韓国旅行「コネスト」 徳寿宮|市庁・光化門(ソウル)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

徳寿宮

トクスグン / 덕수궁
コネスト 投稿
4.9 エリアソウル > 市庁・光化門 店ジャンル 古宮 観覧時間の目安1.0 時間
お気に入りに追加(407人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
多くの建物が破壊されるという、悲しい近代歴史を刻み込んだ王宮
韓国の5大王宮の一つ徳寿宮(トクスグン)。ソウル市庁横の高層ビルがそびえ立つビジネス街にあり、一種のオアシス的な空間で、昼休みはサラリーマンも散歩していたりします。元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅でしたが、朝鮮時代中期に臨時に王の居所がここに移されて、宮殿としての性格を持つようになりました。建物のほとんどは伝統的な韓国の様式ではなく、西洋の建築が多いです。国の公式行事をつかさどった東洋式の建物や水時計の一部、伝統的な鐘もあります。正門である大漢門の前で王宮を守る兵士たちの勤務交代式も再現されています。
コネストからのお知らせ
・石造殿大韓帝国歴史館の地下と1階、及び重明殿は補修工事のため観覧できません。工事終了予定は2016年12月31日です(20161104)
韓国の5大王宮の一つ徳寿宮(トクスグン)。高層ビルがそびえ立つビジネス街にあって、都会のオアシス的存在でもあります。観光客だけでなく、昼休みはサラリーマンが散歩しており、休みの日にも老若男女問わずたくさんの人が訪れます。
徳寿宮の歴史
徳寿宮は元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅でしたが、朝鮮時代中期、豊臣秀吉による壬辰倭乱(文禄・慶長の役)が起こり、ソウルのほとんどの宮殿が破壊されました。そのときに一時的に王の居所がここに移され、以来、宮殿としての性格を持つようになりました。

徳寿宮の建物のほとんどは伝統的な韓国の建築様式ではなく、西洋の建築様式によって建てられたものです。19世紀以後、新しい西洋の文明が朝鮮に入るようになり、朝鮮の国力は衰えるようになりました。そして、王朝の象徴であった徳寿宮も壊されてしまいました。現在は美しく整備されましたが、朝鮮末期、まだ国力が微弱だった朝鮮の悲しみが深く染み込んだ王宮と言えるでしょう。
宮内の史跡
大漢門(テハンムン) 地図青1
徳寿宮の入口。もともと徳寿宮の正門は大漢門ではなく、仁化門(インファムン)でした。しかし、1900年代に大漢門の周辺にいくつかの道路が作られ、交通の便がいい大漢門が次第に正門として利用されるようになりました。

ほかの宮殿の正門と同じように軍事査閲式や集会などが行なわれる広場もありましたが、大漢門が正門としての役割を担うにつれて、仁化門は使われなくなり、広場も自然に廃れていきました。
禁川(クムチョン) 地図青2
大漢門から入るとすぐのところに橋が見え、その下には小さい池があります。今はもうその姿はとどめていませんが、ここには当時宮殿と正門の間を流れる川がありました。禁川と呼ばれるその川は、その跡だけを今に残しています。橋の前には、「大小人員皆下馬」と書かれた石碑があり、高い地位にある人もまた逆に低い地位にある人も、この前を通るすべての人々は馬から降りろという意味です。王の前では、どんな人も敬虔な気持ちを持ち、静粛にしなければならないということです。
中和殿(チュンファジョン) 地図青3
昔のままの姿がよく保存されている中和殿は、徳寿宮の中枢として国の公式行事を司どったところでもあります。内部の天井には2匹の龍が描かれていますが、この爪の数は7本となっています。これは龍の爪の数が中国、韓国を問わず大部分が5本で王を表すのに対し、7つは皇帝を象徴します。

