韓国旅行「コネスト」 南楊州総合撮影所|南楊州(京畿道)の観光スポット
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

南楊州総合撮影所

ナミャンジュチョンハッチャリョンソ / 남양주종합촬영소
コネスト 投稿
4.5 エリア京畿道 > 南楊州 店ジャンル 韓流・エンタメスポット 観覧時間の目安2.0 時間
お気に入りに追加(82人)  *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
「JSA」や「スキャンダル」を撮影した韓国映画のメッカ
イ・ビョンホン主演の「JSA」、カン・ドンウォン主演の「デュエリスト」、イム・グォンテク監督の「酔画仙(チュファソン)」、ペ・ヨンジュン主演の「スキャンダル」など、数々の名画を生んだのが「南楊州(ナムヤンジュ)総合撮影所」。ソウルから車で約1時間半の南楊州市に位置し、9万坪の広大な敷地にオープンセット、スタジオ、編集室などが整備されていて、編集まですべて仕上げることができます。一般公開もされていて、オープンセット見学のほか、映画の仕組みや歴史を学び、小道具などを見学できる屋内展示や、無料の映画館もあります。

「JSA」や「スキャンダル」、「恋の罠」などのセットがある映画撮影所
イ・ビョンホン主演の「JSA」、カン・ドンウォン主演の「デュエリスト」、イム・グォンテク監督の「酔画仙(チュファソン)」、ペ・ヨンジュン主演の「スキャンダル」など、数々の名画を生んだのがここ「南楊州(ナムヤンジュ)総合撮影所」。ソウルから車で約1時間半の南楊州市に位置し、かつてはソウル総合撮影所と言われていた。9万坪の広大な敷地にオープンセット、スタジオ、編集室などが整備されていて、撮影から編集まですべてをここで仕上げることができる。一般開放もされていて、オープンセット見学のほか、映画の仕組みや歴史を学び、小道具などを見学できる屋内展示や、無料の映画館もある。
「南楊州総合撮影所」全体図
※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
映画の歴史や仕組みを学べる「映像支援館」 地図番号1
ソウルからはバスで1時間半程度。最寄りのバス停「チンジュンサムゴリ」からさらにタクシーに乗って撮影所に入る。ゲートで入場料(大人3,000ウォン)を払い、ダムサイトのような形をした巨大な建物「映像支援館」前でタクシーを降りる。入口にある総合案内所には韓国語、日本語、中国語、英語のパンフレットが用意されている。1階部分では、撮影技術や録音技術など映画の仕組みのほか、韓国初の映画といわれる「アリラン」(1926年)などをつくったナ・ウンギュ監督など、韓国と世界の映画史が紹介されている。
衣装室、小道具室は実際に撮影で使われている施設。自由に入って見学できるが、写真撮影や手を触れることはできない。
法廷やミニチュアなどの室内撮影セット
映像支援館2階部分には、裁判所内部を再現した法廷セットなどがある。
ミニチュアセットは、韓国のSF映画「ワンダフル・デイズ」で実際に使われた精巧なジオラマがある。また韓国映画の紹介展示コーナーもある。
※法廷セットは映像支援館1階に移動し、観覧コースにはありません。
<テクノロジーを体験。映像体験館(別料金)>
同じ2階には、別料金(大人2,000ウォン)で映像体験館に入場できる。ここではガイドの案内に従って、五感で感じる映画館や「ブルースクリーン」と呼ばれる撮影技術などを体験できる。五感で感じる映画館は、視覚と聴覚だけでなく、震動、匂い、風などを使った短い映画が上映される。
ブルースクリーン技術の体験コーナーでは、青い部屋で橋を渡ったりはしごに上ったり壁に上ったりすると、横にあるモニターに、山深い渓谷の吊り橋を渡ったり海賊船のマストに上ったりビルをよじ登ったりする映像となって映し出される。
