韓国旅行「コネスト」 DMZ(非武装地帯)|DMZ・板門店(京畿道)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

DMZ(非武装地帯)

ピムジャンチデ / 비무장지대
コネスト 投稿
4.5 エリア京畿道 > DMZ・板門店 店ジャンル 南北境界線・DMZ 観覧時間の目安3.0 時間
お気に入りに追加(27人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
緊張と対立を象徴する観光地も多数。朝鮮半島を東西に横断する軍事緩衝地帯
朝鮮戦争により分断国家の道を歩むこととなった韓国と北朝鮮。今なお両国を分け隔てているのが軍事境界線です。「非武装地帯」を意味するDMZは、この軍事境界線を挟み南北それぞれ2km、幅4kmにわたる地域のこと。京畿道(キョンギド)から、江原道(カンウォンド)まで朝鮮半島を東西に横断する形で存在しています。軍事境界線上にある「板門店(パンムンジョム)」をはじめDMZ内には緊張と対立を象徴する様々な観光地がありますが、見学には申請が必要。旅行者は複数箇所を効率よく観光できるソウル発着のツアーが手軽でおすすめです。
一切の軍事行動が禁じられた南北間の「緩衝地帯」
1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争により、分断国家の道を歩むこととなった韓国と北朝鮮。今なお両国を分け隔てているのが、北緯38度線付近にある軍事境界線です。

「非武装地帯」を意味するDMZ(Demilitarized Zone)は、この軍事境界線を挟んで南北それぞれ2km、幅4kmにわたる地域のこと。1953年に締結された朝鮮戦争の停戦協定により成立しました。

武力衝突を防ぐためDMZ内では武装はもちろん軍隊の駐屯や武器の配置、軍事施設の設置が禁止され、一般人の出入りは統制されます。

一方で、半世紀以上にわたり人の活動による影響を受けていないことから、貴重な野生動物や原生自然の宝庫として知られ、近年はDMZを対象にした学術研究も活発に行なわれています。
2つの道にまたがるDMZと観光可能なスポット
韓国側から見た場合、DMZは京畿道(キョンギド)北部の坡州(パジュ)市から、江原道(カンウォンド)の鉄原(チョロン)郡を通り楊口(ヤング)郡、高城(コソン)郡まで、朝鮮半島を東西に横断する形で存在しています。
ガイド付きのツアーが便利
ガイド付きのツアーが便利
南北分断の現場ともいえるDMZには、軍事境界線上にある「板門店(パンムンジョム)」や北朝鮮が韓国に攻め入るため掘ったとされる「南侵トンネル」など、緊張と対立を象徴する様々な施設の他、手つかずの美しい自然を満喫できるスポットがあります。

しかし一般人の出入統制が行なわれているDMZの特性上、これら観光地の見学は個人参加ができなかったり各種申請が必要です。また、公共交通機関では移動が困難な場所にあるなど、アクセス面でも外国人旅行者には難度が高い場合が多く、DMZ内の複数箇所を効率よく観光できるソウル発着のツアー自治体主催のツアーを利用すると便利です。
京畿道(キョンギド)内の主なDMZ観光地
板門店(パンムンジョム)  地図番号:青1

韓国軍やアメリカ軍を中心とする国連軍と北朝鮮軍が共同で警備を行なう800m四方の共同警備区域(JSA)。政府認定のツアーでのみ訪れることが可能です。

幅20cmほどの軍事境界線を境に、両軍の警備兵が対峙する光景には思わず緊張が走ります。▶ 詳しく見る
UN軍政令部支援隊の駐屯基地

キャンプ・ボニファス
UN軍政令部支援隊の駐屯基地
キャンプ・ボニファス
テーブル下に軍事境界線が通る

軍事停戦委員会本会議場
テーブル下に軍事境界線が通る
軍事停戦委員会本会議場
南北捕虜の送還が行なわれた

帰らざる橋
南北捕虜の送還が行なわれた
帰らざる橋
第3トンネル  地図番号:青2

1978年に発見された南侵トンネル。地下73mにあり軍事境界線200mの距離まで近づけます。見学の際はヘルメットを着用し、入口までトロッコ型シャトルエレベーターで移動します。