毎週火・土曜9時から17時まで、一般開放されており中の様子を伺うことができます。中は狭いので20人以上の場合は順番に観覧します。写真撮影や飲食物の持ち込みは禁じられています。
徳弘殿(トクホンジョン) 地図青4
徳弘殿は1911年に建てられ、王が外国の使臣や高位官僚と接見する際の接見所としての役割を果たしてきました。日常生活が行なわれたところではないので、韓国の家には欠かせないオンドルはなく、木の床であることが特徴です。

朝鮮末期に入ってきた西洋文明の影響を強く受けた内部装飾が目を引きます。
咸寧殿(ハムニョンジョン) 地図青5
咸寧殿は王の寝室として使われていました。「咸寧」という名前は、朝鮮時代の王、高宗(コジョン)が国の平安を祈願し付けた名前で、中心を境に東側は皇帝の部屋、西側は皇后の部屋になっています。朝鮮末期の王、純宗(スンジョン)は即位した頃、ここで生活をしていたとも伝えられています。
静観軒(チョングァンホン) 地図青6
西洋の趣きをかもしだしている建物、静観軒。朝鮮時代の王、高宗が宴会をしたり、くつろいだりした場所だといわれています。この建物の裏にはロシア公園に通じていた狭く長い秘密地下通路が今も残っています。

ロマネスク調の屋根に赤レンガのテラス、花模様でかざられた柱など、伝統文化財であるにもかかわらず、異国的な雰囲気の建築物で、一時期一般向けの喫茶店として開放されたこともありました。
即祖堂(チュッチョダン) 地図青7、昔御堂(ソゴダン) 地図青8
王のいる建物には必ず建物の名前に「殿」という字が入ります。しかし、ここ即祚堂と昔御堂は王の即位式を行なったにもかかわらず、「殿」ではなく「堂」という字です。最初にここで即位式を行なった王は、権力を用いて半ば強引に王位を継承しました。その時、正殿ではなくここ即祚堂で即席の即位式を行なったため「殿」がついていません。即祚堂の隣にある昔御堂は、徳寿宮の中で唯一2階建ての建物です。

その昔、王が滞在した建物だという推測だけがあり、その由来については知ることができません。しかし朝鮮後期以降徳寿宮の代表的な建物として扱われてきました。
即祚堂
即祚堂
昔御堂
昔御堂
石造殿 大韓帝国歴史館(ソッチョジョン テハンジェグッヨッサクァン) 地図青9
西洋式の建物である石造殿 大韓帝国歴史館は1900年イギリスの指導の下に作られたもので、朝鮮末期に王が住んでいた宮殿。建物は東館と西館に分かれており、日本統治時代に東館は日本近代美術を展示する場として、西館は朝鮮古美術を展示する場として用いられていました。1953年以降は王室で使われていた品々や歴代王の肖像画などを展示した宮中遺物展示館として運営。1998年に西館は徳寿宮美術館(国立現代美術館分館)として再編成され、韓国近代美術展や海外作家の企画展などが行なわれています。また、2014年10月に復元工事が完成し、「石造殿 大韓帝国歴史館」として再び一般公開されました。

※地階は予約せずに自由観覧可能
※1・2階の観覧はインターネットにて要予約。1日8回(週末は13回)、各回定員20人(満65歳以上のお年寄り、外国人は予約なしで毎回先着5人まで入場可能)。
鐘(チョン)、自撃漏(チャギョンル) 地図青10
徳寿宮の出入口である光明門(クァンミョンムン)とともに展示されている梵鐘は、韓国伝統の鐘の形をしており、朝鮮時代には時間を知らせる役割を果たしました。鐘が鳴れば城門を開けて人々の通行を許可していました。自撃漏とは時計のことで流れる水の量とその落差を利用して時間を知らせた水時計です。アラーム機能も備わっていたと言われています。しかし、今残っているのは真鍮と円筒だけでその原型をとどめておらず、この時計が水を使ってどのように時間を知らせたのかについてはいまだに謎のままです。
重明殿(チュンミョンジョン) 地図青11
重明殿は1897年に王室図書館として建設され、3年ほどは王・高宗の執務室・外国使節の謁見室としても使用されたロシア風の建物です。そして1905年、日本が韓国に強要した不平等条約「乙巳勒約(第二次日韓協約)」が締結され、高宗が外国にその真実を知らせるためハーグ特使派遣を決めた場所でもあります。植民地時代には日本によって破損され、外国人クラブとして使用されては民間に売却されるなど悲しい運命を辿りました。その重明殿の原形が、日韓併合100年である2010年、105年ぶりに復元されました。重明殿内部は無料で一般公開されています。