撮影所に一般人が入れる食堂はないので、お腹が空いたら2階にあるコンビニに行くしかない。店内に休憩所があるので自由に利用できる。映像支援館内にはいくつか撮影スタジオがあり、入ることはできないが、運がよければスタジオに出入りする俳優に出会えるかもしれない。
「映像支援館」から約100メートル道を下ると映像館があり、平日・土曜は13時半から、日曜・祝日は13時と15時の2回、無料で映画上映している。上映される映画は毎月変わる。
80%の縮尺で再現された本物そっくりの「JSAセット」 地図番号2
日本でも人気を博した映画「JSA」は、南北朝鮮の板門店(パンムンジョム)の共同警備区域(JSA、ジョイント・セキュリティー・エリア)で起きる事件を描いたもの。そのオープンセットは今もここにあり、一般開放されている。実際のJSAとどこも変わらないように見えるが、実は縮尺80%で造られている。イ・ビョンホンやソン・ガンホの顔をくりぬいた記念撮影用のパネルも立っている。
映画の中ではこんなシーンがある。ソン・ガンホ「トンム(きみ)!この線を越えるなよ。」イ・ビョンホン「何で俺が。」ソン・ガンホ「お前の影だよ。」
海外からの観光客は実際にJSAツアーで行くことができるが、韓国人は残念ながら足を踏み入れることができない場所。しかしこのセットなら自由に足を踏み入れるどころか、南北の境界線を思いのままに行き来できる。北側の建物「板門閣(パンムンガッ)」は表側だけ再現されたハリボテだ。このセットは「JSA」以外にもほかの映画やCM撮影で使われている。
80%の縮尺で再現された本物そっくりの「JSAセット」 地図番号3
JSAセットの奥には、「酔画仙」や「スキャンダル」、ドラマ「チェオクの剣」、「推奴(チュノ)」などで使われた「民俗村セット1」がある。わらぶきや瓦ぶきの家屋が連なる本格的なセットだ。
横にある「民俗村セット2」はカン・ドンウォンの「デュエリスト」、ハン・ソッキュの「恋の罠(韓国名・淫乱書生)」、映画版「ファンジニ(黄真伊)」などが撮影されたセットだ。また山の上には貴族の家を再現したセットもある。広大な敷地ではセットを次々に造ったり壊したりしていて、訪れるたびに新しいセットを見ることができる。運がよければ撮影現場に出会えるかもしれない。南楊州総合撮影所は韓国映画のメッカだ。
※「民俗村セット2」は現在ありません。
◆アクセス
●地下鉄利用の場合
地下鉄中央線雲吉山(ウンギルサン)駅下車後、無料シャトルバス乗車。所要時間10分。
雲吉山駅→撮影所 撮影所内オープンセット
案内室前→雲吉山駅
列車到着時間 バス出発時間 出発時間
10:19 10:25 11:00
11:08 11:25 13:00
13:03 13:25 14:00
14:04 14:25 16:00
16:03 16:25 18:00
●バス利用の場合
乗車場所 路線番号 運行間隔 所要時間 運賃 降車場所
清凉里(チョンニャンニ)駅 167番 15分 60分~90分 1,500ウォン チンジュンサムゴリ
(진중삼거리)
江辺(カンビョン)駅 2000-1番 30分 1,100ウォン
●バス下車後
1. チンジュンサムゴリで降りるとバス停近くにタクシー待合室がある。待合室に書かれて電話番号に電話してタクシーを呼び出す。
2. 映画撮影所(ヨンファチャリョンソ)と告げて、約10分で到着。ゲートを通る際に入場料を支払う。
3. ゲートから数百メートルで「映像支援館」前に着く。タクシー代は約7,000ウォン。 

料金
大人 3,000ウォン
中高生 2,500ウォン
子ども 2,000ウォン
※満4歳未満、障害者、国家功労者入場料無料
※地下鉄中央線を利用後、雲吉山駅よりシャトルバスに乗車した場合、入場料500ウォン割引
※団体(30名以上)は、入場料500ウォン割引
基本情報
店名 南楊州総合撮影所
住所 京畿道 南楊州市 鳥安面 三峰里 100
(경기도 남양주시 조안면 삼봉리 100)
[道路名住所]