個人での見学は不可。ツアーに参加すれば付近の都羅(トラ)展望台や都羅山(トラサン)駅と合わせて回ることができます。
▶ 詳しく見る
都羅(トラ)展望台  地図番号:青3

DMZの韓国側境界線である南方限界線上に建てられた韓国最北端の展望台。晴天の日には望遠鏡を通して板門店や北朝鮮・開城(ケソン)の街並みも眺められます。
▶ 詳しく見る
都羅山(トラサン)駅  地図番号:青4

北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)行き列車の始発駅として建設された韓国最北端の駅。平壌まで205km、開城までわずか15kmの場所に位置します。
▶ 詳しく見る
~申請不要で足を伸ばしやすい!京畿道DMZ付近の平和・統一関連スポット~
臨津閣(イムジンガッ)観光地  地図番号:青5

軍事境界線から南へ約7kmの場所にある大規模平和公園。ソウルから自力で行くことができる北朝鮮に最も近い場所です。朝鮮戦争の戦跡や統一を祈る記念碑、展望台があります。
▶ 詳しく見る
烏頭山(オドゥサン)統一展望台   地図番号:青6

韓国側を流れる漢江(ハンガン)と北朝鮮側から流れてくる臨津江(イムジンガン)の合流地点にある展望台。建物内には様々な資料を通じて北朝鮮の人々の生活が分かる展示空間も。
▶ 詳しく見る
江原道(カンウォンド)内の主なDMZ観光地
~鉄原(チョロン)エリア~
第2トンネル  地図番号:緑1

1975年に発見。全長約3.5km、軍事境界線から南へ約1.1km地点まで到達しており、1時間あたり約3万人の兵力が移動可能だったとされています。鉄原郡と韓国軍の管理下にあり、指定のツアーでのみ見学可能。
▶ 詳しく見る
月井里(ウォルチョンリ)駅 地図番号:緑2

ソウルから北朝鮮・元山(ウォンサン)まで続いていた京元(キョンウォン)線の廃駅。現建物は1988年に復元されたもの。
鉄原平和展望台 地図番号:緑3

DMZやその向こうの北朝鮮の風景を見渡せる展望台。展望台まではモノレールも走っています。
労働党舎 地図番号:緑4

ロシア式の建築様式で建てられた、1946年築造の朝鮮労働党舎。外壁には砲弾跡も。登録文化財第22号。
鉄原エリアのDMZ観光は列車でも!
DMZトレイン」はソウルから鉄原の白馬高地駅までを走る京元線、ソウルから都羅山駅まで走る京義線の2本からなる観光列車。

列車内には鉄道・戦争・生態をテーマにした写真ギャラリーがあり、カフェでは乾パンなど軍用食糧も販売されDMZへ向かう気分を盛り上げます。白馬高地駅到着後は労働党舎などを巡る観光への参加も可能です(現地で見学券販売、要身分証明証)。
運行:京元線は火曜日を除く毎日、1日1本往復運行。京義線は月曜日、祝日を除く毎日、1日1本往復運行。
京元線停車駅:ソウル駅清凉里(チョンニャンリ)駅、議政府(ウィジョンブ)駅、東豆川(トンドゥチョン)駅、漢灘江(ハンタンガン)駅、漣川(ヨンチョン)駅、新炭里(シンタンリ)駅、白馬高地(ペンマコジ)駅
京義線停車駅:ソウル駅、陵谷(ヌンゴッ)駅、文山(ムンサン)駅、雲泉(ウンチョン)駅、臨津江(イムジンガン)駅、都羅山駅
乗車券購入方法:韓国全国の鉄道駅、KORAILホームページ(日本語)
※料金・時刻等の詳細はDMZ観光列車紹介ページ(韓国語)でも確認可
~楊口エリア~
パンチボウル地区  地図番号:赤1

1,100m級の山々に囲まれた盆地。フルーツ入りカクテル「パンチ」を盛り付ける容器に似ていることから命名。朝鮮戦争で熾烈な戦いが繰り広げられた場所として知られています。
▶ 詳しく見る
第4トンネル   地図番号:赤2

