韓国旅行「コネスト」 水原華城|水原(京畿道)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

水原華城

スウォンファソン / 수원화성
コネスト 投稿
4.9 エリア京畿道 > 水原 店ジャンル 寺・史跡・名所 観覧時間の目安2.5 時間
お気に入りに追加(513人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
壮大な城壁に囲まれた朝鮮王朝後期の都城
ソウルから車・地下鉄で約1時間の京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市の中心部を取り囲むようにして建つ壮大な都城が「華城(ファソン)」。朝鮮王朝後期の1794年、第22代王・正祖(チョンジョ)が父を悼み、2年8カ月かけて造りました。朝鮮古来の築城法に加え、石とレンガの併用といった西洋の近代的な建築技法を清(中国)から導入し、優れた機能性と建築美を兼ね備えさせました。建築史的にも高い価値を有する城郭としてユネスコ世界文化遺産に登録されています。総面積130ha(東京ドーム約28個分)、全長は5.7kmです。
※映像は韓国文化財財団提供。韓国文化財財団のサイトにリンクするため、映像再生に時間がかかる場合があります。
東洋の城郭史に残る貴重な世界遺産「華城」
ソウルから車・地下鉄で約1時間の京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市。その中心部を取り囲むようにして建つ壮大な都城が「華城(ファソン)」です。朝鮮王朝後期の1794年、第22代王・正祖(チョンジョ)が政争により悲運の死を遂げた父を悼み、2年8カ月の歳月をかけて造り上げました。
設計は当時盛んだった実学(現実生活に役立つ実用的な学問)を若くして究めた丁若鏞(チョン・ヤギョン)が担当。朝鮮古来の築城法に加え、石とレンガの併用といった西洋の近代的な建築技法を清(中国)から導入・活用し、優れた機能性と建築美を兼ね備えました。当時の工事記録も完全な形で現存しており、建築史的にも高い価値を有する城郭としてユネスコ世界文化遺産に登録されています。
華城築城の立役者、丁若鏞と実学者たち
挙重機(水原華城博物館内)
挙重機(水原華城博物館内)
総面積130ha(東京ドーム約28個分)、城壁の全長は5.7kmにも至る華城。10年はかかると見られていたこの巨大な計画都市をわずか3年足らずで築き上げた影には、丁若鏞をはじめとする実学者たちの存在がありました。設計者の丁若鏞は築城にあたり、滑車やテコの原理を利用して重いものを持ち上げる現代のクレーン、「挙重機(コジュンギ)」を発明。また建築資材を規格化し運搬しやすくするなど、実用的かつ画期的な工事手法をいくつも編み出しました。こうした実学精神に基づいた知恵と工夫は、大幅な工期短縮だけでなく、民衆の労を軽減したり経費節減にもつながったと言います。
華城西側・東側エリア、華城行宮の見どころ
華城には、城壁に沿って東の蒼龍門・西の華西門・南の八達門・北の長安門からなる4大門や砲台、やぐら、楼閣など41の建造物が現存しています。日本による植民地時代や朝鮮戦争(韓国では韓国戦争)を経るなかで時に大きな被害にも遭いましたが、70年代に政府の計画により復元・改修されました。八達門の西側をめぐる最短コースの「西鋪楼(ソポル)~華西門(ファソムン)」と、東側の「蒼龍門(チャンリョンムン)~東将台(トンチャンデ)」の主な見どころをご紹介しましょう。