京畿道 南楊州市 鳥安面 北漢江路855番キル 138
(경기도 남양주시 조안면 북한강로855번길 138)
電話番号 031-579-0622
Eメール なし
営業時間 3~10月10:00~18:00(17:00まで入場可能)、11~2月10:00~17:00(16:00まで入場可能)
休業日 月曜日
日本語 不可
その他外国語 不可
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄1号線清凉里(チョンニャンニ、Cheongnyangni)駅 駅を出て167番バス乗車、チンジュンサムゴリ下車後タクシー
・京義・中央線雲吉山(ウンギルサン、Ungilsan)駅 駅を出て無料シャトルバス乗車。乗車時間は10分。
関連サイト http://studio.kofic.or.kr
詳細情報 ・バリアフリー施設:車椅子レンタル(無料)、スロープ
こだわり 無料散策夜景・ムード文化財世界遺産ファミリー
備考 ・日本語表示:なし(日本語・韓国語・中国語・英語のパンフレットあり)
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2016.5.1
RYANG('-')さん
クチコミ

2016.5.1
RYANG('-')さん
クチコミ

2016.5.1
RYANG('-')さん
クチコミ

2016.5.1
RYANG('-')さん
クチコミ

2016.5.1
RYANG('-')さん
クチコミ

2014.10.18
オクススBOMさん
クチコミ

2014.10.18
オクススBOMさん
クチコミ

2014.10.18
オクススBOMさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
RYANG('-')さん 2016.5.1
10年前から知ってはいたのですが、アクセスの不便さに尻込み行けずじまいの連続でしたが、鉄道からシャトルバスに乗り継いで行けるのがようやく分かったのでついに行く事が出来ました。
宿泊地から朝早く出発したものの、週末だったのか登山客やサイクリストが多かったのでちょっとした地獄鉄を味わう事に…。なので「地方だからそんなに人乗って来ないだろう…」とタカをくくるを衝撃を喰らう可能性があるのでご注意を。
駅に着いて、タクシー乗り場にシャトルバス乗り場がありますが、バスはとんでもない姿勢で駐停車するので心の準備が必要かもしれません。

自然豊かな風景を楽しみながらバスで10分、撮影所の敷地内に入りバスから降りて入場料を払いロケ地に入るとそこはもう韓国映画フリーク憧れの地!
早速、板門店セットがお出迎えです。「JSA」を見た私としては一度は訪れたかった地でもあり、安保ツアーで実際の板門店に足を踏み入れた自身としては感慨深いものがありました。
実はあまり期待していなかった民俗村セットは満足でした。
晴天でもあり、あまりにも雰囲気がよかったので写真をバシバシ撮りまくっていたらデジカメのバッテリーが切れてしまうというハプニング…。
たまに「現代的なもの」が紛れ込んでいますが、位置などを気を付けて撮影すれば良いものが撮れます。

膨大な衣装や小道具も見応えがあり、たまに日本のものが見つかったり、古いものがあったりと見る人の視点次第で色々楽しめます。
アニメ映画「ワンダフルデイズ」(日本でもDVDで出ています)製作ブースに展示しているミニチュアの精巧さとそれに懸けた並みならぬ情熱にただただ感嘆するばかりでした。

映画体験コーナーではパラパラアニメのような機具などがあり、
特に名作映画の1シーン(「オールドボーイ」などの4作品)にいくつかのBGMを流してみるブースはかなり面白かったです。
曲調によってしんみりしたり滑稽に感じるなど、BGMの効力がよく分かるブースでした。

残念な点としては映像支援館がブラウン管での映像展示が多かったり、時代軸が2000年中盤で止まっているなどいった古さが否めない事でしょうか。
コンセプトが良い物を持っているだけにそこは残念な感じでした。リニューアル化に期待?
ともあれ、韓国映画が好きな人であれば満足出来る場所です。
つづきを読む
スズメバチ注意 (返信: 0 )
オクススBOMさん 2014.10.18
先日行って来ましたがあちこちに『スズメバチ注意』の貼り紙がありました。
おそらく巣がある場所に貼り紙していると思われます。
これから行く方は気をつけて下さいね。

その前に、入場時に(チケット買う際)本日は撮影していて見学できない場所もありますがよいか。の確認がありました。
この日は一番奥にある伝統韓屋セットで撮影があるらしく見学不可と地図に表示されています。
入場せずに引き返す車も何台かいました。