1990年に軍事境界線から1.2km地点で発見。長さ約2.1kmで、1時間に3万人が通過できたと言われます。軍人たちの案内で軍事境界線からわずか100m地点まで見学可能です。
▶ 詳しく見る
乙支(ウルチ)展望台  地図番号:赤3

軍事境界線から約1キロ、金剛山(クムガンサン)の尾根に1988年に建てられた展望台。天気の良い日には北朝鮮の警備兵や農民の姿が見えることもあります。
▶ 詳しく見る
頭陀淵(ドゥタヨン)渓谷   地図番号:赤4

2004年に一般公開。美しい自然が残る渓谷で、トレッキング客も多数訪れます。一方で地雷危険区域も残っておりDMZ独特の緊張感と休戦中である朝鮮半島の実状を感じさせます。
▶ 詳しく見る
分断の現実を間近に感じる忘れられない旅に
DMZ一帯では、厳しい眼差しで警備に当たる兵士たちの姿や鋭い有刺鉄線など、目に入るものすべてから休戦状態にあるという現実を突きつけられます。韓国に関心を持ったなら、一度は足を運んでみたいDMZ。朝鮮半島の近現代史を考えさせられる印象深い旅となることでしょう。
このスポットに訪れる現地ツアー
板門店(JSA)ツアー 板門店トラベルセンターコース
【火~金】境界線の真上、分断の現場最前線へ!旅程によって選べ...
8,260円
板門店(JSA)ツアー 中央高速コース
【火~金】境界線の真上、分断の現場最前線へ!ホテルお迎え・軍...
8,260円
DMZ(非武装地帯)ツアー 中央高速コース
【火~日】第3トンネル・都羅展望台など、半島分断の歴史と今を...
5,830円
板門店(JSA)ツアー 国際文化サービスクラブコース
【火・土】境界線の真上、分断の現場最前線へ!週末開催はここだ...
7,490円7,100円
板門店(JSA)ツアー 大韓旅行社コース
【火~金】境界線の真上、分断の現場最前線へ!お迎えサービスOK
8,260円7,000円
DMZ(非武装地帯)ツアー ヨンイル旅行社コース
【火~日】第3トンネル・都羅展望台など、半島分断の歴史と今を...
42,000ウォン
基本情報
店名 DMZ(非武装地帯)
住所 京畿道 坡州市 津西面 魚龍里, (板門店)より江原道(カンウォンド)高城郡(コソングン)までの軍事境界線一帯
(경기도 파주시 진서면 어룡리, (판문점)부터 강원도 고성군까지 군사경계선 일대)
電話番号 施設により異なる
Eメール なし
営業時間 施設により異なる
休業日 施設により異なる
日本語 不可
その他外国語 不可
支払方法 施設により異なる
交通 ・施設により異なる
関連サイト 施設により異なる
詳細情報 ・バリアフリー施設:施設により異なる
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 ・入場料:施設により異なります。
・板門店、第3トンネル、都羅展望台、第2トンネルなどはツアー参加が必要(個人での訪問不可)
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.2.22
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.2.22
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.2.22
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.2.22
キム・ヘリさん
クチコミ

2016.7.2
buchaさん
クチコミ

2014.9.3
うりんさん
クチコミ

2014.9.3
うりんさん
クチコミ

2014.9.3
うりんさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
キム・ヘリさん 2016.2.22
*2015年3月の経験ですので、時刻表や訪問が可能なエリアが違う可能性があります。

コネストさんでこのようなことを書くのは大変気が引けるのですが、時間よりもお金を節約したかったので自力でDMZトラ山展望台・第3トンネル方面のツアーに参加してきました。
感想としては、韓国語で自分の意思を伝えたり、時間の表現がわからないと厳しそうです。
ツアー全体としては、言葉よりも目で見たものの印象が大きかったので大満足でした。

時間に余裕があったので、まず京義線でホンデイック駅ームンサン駅まで行きました。
インターネットで調べてムンサンからは電車を乗り換えることを知っていて、10時発・11時半ごろ発のいずれかに乗りたくて8:29発のほぼ各駅停車で行きました。