※休館日:毎週月曜・旧正月・秋夕(チュソク)の当日
※観覧時間:平日10時~13時自由観覧(ガイドなし)、 13時、14時、15時、16時予約観覧(ガイド付き(韓国語))、週末は10時、11時、13時、14時、15時、16時予約観覧(ガイド付き(韓国語))、旧正月・秋夕当日を除く連休日は10時~17時(16:00まで入館可)
徳寿宮の名物行事
守門将交代儀式
徳寿宮の正門である大漢門の前で、王宮を守る兵士たちの勤務交代式の再現が行なわれています。この王宮守門将交代儀式は1995年から伝統文化復元行事の一環として実施されてきた王宮の伝統儀式の一つ。儀式順序、服装および号令まですべて徹底した考証に基づいて行なわれていて、外国からの観光客もとても興味深そうに観覧しています。儀式は韓国語、英語、日本語で説明されます。

※交代儀式における騎馬隊の登場は2011年3月をもって終了しました。
徳寿宮とあわせて有名なのが、すぐ隣にあるトルダムキル(石垣道)。四季折々で違った雰囲気を楽しめますが、特に秋の紅葉シーズンには道がイチョウの葉で一面黄色に染まり、大変美しいです。デートコースとして人気ですが、カップルで歩くと別れるといったジンクスも。
徳寿宮の四季
四季を感じさせてくれる場所であり結婚式の写真撮影にもよく使われています。写真スポットが盛りだくさんなのでカメラを忘れずに!
料金
大人 満25歳以上 1,000ウォン
子ども 満7歳以上、満24歳以下 500ウォン
※満6歳以下、満65歳以上(要身分証)は無料
※韓服を着用時は無料
※統合観覧券(10,000ウォン、有効期間1カ月)を購入すると、4大宮(景福宮、昌徳宮(後苑含む)、昌慶宮、徳寿宮)と宗廟を観覧可能です。
基本情報
店名 徳寿宮
住所 ソウル特別市 中区 貞洞 5-1
(서울특별시 중구 정동 5-1)
[道路名住所]

ソウル特別市 中区 世宗大路 99
(서울특별시 중구 세종대로 99)
電話番号 02-771-9955
Eメール なし
営業時間 9:00~21:00※入場は閉園時間1時間前まで
休業日 月曜日(ただし祝日と重なった場合は開館)
日本語
その他外国語 英語 中国語
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄1号線市庁(シチョン、City Hall)駅 2番出口 徒歩1分
関連サイト deoksugung.go.kr
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子用トイレ、車椅子・電動車レンタル無料
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 ・日本語表示:あり
・日本語無料ガイド:あり(火~日 9:30~/16:00~)
※要予約(団体のみ)
※集合場所:大漢門入って10~20歩直進すると左側に見える灰色の案内板の前
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.10.11
にゃあごろうさん
クチコミ