華城西側(西鋪楼~華西門)の主な見どころ
西鋪楼(地図青1)
前方・左右から接近する敵や城壁づたいに侵入しようとする敵を防御できるよう、外側に突出する形で造られた雉城(チソン)。その雉城の上に建てられ軍事待機所のような役目を果たしたのが「鋪楼(ポル)」です。西鋪楼(ソポル)は西将台の南側に位置し、楼閣に設けられた板門には弓を発射したり敵の様子を見張ったりするための穴が空けられています。
孝園の鐘(地図青2)
口径約2m、高さ約4m、総重量は12.5トンに達する大型の鐘が「孝園の鐘(ヒョウォネチョンガッ)」です。正祖の孝の精神を称えるとともに、家庭と国の平安を祈願するために造られました。願い事をしながら3回鐘を打つと願いが叶うと言われています。2名以下、3回打鐘1,000ウォン。
西弩台(地図青3)
西将台の後ろにある西弩台(ソノデ)は、レンガ造りの8角形をした防御施設。弓の一種である製弓(矢を連続発射できる武器)を射る場所として造られました。西弩台に上ると城の西側を見下ろすことができるため、城外の敵の動きを味方に告げる機能もありました。
西将台(地図青4)
将台とは将官が軍事を総指揮する場所で、華城には東西に1つずつあります。「華城将台」とも言われる西将台(ソジャンデ)は、四方を見下ろしながら指揮できるよう西側で最も高い場所に建てられています。2階建て構造で優れた建築美にも注目。また水原ワールドカップ競技場や華西門も眺められ、景色も抜群です。
華西門(宝物403号) (地図青5)
華城の西側の大門。東の蒼龍門とほぼ同じ規模と構造をしており、アーチ型の積石の上に建っています。門の正面にはレンガで築かれた半月型の甕城(おうじょう、城門を守るための小さな城)を設け、防御効果を2倍に強化しています。
華城東側(蒼龍門~東武台)の主な見どころ
蒼龍門(地図緑1)
水原華城の東門として1795年に建立した蒼龍門。積石のアーチ型の門の上に楼台が建っています。蒼龍門の外城である東甕城は17.2mあり、14の銃眼があります。門のそばには弓道広場も設けられています。
東将台(地図緑2)
兵士に軍事を指揮した場所で、西将台同様、城内を見下ろしながら指揮できるようにと高い場所に建てられています。また、兵士たちが武芸の練習を行なった場所でもあり、練武台(ヨンムデ)とも呼ばれています。
東北角楼・訪花随柳亭(宝物第1709号)(地図緑3)
水原華城周辺の監視という軍事的な目的だけでなく、周りの景観も楽しむことができる東屋の機能も果たした東北角楼(トンブッカンヌ)・訪花随柳亭(パンファスリュジョン)。独特な平面と屋根の形をしており、見る場所によって異なる姿を目にすることができます。18世紀の優れた建築技術が見られる貴重な資料として歴史的、建築的、芸術的な価値が認められ、宝物にも指定されています。
華虹門(地図緑4)
7つのアーチ型の門がある石橋の上に楼閣が建っており、川の氾濫や敵の侵入を防御する役割を果たしました。7つの水門から溢れ出る水しぶきが虹のように輝いて見えることから 華虹門(ファホンムン)と呼ばれ、水原八景にも選ばれています。
城郭沿いの旗に注目
城郭を歩いていると目につく、等間隔に配置された旗。しばらく歩みを進めると旗の色にも何色かあることに気づきます。実はこの旗は巡視の兵士の立ち位置で、北は黒、南は赤、東は青、西は白、という風に色によって現在地の方角を表しているのです。ちなみに華城の中心に位置する華城行宮には黄色の旗が立てられています。城郭に沿って散策の際は、ぜひチェックしてみてください。
華城行宮の主な見どころ
行宮(ヘングン)とは、王が地方への行幸の際に宿泊した臨時の宿のこと。正祖は父の墓地を水原に移すにあたり、ソウルからの重要な経由地にいくつかの行宮を設置しましたが、華城行宮はその中でも規模や機能面で最も秀でたものと言われています。正祖は11年間に12回、水原への墓参りを行いました。日本植民地時代に洛南軒(ナンナムホン)以外の建物が破壊された華城行宮ですが、1996年の水原華城の建立200周年を機に工事が開始されました。また、華城行宮はイ・ヨンエ主演の人気ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」や時代劇の「イ・サン」「雲が描いた月明かり」のロケ地としても有名です。
新豊楼(地図赤1)
華城行宮の正門、新豊楼(シンプンヌ)は1790年に建てられました。1795年にはこの新豊楼の前で正祖がじきじきに華城内の百姓たちに米や粥を分け与えたそう。
中陽門(地図赤2)
中陽門(チュンヤンムン)は正殿の奉寿堂を敵から防御するために設けられた門。中央・左右の門からなり、1790年に完成しました。
奉寿堂(地図赤3)
華城行宮の正殿にあたる奉寿堂(ポンスダン)は1789年に建てられました。1795年に正祖が母・恵慶宮(ヘギョングン)の還暦祝いの宴を盛大に開催した場所でもあります。日本植民地時代に破壊されましたが1997年に復元されています。
長楽堂(地図赤4)
1794年に完成した長楽堂(チャンラッタン)は、翌年の行幸の際に恵慶宮の寝殿として使用された建物です。
福内堂(地図赤5)
福内堂(ポンネダン)は正祖が華城を訪れた際に滞在した場所で、1794年に完成。
唯与宅(地図赤6)
行幸などがある際に正祖が寝泊りし過ごした場所で、臣下を出迎える際にも使われました。建立当時は隠若軒(ウナッホン)と呼ばれていましたが、1976年の増築の際に現在の名称である唯與宅(ユヨテッ)に変更になりました。
華城見学の際は歩きやすい服装・靴がおすすめ
城壁に沿って一周すると約2時間半かかるため、予定や体力に合ったコースを選択するのが良いでしょう。また上り下りの階段も所々にあるため、歩きやすい服装・靴で見学することをおすすめします。広い華城の各スポットを便利に立ち回れるよう、観光車両「華城御車(旧・華城列車)」も運行されているので、車窓から華城見物を楽しむこともできます。そして散策をたっぷり楽しんだ後は水原名物のカルビに舌鼓を打ってみても良いですね!
華城御車(旧・華城列車)
※2016年10月25日より、華城列車が華城御車へ名称が変わり、運行形態が変わりました。
水原華城をより便利にできる観光車両が「華城御車(ファソンオチャ)」で、華城内の各スポットを1周します。2箇所のチケット売場どちらかで車両チケットを購入すれば各停留所で自由に乗り降りができます。チケット売場が無い停留所では、チケットを所持していない人は乗車できませんのでご注意ください。