私が行った日は天気にも恵まれてよかったです。
外国人はほとんど見なく、韓国人の方ばかりでした。
やっぱり一番人気は板門店です。
私は本当の板門店に行ったことありますが、本物とそっくりにできていてコーフンしました。
残念だったのは、会議室内には入れなかったことです。

あまりの暑さに映像支援館の見学を忘れて出てしまいました。
つづきを読む
フェリースさん 2014.5.7
私が応援していますイ・ジュンギ君主演ドラマ「アラン使道伝」と出演映画「王の男」のロケ地ということで、今回の渡韓でやっと訪れることができました14.4.20日


仁寺洞の安国駅から乗車しましたが、乗った列車がトクソ(徳沼)駅で折り返し運転となり、反対側のホームに移動し数十分待ってやっと後続列車が到着
結局1時間40分くらいかかりましたが、シャトルバスの始発に間に合って何よりでした

ウンギルサン(雲吉山)駅からのシャトルバス時刻表は写真をご覧ください♪

シャトルバスに乗車すると入場料が2,500ウォンになります
下車するとチケット売り場のお姉さんが誘導してくれます^^

受付の方に、「もしかして今日撮影はありますか?」と聞いたら、
「あったとしてもご覧いただけませんよ」と言われました^^;;
シャトルバスで帰る時、撮影スタジオの前で衣装を降ろしている光景を見ましたが、
もしかしたらそちらで撮影があったのかもしれません^^


数々のドラマ・映画のロケ地としても有名ですが、

残念ながら「デュエリスト」が撮影された民俗村セット2が、すっかり跡形もなくなくなってました

裁判所の法廷セットも楽しみにしていたひとつでしたが、こちらも「なくなりました」と案内のお姉さんに言われました


民俗村から雲堂というセットは、400メートル坂を登った上にあり、
病み上がりの私にはとても辛く^^;;、中腹に用意されている椅子で途中休憩しました・・・

雲堂に大き目の長椅子がたくさん持ち込まれていたのですが、翌日が定休日ということで、撮影が入っているのかなと予想しました


衣装や小道具が展示された資料館や、特殊撮影にチャレンジできるコーナーもあり、
なかなか半日しっかり楽しみました^^

売店のキンパとトッポッキも美味しかったです!
キムナムギルさんのサインも飾ってあって、なかなかかっこよかったです

詳細は旅行記をご覧ください♪
南楊州総合撮影所のお散歩 1 ~アラン使道伝(サトデン) ウノ使道の足跡を探す~
http://4travel.jp/travelogue/10888567
つづきを読む
タコスケさん 2009.6.2
 H/Pに書いてある緑バス2228番はすでに廃止されているようですので、H/Pの行き方の更新メールを出しました。今後行かれる方は参考にしてください。

【更新依頼メール】
5/29~5/31にかけてソウルに行った者です。

 5/30に南楊州総合撮影所に行こうと思い、本H/Pで行き方を見て「地下鉄1号線清涼里(チョンニャンニ、Cheongnyangni)駅4番出口からすぐのバス乗り場(換乗センター)へ。1番乗り場から緑バス2228番に乗車(1,500ウォン)」の通りに行ったのですが、2228番の緑バスは廃止されていました。途方にくれて、清涼里のロッテ百貨店のインフォメーションの
方にいろいろ調べてもらったところ、中央線が延長されており、雲吉山駅まで行けばシャトルバスが出ているとのことでその通りに行ったところ、無事たどり着くことができました。
 私たちみたいに路頭に迷う人がでないよう、早めの情報更新をお願いします。
参考情報ですが、市庁駅から雲吉山駅までは、うまく、電車を乗り継げば1時間くらい。シャトルバスは、無料で10分くらいです。ただし、本数は少ないので、タイミングが悪いと1時間くらい雲吉山駅で暇をつぶす必要があるかもしれません。(タクシーを呼べるだけの語学力があれば、タクシーでも良いかもしれませんが)

【シャトルバス時刻表】(09/05/末 現在)
 雲吉山駅→南楊州総合撮影所
 8:50、11:25、13:25、14:25、15:25、16:25
 南楊州総合撮影所→雲吉山駅
 11:00~17:00(毎時00時)、最終18:20

