韓国旅行「コネスト」 近現代デザイン博物館|弘大(ソウル)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

近現代デザイン博物館

クンヒョンデディジャインパンムルグァン / 근현대디자인박물관
コネスト 投稿
5.0 エリアソウル > 弘大 店ジャンル 博物館・美術館・展示館・映画館 観覧時間の目安0.5 時間
お気に入りに追加(69人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
アートな街、弘大エリアに位置。韓国デザインの歴史がわかる博物館
「近現代デザイン博物館」は弘大(ホンデ)エリアに2008年にオープンした個性派博物館。館長が収集した約2万点の韓国国内のデザイン資料を所蔵しています。韓国でデザインされた日用品からおもちゃまで間近で見ることができる常設展示のほか、所蔵品による特別展示も不定期で行われています。常設展示品は約1,600点で、年代順に韓国デザインの胎動期(1880~1910年)から成熟期(2000~2003年)まで7つのセクションに分けて展示されています。併設のカフェではレトロなデザインの文具なども販売され、お土産に最適です。

アートな街、弘大エリアにある個性派博物館
2008年3月にオープンした「近現代デザイン博物館」は、韓国最大のグラフィックデザイン団体、韓国視覚情報デザイン協会(VIDAK)の元理事である朴岩鍾(パク・アムジョン)氏が館長を務める私立博物館です。20数年間集めてきた2万点余りの韓国国内のデザイン資料を所蔵しており、韓国でデザインされた日用品からおもちゃまで間近で見ることができる常設展示のほか、所蔵品による特別展示も不定期で行なわれています。
博物館は地下鉄2号線・空港鉄道弘大入口(ホンデイック)駅から徒歩12分。若者でにぎわう弘大(ホンデ)の中心部を過ぎ、静かな住宅街へと続く細い坂を上ったところにあります。5階建ての建物はモダンな外観が印象的。建物正面の入口を入ると1階はカフェになっており、レジカウンターで博物館のチケットを購入します。常設展示のある2、3階への入場は、カフェ奥の階段を利用します。
展示内容を紹介
常設展示品は約1,600点。年代順に韓国デザインの胎動期(1880~1910年)から成熟期(2000~2003年)まで7つのセクションに分けて展示されています。限られたスペースながらも、韓国人によってデザインされた初の太極旗(テグッキ)を始め韓国初の新聞、雑誌、絵葉書、人形、化粧品、ラジオ、テレビ、携帯電話やパソコンなど貴重な展示品が並んでいます。近い距離でじっくりと鑑賞できますが、さわらないように気をつけましょう。なお、展示品は韓国語及び英語の説明があり、原則撮影禁止となっています。
2階 3階
1.胎動期
1880~1910
2.停滞期
1910~1945
3.発生期
1945~1965
4.創始期
1966~1975
5.発展期
1976~1988
6.飛躍期
1989~1999
7.成熟期
2000~2003
<2階>
開港と共に西欧文化が急速に流入し、近代的な印刷技術の導入が進められた1880年代から、1910年の日韓併合を経て1945年の解放までの展示品が並びます。当時の印刷物や広告物、写真や看板など「伝えるデザイン」をメインにした展示構成で、当時の人々の生活の様子を具体的に知ることができます。
絵葉書に登場する太極旗のデザイン
日本メーカーの製品が販売されていたことがわかる日本統治時代のホーロー看板
外国人版画家の目を通して
描かれた朝鮮風俗画
<3階>
生活用品や家電製品、おもちゃなどの身近なものが多くディスプレイされており、「見せる(魅せる)デザイン」がメインになっています。1950~1953年の朝鮮戦争、1960~70年代にかけての急速な経済発展、1980年代の民主化運動やソウルオリンピック、そして2002年の日韓ワールドカップ。そのような社会の動きを背景に、韓国のデザインが西洋や日本の模倣から世界に通用するに至るまでの過程を知ることができます。
朝鮮戦争関連のポスターや
戦後に作られた雑誌
韓国の国産第1号の家電製品が並ぶ
日韓ワールドカップに関するコーナー
金星社(LG電子)の
電気レコードプレーヤー
1949年に登場した
ハングルタイプライター
韓国では「ピピ」と呼ばれる、
懐かしアイテムのポケベル
ミュージアムグッズは旅のおみやげにも
1階のカフェ「エリシオン」には、「近現代デザイン博物館」オリジナルのマグカップや文具などのミュージアムグッズ、過去の特別展示目録がディスプレイされています。購入の際はサンプルを指差してカフェのスタッフに伝えればOKです。
1950年代の子ども
キャラクターがかわいい付箋
1個 1,000ウォン
1920年代の化粧品広告を縮小
デザインしたクリアファイル
1枚 1,500ウォン
1920~30年代のブリキ
看板のマグネット
1枚1,500ウォン、
5枚セット 5,000ウォン
生活文化と産業と共に歩んできた韓国のデザインに触れて
デザイン関連資料というと難しいイメージがあるかもしれませんが、「近現代デザイン博物館」は19世紀後半から21世紀の間に韓国で消費されてきたものが集まる博物館といえます。一つの国の切手1枚から大型家電まで、一度に見る機会はなかなかないもの。弘大エリアを訪れた際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