2016.10.11
にゃあごろうさん
クチコミ

2016.2.7
テキプリさん
クチコミ

2015.7.31
うんひょくさん
クチコミ

2015.7.31
うんひょくさん
クチコミ

2015.7.31
うんひょくさん
クチコミ

2015.7.31
うんひょくさん
クチコミ

2015.6.7
maiko3150さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
にゃあごろうさん 2016.10.11
息子2人と母1人の韓国の旅。(10月8日から2泊3日)
儀式の間に『韓国の伝統衣装を着せてもらえる体験ができる。』
と、コネストの記事で知って息子達に内緒で体験させようと連れて行きました。
ただ、着せてもらうつもりが、上の子が儀式に参加するよう薦められました。
名前も紹介され太鼓をたたかせていただき、見学していた方達から暖かい拍手をもらいました。貴重な体験ができました。
つづきを読む
うんひょくさん 2015.7.31
いつも気になりながら、守衛の兵隊さんと写真を撮るだけでした。
でも今日は、蝉の鳴き声と緑の香りに引き込まれて、入って正解!!!
カフェで池を眺めながら、風も気持ち良く2時間居てました。
あまりにも心地よく寝そうになりました!
歴史の勉強にもなります!
門の向かって右側にパンフレット売ってます!¥50くらいなのであったら勉強になります^_^
つづきを読む
maiko3150さん 2015.6.7
2015/05/26 9時ごろに訪問しました。

入場券を購入し、日本語ガイドの時間を確認すると、9時30分からとのことだったので、しばらく中を散策した後で参加しました。

ガイドさんは、穏やかな雰囲気の方で、徳寿宮の歴史や建物の来歴、隠れた見所など、説明もお上手で大変勉強になりました。


徳寿宮には、古宮の中に西洋風の建物である「石造殿 大韓帝国歴史館」があり、地階は小さな博物館になっています。
また、1階と2階は創建当時の内装やインテリアが再現されていて、時間制で一般に公開されています。

ガイドさんによると、通常はインターネットからの事前予約が必要ですが、外国人観光客にとっては予約するのが難しいため、各時間ごとに、先着5名まで当日受付が可能とのことでした。


せっかくの機会なので、思い切って申し込もうと受付を探したのですが、見当たりません。
1階の部屋の窓が開いていて、担当者らしき女性がいたので、聞いてみたところ建物の左側のほうを指し示されましたが、それらしいところが見当たらず、あたりをウロウロしていました。
もしやと思い1階の門を開けてみたら、中にカウンターがあって先ほどの女性が座っており、当日受付をしていて一安心です。

受付で、用紙に氏名を書いて日本人であることを伝えたところ、時間の10分前に1階のロビーまで集合してくださいと言われました。


いよいよ集合時間となったのでロビーに行き、上履きに履き替えてから室内に入ります。
中は豪華な装飾が施されており、家具や調度品も当時の様子が再現されていました。

ここから、ガイドさんの案内で内部を閲覧しますが、私には日本語の音声ガイドが渡されて、部屋ごとに設置されている案内板の番号を入力すると、日本語の案内が聞ける仕組みになっていました。

内部の家具は当時のものではなく、イギリスの家具メーカーが協力し、当時の写真などをもとに歴史的な考証を経て再現されたものだそうで、基本的には新品です。

ただ、2階へ上がる階段の手すりは当時のものらしく、王様が触っているかもしれないとガイドさんが説明すると、一緒に参加していた子供たちは、しきりに触っていました。

大体40分ぐらいで、1階と2階を行き来しながら案内してもらいましたが、かつての雰囲気が感じられて、面白かったです。


徳寿宮のホームページによると、石造殿の閲覧時間は、平日:1日10回、週末:1日14回、祝日:6回 と、回数も多いので、スケジュールにあわせて参加できそうです。
先着5人に入れるかは運次第ですが、早めに行けば大丈夫だと思います。
つづきを読む
徳寿宮風流 (返信: 0 )
mitumechanさん 2014.6.9
6月5日から始まった徳寿宮風流に行ってきました。初日ということで見物客が多く静観軒の
外からの見学でしたが最高でした。
入場料w1,000だけで見学できると言うので出演者を期待していなかったのですが、
なんと、司会はパンソリのパク・エリ氏!
5日はサムルノリ演奏の日だったのですが、中盤でパク・エリ氏が『・・・・・イ・グアンス先生・・・・・』と(ちなみに私は韓国語は単語しか聞き取れません)話出しました。
『んんん、イ・グアンス??キム・ドクス?』と友人に話しつつまともに見ていなかったパンフレット(ハングルです)を確認するとサムルノリの第一人者が出演です。CDまで出している方が
出演とは驚きです。
すばらしい演奏をノリノリで堪能しました。
ちなみに、今月第2、3木曜日はパク・エリ氏が司会です。毎週演目は変わります。
時間のある方はぜひ参加してみてください。価値のある公演です。
つづきを読む
徳寿宮近辺散策 (返信: 0 )
Pappinsuさん 2014.5.30
MISOを観に行く前に、徳寿宮で行われる交代式を見ました。威厳ある交代式でした。その後、徳寿宮の敷地内へ...ビル群の中の古宮。ここだけ、まったりと時間が流れているようでした。
光明門の近くの日陰のベンチに腰掛け、光明門の鮮やかな色彩に見とれたり、風が心地よく、本を読みながらまったりして過ごしました。とても穏やかな気持ちでした。