ムンサン駅に9:35頃ついて、改札を出て右手へ進むと「みどりの窓口」的な場所がありました。
キョロキョロしていると、近くにいた駅員らしいおじさんに「どこ行きたいの?」と聞かれ、「DMZエカゴシップンデヨ(DMZへ行きたいのですが)」というと窓口で切符を買えと言われました。
DMZでツアーに参加したいと訴えて説明を受けたところ、時刻表が3月に入って変わったようでした。
また、どなたかのブログで拝見した10時発のDMZ行きの電車はなく11時34分発のひと便だけとのことでした。
(従って、帰りもトラ山駅からムンサン駅まで行ける電車は16時10分発のみでした。)
この時点で、混んでいるか尋ねたところ「残り7席だよ」と教えてもらいました。ほぼ満席です。

駅員さんから、安全に関しての確認書(英文:パスポート番号・住所・電話番号など記載、署名)を渡されトラ山駅に持っていくようにと言われました。
2時間ほど外で時間をつぶして(5分ほどあるくと繁華街というかカフェや食堂などが連なっていました)ムンサン駅に戻ると、先ほどまで閉まっていた5番・6番ホーム行きの柵が空いています。(これは改札の外です。DMZトレインには改札はありませんでした。)
階段を降りると5番線に白いDMZトレイン(3両編成)が入ってきます。
ソウル駅から乗っている人もかなりいて満席でした。
2号車では食べ物も売っていたようです。
持っていない人のために、さきほどの安全に関する確認書が配られていました。

ウンチョン駅(無人駅?)を過ぎ、イムジンガン駅に電車が入ります。
ここで降りるように言われ、電車を降り少し歩かされました。前の人についていくだけですが、イムジンガン駅の改札のようなところへ行くと、軍人さんが確認書とパスポートの写真を確認していました。
オーケーが出れば、ホームへ戻れます。その後電車に皆で乗ってトラ山駅に向かいました。

行きの車内では、韓国語に続いて簡単に英語で説明がありました。(帰りはほぼ韓国語のみ)
トラ山駅からのツアーは席が限られていると思っていたので、なるべく急いでホームを過ぎて改札を出て折り返し右手のツアー申し込み口(パジュ市が管理しているようでした。)に並びます。
こちらの女性は少し英語ができるかもしれません。お金を払って確認書の半分が切り取られると、首から下げる札・ツアー料金11,700ウォンの領収書を受け取り、指定された番号のバスに乗ります。バスは3台だったので、もしかしたらDMZトレインと同じ分だけの座席が用意されているかもしれません。

バスに乗ると、運転手さんに確認書の残り半分を渡して席に着きました。(受け取った札に席番が書いてあります。)

最初に少しだけビデオを見て(韓国語・英語・中国語・日本語)、それからトラ山展望台で15分停まりました。
空が霞んでいて、北朝鮮の国旗掲揚台の台は見えましたが旗は見えず他もほとんど見えませんでした。
ただ人が全然いない不気味な感じがしました。

また分断の終わり・統一のはじまりとかいてある建物は入れないと聞いていて、ドアにも入ってはいけないと書いてあるのですが軍人さんがいきなり日本語で「入れますよ。どうぞ。質問があれば日本語でどうぞ」と言っていて驚きました。
団体のツアーで来ていた日本人がごそっと入って行きました。
時間がないのでもうバスに戻りますが、全然揃ってなく小さい土産物店をのぞいて戻りました。
結局5分くらい遅れたと思います。

つぎに統一村へ向かいました。持ち時間は40分程度。
食堂に入るとおかずとチゲが並んでいる席と何もない席が。
訳も分からず何もないところに座って「注文します」というと、もっと奥の席に座れとおばさんに言われます。
仕方なく、4人テーブルにおかずがた5〜6皿とテンジャンチゲが2セット置いてあるところへ座ります。
同行者がビビンバが食べたいというので頼むと「できない」と断られ、「チゲを食べなさい」と言われました。
メニュー表では7000ウォンとあったが、おかずをシェアしたからか?6500ウォンしか払いませんでした(カードも可)。
以外とサクッと食事が済んでしまい、向かいの土産物屋も少しうろうろ。
特に興味がなかったが、統一村で栽培された玄米を買ってみました。(1キロ4000ウォン)