以上。

 
つづきを読む
HAL9000さん 2008.3.20
今年の3月9日に韓国の友人と行って来ました。
私は韓国映画が大好きなので一度行きたいと思っていた場所でした。
たまたま、前日に本物の板門店に行って来たので、セットとは言え殆ど同じ風景を何の制約も無く見学できて、且つ自由に「南北」を行き来できるだ けでもとても面白かったです。
映像資料館は正直、あまり見る物はありませんでしたが、小道具倉庫や衣装倉庫は色々な物があってとても興味深かったです。
でも、問題はアクセス。
正直言って、パスと徒歩では無理です。
バス停から車で20分近くはかかりますし、この撮影所は山の中腹にあるので徒歩では山登りになってしまいます→実際、中に入ってからも山登りがあります。
タクシーを使うしかありませんが、バスの終点からはタクシーは殆ど拾えませんので、KONESTの案内通り、1つ手前のパス亭か「ヤンスリ」の街から拾うのが良いでしょう。
尚、帰りは撮影所の窓口でタクシーを呼んでもらえますし、行く時のタクシーで連絡先を聞いても良いでしょう(呼ばないとタクシーは撮影所には居ませんので)。
私は友人の車で行きましたが、同じ映画セットでも「富川ファンタスティックスタジオ」より人は多かったですので、結構人気はあるみたいです。
韓国映画ファンなら、無理してでも1度行かれることをお薦めします。
つづきを読む
このページを見た人はこんなページも見ています
コネストで予約可能な周辺のホテル情報
トラウムホテル&コンド
カピョン (清平近く) にあるトラウム ホテル & コンドは、ザ ガーデン オブ モーニング ...
5,990円~
クチコミ評価  ―  (0件)
ボヘミアンペンション
ボヘミアン ペンションは、仲美山自然休養林、仲美山天文台から 3 km 圏内、ヤンピョン ...
6,330円~
クチコミ評価  ―  (0件)
地図で見る
韓国スポットジャンル別お店リスト
韓国スポット特集記事
行列の焼肉店、明洞ホテルの宿泊レポなどTOP5
韓国MarketOカフェ、皆が行ってる参鶏湯店などTOP5
韓国美肌水分クリーム、明洞の人気韓国カフェ等TOP5
空港-ホテルの賢い行き方、明洞の注目ショップなどTOP5
もっと見る
掲載日:08.03.20   最終更新日:14.05.09 (更新履歴
・一部記事内容、料金、シャトルバス情報を変更しました(20140509)
[閉じる]
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
週間人気記事
総合 観光スポット
1 通仁スイーツ 本店
チャンミンも訪問した、かわいいタルトが人...
2 EXOの行きつけ&関連グルメ店まるわかり
「EXO-L」必見!EXOの残...
3 OUR Bakery
芸能人にも人気!狎鴎亭のオシャレなベーカ...
4 healing on the MEDIHEAL
韓国シートマスク人気ブランド「メディヒー...
5 韓国の大学生活で驚いた14のこと
飲酒も勉強も24時間?...
ニュース人気アクセスランキング もっと見る
少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
16.11.30
韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
16.12.01
ASのリジ、日本活動での苦労を告...
16.12.02
ソウル広場に明るく輝くツリー登...
16.11.28
BEASTが独立 新事務所設立へ
16.11.29
人気クーポンランキング クーポン一覧
免税店クーポン
ロッテ、新羅、東和などの人気店
免税店クーポン
明洞マート
【50~30%OFF】特価セール
明洞マート
Isaacトースト 弘大店
【サービス】サービス
Isaacトースト 弘大店
東明社(光熙市場内)
【10% OFF】既製品のみ
東明社(光熙市場内)
コッチ
【サービス】ソフトドリンク1つ
コッチ
みんなが探してる!ホットキーワード
急上昇!検索ワード
編集部おすすめ
NOW!ソウル リスト
2016.12.02(金)
もっと見る
美しい!芸術作品のようなパジ... 12/04
お洒落!!!!!美味しい!!... 12/03
すごい量だよ!韓国中華 12/02
価格、品質共に安心なお店です 12/01
人が少なくて良かったです 12/01
プルコギとイカ炒め、ハナハナ... 12/01
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]