運行時間
【錬武台チケット売場発】(地図)
9:50、10:20、10:50、11:20、11:50、13:15、13:45、14:15、14:45、15:15、15:45、16:15、16:45、17:15
【華城行宮チケット売場発】(地図)
9:50、10:15、10:45、11:15、11:45、13:10、13:40、14:10、14:40、15:10、15:40、16:10、16:40、17:10

運行区間(1周)
錬武台(ヨンムデ)華虹門(ファホンムン)華西門(ファソムン)八達山(パルタルサン)華城行宮(ファソンヘングン)八達門伝統市場(パルタルムンチョントンシジャン)水原華城博物館(スウォンファソンパンムルグァン)⇒錬武台
※各リンクをクリックすると、地図ページにて位置を確認できます。

運休日:雨・雪の日、1月1日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休

運賃:大人3,000ウォン、中高生2,000ウォン、小学生以下1,000ウォン
料金
水原華城 大人1,000ウォン
中高生700ウォン
小学生500ウォン
華城行宮 大人1,500ウォン
中高生1,000ウォン
小学生700ウォン
このスポットに訪れる現地ツアー
水原華城+民俗村 1日ツアー
歴史好きにおすすめ!世界遺産の水原華城と民俗村の1日充実コー...
99,000ウォン
龍仁大長今パーク(旧 MBCドラミア)ツアー
時代劇のヒットメーカーMBCの大規模セット場。運がよければロケに...
70,000ウォン64,900ウォン
世界遺産~昌徳宮・宗廟・水原華城~1日ツアー
見ごたえ十分、ソウル市内近郊世界遺産3ヶ所を一日でめぐるコー...
99,000ウォン
利川(イチョン)陶磁器観光+民俗村 1日ツアー
陶芸の里、利川見学+民俗村がセットになった1日充実コース!
145,000ウォン
水原華城 午前ツアー
世界遺産の壮大な城郭を半日で。チャングムの撮影地となった建物...
55,000ウォン
基本情報
店名 水原華城
住所 京畿道 水原市 八達区 南昌洞 68-5
(경기도 수원시 팔달구 남창동 68-5)
[道路名住所]