次にバスは第3トンネルへ。持ち時間は50分。
私はトラ山駅でトロッコ?(ショトルスンカンギ)のツアーを申し込んでいたので、そのグループに振り分けられています。
先に荷物をあずけて(携帯は持っててOK)青いヘルメットをかぶりトロッコに乗り込みました。
かなり狭くて3人がけだと頭がカツカツ当たります。
トロッコを降りて、軍事境界線に向かって地下73mを歩いていくのですが身長170cm程度の私の場合、なんどもなんども頭をぶつけました。(ヘルメットに感謝しました。)あと、トロッコで降りていく途中は寒く感じましたが、トンネル内は水が滴っていて、湿度が高く寒くは感じなかったです。
最終地点は行き止まりで帰ってくる形です。
そこから3枚壁を経て向こう側が北とのことでした。30分〜35分程度の地下旅でした。

少しトロッコを待って上へ上がります。
角度のつき方のせいで、上から見ると下が見通せません。
炭鉱を擬しているとはいえ、やはり軍事目的のトンネルであることは間違いないそうです。
第3トンネルはソウルからわずか40キロ強の地点で発見されました。

地上に出ると出発時間の10分前。でもまだ映像を見ていません。
映像館の入り口でイヤホンを借り(日本語設定)中へ入ると立ち見に。
韓国語での説明と同時にイヤホンからきれいな日本語の説明が耳に入ってきます。
北が挑発を続けていること、戦争で大きなダメージを負ったが奇跡的な発展を遂げたこと、家族・民族が分断されていることなどが主な内容でした。
所要時間は8分とのことで丁度持ち時間を終了してバスへ戻ります。

バスの中の案内は全て韓国語。
公園のようなところで降ろされて時間が聞こえないと思っていたら、ツアーは終わりで駅まで歩いて帰れとのことでした。
公園で南北分断や歴史に関する写真を見て、奥の3D展示館へ。こちらは全て韓国語です。

歩いてトラ山駅に戻ると、平壌方面の降り口があること、税関や出境のコーナーがあるのがわかりました。
電車はずっとホームにいたのか、ホームに出るとそこにいました。
帰りとは違う席が指定されていてそこに座ります。

イムジンガン駅周辺を観光したかったので電車を降りて、ホームに顔を出していた乗務員に「ムンサンへいくのはこれが最終か」と聞くとやはりそうでした。
でもバスはあるからとのことで電車を降り、イムジンガン公園へ向かいます。
自由の橋、砲撃された機関車、平和の鐘などを見学しました。
古びた遊園地のようなところがあって、ひっきりなしに車が出入りし沢山の家族連れが遊んでいました。
非武装地帯と川を挟んで反対側でこんな風景が広がっていることに強い違和感を感じました。まるで全てが映画のセットで、現実味がないようでした。
お土産やさんでは北朝鮮製のワインや酒のようなものが売っていました。

バス停へ向かうと、親切なおじさんが今いったよ!と教えてくれました。1時間ほど待たされて058番のマウルバスに乗りました。(Tmoney, cashbee可)
小さめのワゴンバスで、集落の中をぶんぶん飛ばしていくので立っているのは辛そうでした。
女子高生がおじさんに席を譲っていて、車内は和やかな感じでした。
そしてムンサンターミナルのあと、ムンサン駅で下車しました。

幸い電車は5分以内に発車(18時44分発)だったので急いで車内へ。
ホンデイック駅についたは19時半を回っていました。
つづきを読む
うりんさん 2014.9.3
今年5月4日から開通したソウル-都羅山駅をつなぐDMZトレインに、
6月末乗ってきました。

前日にソウル駅で乗車券を買っておき、翌朝8時30分出発でした。
平日だったので人は少なったですが、土曜日は売り切れでした
(HPを見ると)。

電車はかわいいし、車内は女性乗務員が3名いて申請書を
配っていました。
復路ではイベントが催されて女性たちが一生懸命盛り上げて
いましたし、一緒に写真を撮りましょうみたいな感じで、乗客の
間を回っていました。

