.02
女優ハン・ガイン育児専念の近況
16.12.05
危うい世界1位の韓国免税店事業
16.12.05
デモ行進、きょう青瓦台に接近
16.12.03
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.08(木)
もっと見る
上質なケーキを韓国で 12/08
メインメニューの手作りカレー... 12/07
新世界の名にふさわしい、広い... 12/06
ドンヘ家族のcafe 12/06
12月=イチゴワッフルはじまり... 12/06
可愛過ぎるマカロン♪ 12/06
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]