京畿道 水原市 八達区 行宮路 18
(경기도 수원시 팔달구 행궁로 18)
電話番号 031-228-4677(華城行宮券売所)
Eメール なし
営業時間 夏季(3月~10月)9:00~18:00、冬季(11月~2月)9:00~17:00 ※4大門(蒼龍門・華西門・八達門・長安門)の営業時間。その他の時間は無料で散策可
休業日 年中無休
日本語 一部スタッフ可
その他外国語 不可
支払方法 ウォン
交通 ・地下鉄1号線水原(スウォン、Suwon)駅 9番出口 タクシー約8分
・地下鉄2号線江南(カンナム、Gangnam)駅 7番出口 水原行き3000番バス乗車 八達門停留所下車(約1時間)
関連サイト japan.swcf.or.kr
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子用トイレ
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 ・FAX番号:031-251-4402
・日本語表示:あり(日本語パンフレットあり)
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.10.15
くるみあんぱんさん
クチコミ

2016.10.15
くるみあんぱんさん
クチコミ

2016.10.15
くるみあんぱんさん
クチコミ

2016.10.15
くるみあんぱんさん
クチコミ

2016.10.15
くるみあんぱんさん
クチコミ

2016.7.8
maiko3150さん
クチコミ

2016.7.8
maiko3150さん
クチコミ

2016.7.8
maiko3150さん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
atsukohimeさん 2016.11.4
華城列車は錬武台~華城行宮~八達門~市場~錬武台のぐるっと一周コースのみになっていました。
華城行宮から山登りをしなければ行けなかった以前の八達門乗り場は無くなり、急な坂道をバスに乗ったまま下ります。行宮のとなりの駐車場で降りることもできます。降りると行宮の見学ができ、降りなければ八達門をぐるっとまわって市場の横を通って一般道を通り、錬武台に戻ります。45分かかり、毎時15分発だったと思います。
車内で韓国語、中国語、日本語、英語で説明がきけるように、イヤホンジャックが各席に設けてありましたが、イヤホンの貸出はありませんので、自前で持って行くといいと思います。
列車自体も、前の龍の形ではなく、シンプルな車に変わっていました。
つづきを読む
くるみあんぱんさん 2016.10.15
コネスト記事で見た気球に乗るため水原華城に行ってきました。

壁城はずいぶん前にがっつり歩いてまわったので今回はこの「フライング水原」とチキン目的での訪問です。

お客さんは平日のお昼前で私たちを含めて10名程と少なかったです。

風がない穏やかな日だったのですが、ドーナッツ状のゴンドラ内を皆さん移動して写真を撮っていたので、人が偏ると結構斜めになりちょっと怖かったです。

上空からの眺めは特に感動するものではありませんが、ゆったり華城と水原の街を眺められたので行ってよかったです。
つづきを読む
ぶらぶらソウルさん 2016.9.17
 三度目の訪韓でやっと行くことが出来ました。

 真夏のような日差しの中、八達門からず~っと歩きました。時折吹いてくる風が心地よく、美しい景色を眺めながらのウォーキングは今回一番の体験でした。
 お昼に食べたカルビも美味しかったですよ!

 交通は、ソウルからのんびり地下鉄で。途中乗り換えになり、別のホームに移動するところでもたもたしてしまいました。
 水原に着いて観光案内所でバスを教えてもらい移動したのですが、帰りに乗ったバスが1時間乗っても駅に着かないというトラブル発生。結局、最寄りの地下鉄の駅を探して帰りました。700-2というバスには乗らないでくださいね。ちなみにこのバスも案内所で教えてくれたバスなんですが・・・乗るときに、一言運転手さんに確認するべきだったと思っています。

 何はともあれ、全てひっくるめて良い思い出になりました。
つづきを読む
tamepyonさん 2016.9.12
9月7日に行きました。
午後1時頃、ソウルからムグンファ号に乗って30分ほどで、水原に到着。
観光案内所でバス停を聞きました。
親切な方で、行きのバスの番号だけでなく、散策コースと帰りのバス停とバスの番号まで地図に書き込んで教えてくれました。
散策コースは、自分が考えていたものと違うので、スルーしましたが・・・
帰りのバス停とバスの番号は役立ちました。

バスに乗って10分ほどで八達門到着
案内所で総合チケットの料金を払い、シールをもらいました。
このシールで、行宮、博物館も入れます。

過酷な坂と階段を上りました。
口コミにあるようにほんとにしんどい!!