列車は3両編成ですが、それぞれちょっとずつ違っていて、
車内販売もあります。
そこで絵葉書にスタンプを押していたら、声をかけくれて
日本から来られたのですか~!と驚いてましたが、
一緒にどうぞと、アメリカンチェリーをいただきました。
反日は感じなかったです。むしろ「遠い所ご苦労様です」
みたいな優しさを感じました。

イムジンガン駅でMP(軍隊の警察)がいて、いったん列車から
降りて申請書を渡して再乗車します。
そして人数を数えます。
MPってちょっと怖いらしいのですが、兵役中みたいな
若い男の子たちで、全く緊張感はなかったです。

都羅山駅はきれいで新しい駅でした。
北とつながれば、ここが韓国の最北の駅になります。
ここで下車して改札口横にある窓口でツアーに申し込む形で、
バスに乗り、第3トンネルへ向かいます。
つづきを読む
骨折りライダーさん 2010.5.30
5月26日に「DMZツアー昼食無し」に行ってきました。
読み通りツアーの時は晴れました。
予約した「中央高速」へ挨拶して、バスに乗り込みいざDMZへ。

移動中は綺麗なママさんガイドが丁寧に、韓国の歴史について講義してくれました。
後日、現地の友達が「説明が長いでしょ。」と言ってましたが自分は興味が
有るので黙黙と聞いてました。

DMZっ何処に連れて行ってくれるのだろと思ってましたが、見た事有る場所に行きました。
前回行った板門店ツアーと一部同じコースだったんですね。


今回良かった事は、
半島の情勢が良くないにも拘らずツアーが実行された事。
第3トンネルにトロッコ列車を利用出来た事。
唯一北と繋がっている線路及び鉄橋が見れた事。
以上です。

食事をしない人は、自分ともう一組で、板門店を出てすぐの所の食堂でした。「プルコギ」だそうです。
自分は前回板門店ツアーに参加した時に、此のお店に入りました。

川崎重工製(?)の孔のあいた機関車とトラ展望台は、各々15分の見学です。
時間に遅れると恥ずかしいです。
つづきを読む
大変勉強になる (返信: 0 )
やすのすけさん 2009.12.29
ピックアップでお願いしましたが、朝7時に集合だったのでちょっとつらい。
ただし、歴史を学べる貴重な体験が出来たと思う。
ガイドの方が日本語が大変上手で、本当に分かり易く、ギャグを交えた解説が本当に楽しかった。
事前に勉強しておけば、もっと知識が得れたので、次回は勉強して板門店に行きたい。
つづきを読む
ともさん 2009.3.15
3月14日に板門店ツアーに参加しました。
同時ツアー希望でしたが満席のため、このツアーにしましたが、大満足でした。

ガイドのKimさんは目的地ではもちろんのこと、往復のバスの中でも非常に親切にフレンドリーに説明してくれました。現地についてからのブリーフィングもわかりやすく、興味深く聞きました。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
軍事境界線まですぐ!第3の南侵...
朝鮮半島分断の象徴!停戦中とい...
絶景が広がる映画「ブラザーフッ...
DMZ(非武装地帯)、坡州の最北にあ...
「南侵トンネル」のうち最大規模...
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
行列の焼肉店、明洞ホテルの宿泊レポなどTOP5
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
もっと見る
掲載日:14.09.06   最終更新日:16.02.23 (更新履歴
・DMZトレイン情報変更、追加しました(20160223)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 通仁スイーツ 本店
チャンミンも訪問した、かわいいタルトが人...
2 EXOの行きつけ&関連グルメ店まるわかり
「EXO-L」必見!EXOの残...
3 OUR Bakery
芸能人にも人気!狎鴎亭のオシャレなベーカ...
4 healing on the MEDIHEAL
韓国シートマスク人気ブランド「メディヒー...
5 韓国の大学生活で驚いた14のこと
飲酒も勉強も24時間?...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
16.11.30
韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
16.12.01
ASのリジ、日本活動での苦労を告...
16.12.02
少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
16.12.02
BEASTが独立 新事務所設立へ
16.11.29
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.05(月)
もっと見る
おかずがいっぱい 12/04
綺麗なタルト 12/04
美しい!芸術作品のようなパジ... 12/04
イケメンcafe 12/03
とにかく可愛い! 12/03
お洒落!!!!!美味しい!!... 12/03
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]