料金
大人(20歳以上) 5,000ウォン
小人(6~19歳) 4,000ウォン
※特別展開催中は常設展示入場料金の割引あり
※5歳以下無料
※団体割引料金なし
基本情報
店名 近現代デザイン博物館
住所 ソウル特別市 麻浦区 倉前洞 6-32
(서울특별시 마포구 창전동 6-32)
[道路名住所]

ソウル特別市 麻浦区 臥牛山路30キル 36
(서울특별시 마포구 와우산로30길 36)
電話番号 070-7010-4346
Eメール なし
営業時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
休業日 月曜、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休
日本語 不可
その他外国語 英語
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa、master、amex)
交通 ・地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック、Hongik Univ.)駅 8番出口 徒歩12分
・地下鉄2号線新村(シンチョン、Sinchon)駅 8番出口 徒歩14分
関連サイト www.designmuseum.or.kr
詳細情報 ・バリアフリー施設:なし
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2013.1.20
stekoさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
カムスニオンマさん 2013.5.29
カフェに友達が先に行っていて私は近くに住んでいたので
友達に会いに行ったのですが、ホンデでこんなに空気が良くて静かなところは他にはないんじゃないかと思うくらい素敵でした。

窓の外には緑が見えて、音楽を聞きながらしっとり優雅な時間を過ごせる
カフェ。
その二階から三階が博物館で、一階のカフェでチケットを購入して博物館に入場するようになっています。

友達とカフェで話しまくって、閉店時間が近い頃に主人も合流して
博物館を見ました。

主人はいやー小さい時に使ってたものが全部あると言って感動しきり。
これは国や区で保護すべきなのに個人で経営しているなんて!と
驚いていました。

時間がなくてさらっと見ただけですが、今度はじっくり見たいと大喜びでした。

博物館はカフェのオーナーのご主人が作られたもので、カフェは日本人のおくさまがされています。
内装も落ち着いていて、ホンデの若者の賑わいから離れて静かにお茶をしたい方にはお勧めのカフェです。
つづきを読む
stekoさん 2013.1.20
博物館が位置する臥牛山は、上に公園があるためたまに散歩しますが、

その公園の入口にあるこの建物が一般に開放してる博物館とは思いませんでした。

記事を見て早速訪問しました。

朝10時半に行ったんですけど、カフェスペースにも2階にも人がおらず、

3階のほうに向かって叫んだら人が出てきました。

また1階に行ってお金を払って、2階と3階を観覧。

先に、帰りのことを言ってしまうと、グッズを買ったりお茶を飲もうかと思ってたのに

これまた人がおらず、どこをどう探しても待っても出てこないので、

あきらめて帰りました。どんだけ商売っけがないんでしょう・・・。

展示はさらっと見るぐらいで終わるかと思ったのですが、

非常に興味深いものが多く、じっくり見ていたら1時間半ぐらいかかりました。

もっとじっくり見ることも出来たんですが、疲れたので帰りました。

説明(ハングルしかないんですよねぇ・・・)を読まない場合は、

そんなにひろいわけではないので、もう少しさらりと終わると思います。

記事にもある最初の太極旗デザインとかかなり貴重な資料です。

他、電化製品なども、韓国で最初に作られたものを多く収蔵していて

そういうもののは「韓国最初」というシールが貼られていました。

個人的には、2階が圧倒的に時間をかけてみました。

昔の写真や、印刷物などがあって、地図とかみ始めると引き込まれますね。

キーセンのブロマイドとかもあるんですが、どれも少女という面持ちで、

キーセンのイメージも変わったり。

あと日本の植民地時代の資料が多く残っていて、面白いです。

日本の影響も否定するでも肯定するでもないスタンスで、影響の大きさは認め、

そんなのもあって、非常に気持ちよく見られるのもありました。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
世界中の珍しいお金が集まる中央...
自分だけのミニ新聞も作れる!光...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
アリスゲストハウス
ソウル (マポ区近く) に位置するアリス ゲストハウスは、サンウーリム シアター、弘益大...
7,120円~
クチコミ評価  ―  (0件)
オアシスゲストハウス
ソウル (マポ区近く) に位置するオアシス ゲストハウスは、サンウーリム シアター、弘益...
9,320円~
クチコミ評価 5.0 / 4件
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
空港-ホテルの賢い行き方、明洞の注目ショップなどTOP5
2017年1月初旬まで楽しめる!見渡す限り光の世界!
もっと見る
掲載日:13.01.18   最終更新日:13.12.18 (更新履歴
・アクセス情報を変更しました(20131218)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 肉典食堂 1号店
日本のTVでも紹介された東大門近くの大人気...
2 世宗マウル飲食文化通り
下町情緒溢れる、景福宮横の知る人ぞ知るグ...
3 韓国のリアル恋愛事情-現実問題編
浮気の基準やいらない...
4 「ロイヤルホテルソウル」宿泊体験
老舗の貫禄!高い顧客...
5 東明社(光熙市場内)
東大門で日本人に人気のレザー店!ずっと使...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
16.11.30
韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
16.12.01
ソウル広場に明るく輝くツリー登...
16.11.28
BEASTが独立 新事務所設立へ
16.11.29
イ・ビョンホンが主演俳優賞
16.11.26
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.02(金)
もっと見る
すごい量だよ!韓国中華 12/02
価格、品質共に安心なお店です 12/01
人が少なくて良かったです 12/01
プルコギとイカ炒め、ハナハナ... 12/01
夜景が素晴らしい。 12/01
博多⇔釜山ビートルでGo! 11/30
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]