ランチタイムを外すつもりで、まったりしていました。外して正解! 空いてましたw
市庁駅近くのシボンチブでヤンタンパプルコギを食べ、その近くのスタバで、まったりとし、貞洞劇場への素敵な石畳道を歩きました。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
明成皇后ゆかりの宮殿
宮中婚礼「嘉礼」の再現行事も行...
朝鮮王朝歴代王と王妃の位牌を祀...
景福宮の慶会楼で、朝鮮時代の国...
五大古宮の中で最も西側に位置し...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット エステ 美容医療
国立現代美術館 徳寿宮館
市庁エリアに位置する近代美術専門美術館
(101.12m)
聖公会ソウル聖堂
ソウル市有形文化財指定。徳寿宮そばの小道に佇むロマネスク式聖堂
(163.38m)
貞洞劇場「YOULL(ユール)」
貞洞劇場待望の新作!ダイナミックな創作英雄伝
(183.1m)
王宮守門将交代儀式
徳寿宮と景福宮で連日開催中!迫力の伝統文化再現行事
(198.44m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
24ゲストハウスソウル市庁
ソウル (南大門近く) に位置する24 ゲストハウス ソウル シティ ホールは、国立近代美術...
6,700円~
クチコミ評価  ―  (0件)
コリアナホテル
ソウルの中心部に位置するコリアナ ホテルは、韓国金融史博物館、ソウル ファイナンス ...
22,290円~
クチコミ評価 4.1 / 93件
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
行列の焼肉店、明洞ホテルの宿泊レポなどTOP5
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
もっと見る
掲載日:06.06.02   最終更新日:16.10.28 (更新履歴
・一部施設閉鎖について告知を上げました(20161028)
・無料開放について告知を上げました(20160502)
・日本語ガイド情報を更新しました(20160502)
・無料開放について告知を上げました(20150630)
・料金情報を変更しました(20150409)
・一部記事内容を変更しました(20141013)
・料金情報を更新しました(20130816)
・電話番号を更新しました(20130220)
・支払方法を更新しました(20120905)
・料金、予約、日本語、その他外国語情報を更新しました(20120504)
・日本語無料ガイド集合場所情報追加(20120208)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 通仁スイーツ 本店
チャンミンも訪問した、かわいいタルトが人...
2 EXOの行きつけ&関連グルメ店まるわかり
「EXO-L」必見!EXOの残...
3 OUR Bakery
芸能人にも人気!狎鴎亭のオシャレなベーカ...
4 healing on the MEDIHEAL
韓国シートマスク人気ブランド「メディヒー...
5 韓国の大学生活で驚いた14のこと
飲酒も勉強も24時間?...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
16.12.02
女優ハン・ガイン育児専念の近況
16.12.05
危うい世界1位の韓国免税店事業
16.12.05
韓国人が最も好きな広告モデルは...
16.12.08
デモ行進、きょう青瓦台に接近
16.12.03
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.09(金)
もっと見る
安東市、絶品クッパ 12/09
上質なケーキを韓国で 12/08
綺麗なシャンペンボール♪ 12/07
明洞駅から東大門までのバスについて 12/07
メインメニューの手作りカレー... 12/07
新世界の名にふさわしい、広い... 12/06
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]