西南暗門➡孝園の鐘➡西将台➡行宮の駐車場に続く階段と坂を下りました。
行宮を見る前に博物館に行き、そして行宮に行きました。
行宮➡華虹門➡長安門➡華西門 城郭沿いではなく、下の道を歩きました。
ちょうどライトアップの時間になり、つぎは城郭沿いを歩きました。
華西門➡長安門➡華虹門➡東北角楼➡東将台➡蒼龍門  
(東将台はライトアップしてません)

世界遺産石碑は2か所あって、蒼龍門の案内所のそばと孝園の鐘に行くまでにありました。
蒼龍門のほうはライトアップされてます。

すごく歩きましたが、満喫できました。
つづきを読む
maiko3150さん 2016.7.8
2015/12/30 9時ごろ、大田からムグンファで水原へ向かい、水原駅から歩いて水原華城へ行きました。

水原駅から水原華城へは徒歩で30分弱ぐらいですが、水原市内を一望できる山の上にあり、近づくにつれてやや急な登り坂が続くのでちょっとしんどかったです。

京畿道庁のある南側の入口からウォーキングしていた現地の方の後ろをついて、城壁のすぐ外側にある小道を進んでいきましたが、ところどころ足場が悪かったので、おそらく正式な遊歩道ではないようでした。

ただ、戻るに戻れなかったので、そのまま歩いていき、城壁のある斜面から舗装された歩道へと降りて、城の西、北、東、南と華城を一周しました。
大体、2時間~2時間半ほどでしょうか…

印象深かったのは、重厚な黒い城門と風格のある楼閣に圧倒される「長安門」と、半月状の城壁が美しい「華西門」です。

その後、八達門付近から城門の内側に入り、城壁の上を歩いて半周しましたが、遮るものがないので、青空が近くに感じられて非常に清々しかったです。

ただ、八達門の西にある入口から西へ伸びる道は長い急坂になっており、一番の難所なので足腰に不安のある方にはオススメできません。
かく言う私も、この坂で足を痛めてしまいました。

歩いてみた感想として、一周する場合は、地図上で反時計回りに回るほうが負担は少ないと思います。

ちょっと時間が経った感想でしたが、今年は築城220周年?の年ということらしいので投稿してみました。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
5年3カ月の歳月を経てついに復...
仁寺洞の隣!個性派ショップが並...
自然との調和が見事な全羅南道順...
周辺のお店情報
全て グルメ ショッピング スポット
華城行宮
韓国ドラマのロケでも有名!水原華城の御所
(336m)
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
華城ゲストハウス
スウォンのファソン ゲスト ハウス - ホステルは八達門、華城行宮から 500 m 圏内です。...
3,350円~
クチコミ評価  ―  (0件)
ホテルドノ
スウォンにあるホテル ドノは、華城、華虹門から 500 m 圏内に位置しています。 このホ...
8,510円~
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
空港-ホテルの賢い行き方、明洞の注目ショップなどTOP5
2017年1月初旬まで楽しめる!見渡す限り光の世界!
もっと見る
掲載日:08.11.15   最終更新日:16.11.04 (更新履歴
・華城列車が華城御車に変わり、該当項目を更新しました(20161104)
・無料開放について告知を上げました(20160502)
・ホームページを変更しました(20160228)
・営業時間、電話番号を更新しました(20141014)
・記事内容を更新しました(20130412)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 肉典食堂 1号店
日本のTVでも紹介された東大門近くの大人気...
2 世宗マウル飲食文化通り
下町情緒溢れる、景福宮横の知る人ぞ知るグ...
3 韓国のリアル恋愛事情-現実問題編
浮気の基準やいらない...
4 「ロイヤルホテルソウル」宿泊体験
老舗の貫禄!高い顧客...
5 東明社(光熙市場内)
東大門で日本人に人気のレザー店!ずっと使...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
16.11.30
韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
16.12.01
ソウル広場に明るく輝くツリー登...
16.11.28
BEASTが独立 新事務所設立へ
16.11.29
ASのリジ、日本活動での苦労を告...
16.12.02
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.02(金)
もっと見る
すごい量だよ!韓国中華 12/02
価格、品質共に安心なお店です 12/01
人が少なくて良かったです 12/01
プルコギとイカ炒め、ハナハナ... 12/01
夜景が素晴らしい。 12/01
博多⇔釜山ビートルでGo! 11/30
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]