韓国旅行「コネスト」 鎮海軍港祭2008(第46回)レポート | イベント
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国観光スポット > 特集記事 > イベント > 鎮海軍港祭2008(第46回)レポート

鎮海軍港祭2008(第46回)レポート

お気に入りに追加 (登録者 : 0人) 印刷する
34万本の桜に彩られる韓国一の桜祭り「軍港祭」
韓国南端の都市、鎮海(チネ)。毎年春には約34万本の桜に彩られる韓国を代表する桜の名所です。韓国海軍の拠点でもあるこの地では、毎年3月末から4月初旬にかけて「軍港祭(グナンジェ)」という盛大な桜祭りが開催されます。
今回は韓国一の桜をめでに、コネストの花形(?)女性スタッフ3人も鎮海行きを決定。気ままな女3人旅の道中はもちろん、軍港祭の魅力をたっぷりお届けします!

早朝7:30、鎮海へ向けて出発!
ソウルから行くには列車が一番便利。まずKTXで東大邱(トンテグ)または蜜陽(ミリャン)まで行き、セマウルに乗り換えて鎮海に向かいます(※)。馬山−鎮海間は、お祭り期間中、臨時列車が出ているのでそちらを利用しても良いでしょう。今回コネストスタッフは臨時列車を利用しようと計画。そしてKTXは割引料金が適用される同伴席(中央の4人席)で行くことにしました。国鉄ソウル駅の改札口付近で朝食を調達し、鎮海への旅がスタート!
※2010年KTX馬山ルート開通により、現在はソウルからKTXで昌原中央駅まで行き、昌原中央駅でセマウル号に乗り換えて鎮海を目指す経路となりました。
ソウルを少し離れただけでのどかな風景が広がる韓国。車窓の景色を眺めたり、おしゃべりを楽しんだりしているうちに、蜜陽に到着。
その後、昌原では桜祭り臨時列車に乗る予定でしたが、切符を求める長蛇の列に阻まれて、残念ながら乗り遅れ。後続のムグンファ号が来るのはなんと一時間後ということで、仕方なく昌原で昼食を取ることに決めました。ところが駅員さんに勧められたお店で、美味しい麦飯(ポリパッ)に大当たり!これも気ままな旅ならではの幸運です。
鎮海に近づくと、車窓からは桜やケナリ、菜の花が咲き誇る様子を楽しめ、車内では歓声が上がっていましたよ。そして12時15分過ぎ、目的地の鎮海駅に到着。片道4時間の旅は少々骨が折れますが、ちょっとした小旅行にはぴったりです。それでは、軍港祭を楽しみに市内に出発!

桜見物におススメのスポットをご紹介
今回は日帰りという制約条件があったため、桜の名所を中心に回りました。下でご紹介するスポットをはじめ、お祭りのメインは基本的に鎮海駅から5分~15分の徒歩圏内なので、歩きやすい靴で行きましょう。

1.メイン会場はコチラ!中園(チュンウォン)ロータリー

中央には催し物が行われるイベントステージ、その周辺には屋台がずらりと並び、多くの人でにぎわうメイン会場。中心から放射線状に伸びる8本の道路が特徴のロータリーです。付近の道路には馬車(4人乗り、有料)も走っていて、桜が咲き誇る鎮海の街を馬に乗ってのんびり散策することもできますよ。
屋台やお土産屋がずらりと並ぶ 車道を馬車に乗って走るも良し!
韓国の屋台グルメに挑戦 「フェオリカムジャ(フライドポテト)」

2.桜のトンネルが続く、余佐川(ヨザチョン)

キム・ジェウォン、キム・ハヌル主演の大人気ドラマ「ロマンス」のロケ地としても有名な余佐川。川沿いに延々と続く桜のトンネル、そして川辺には黄色い菜の花。幻想的で思わず見とれてしまう美しさです。こうした風景をバックに結婚写真を撮るカップルが多いという話にもうなずけます。余佐川は鎮海駅を出て右折後、さらに右折。人の流れに続いていくと、徒歩5分ほどで着きます。
主演の二人が再開を約束した、
通称「ロマンス橋」
余佐川付近は幻想的な世界が広がる
3.この時期だけの公開!海軍士官学校、博物館
軍港祭期間中のみ外部に開放される海軍士官学校の桜も見事!通常は立ち入りが制限されているだけに、はずせないスポットです。士官学校に行くには、南園ロータリー付近から出ている海軍士官学校行きのシャトルバスを利用するとよいでしょう。
海軍士官学校の正門 バスに乗ってイベント会場へ
士官学校内には博物館もあり、入場は無料。壬辰の乱で亀甲船を造り、朝鮮を勝利に導いた名将、李舜臣(イ・スンシン)将軍や韓国海軍に関する資料のほか、野外展示場には亀甲船の模型(内部見学可能)もあります。軍港都市・鎮海のダイナミックな歴史に思いをはせることができますよ。
博物館の周辺では、士官学校の制服を着て写真撮影できるコーナーや、Tシャツをはじめとしたオリジナルグッズの販売コーナーも並んでいるので、ぜひ記念にいかがでしょうか?
海軍オリジナルTシャツをゲット!
(各10,000ウォン)
軍人さんと記念撮影できる貴重な機会

海軍士官学校観覧案内 ※2013年度の情報です。2014年度の情報は3月中旬頃発表されます。
開放時間:平日8:30~16:30、土日8:30~17:00 
※出入手段は平日は車両のみ、土日は徒歩・車両ともに可
最終入場時間:平日15:30(車)、土日15:30(徒歩)・16:00(車)
シャトルバスコース(軍港祭期間中運行):南園ロータリー付近→海軍士官学校
シャトルバス料金:1,100ウォン

4.鎮海の全景を見渡せる、帝皇山公園(チェファンサンコンウォン)
公園内にタワーがあることから、地元では「タプサン(塔山)」と呼ばれる帝皇山公園。頂上からは鎮海の街を365度見渡すことができます。頂上のタワーにはエレベーターで行けますが、エレベーター乗り場までは「1年階段」という365段の階段を上らなければならないので、やや体力が必要です。しかし海のブルーと桜のピンク、山々のグリーンが醸し出す美しさはまさに絶景!階段の入り口までは中園ロータリーから徒歩5分です。
白いタワーが目印 体力に自信がないとキツイかも 遠くに見える島も所どころ桜色

鎮海の街は他にも見所がいっぱい
上でご紹介したメインスポット以外にも、鎮海にはドラマ・映画のロケ地や歴史的な建造物など見所がたくさん。中でも代表的なスポットをいくつかご紹介しましょう。
<鎮海郵便局>
中園ロータリーに面した「鎮海郵便局」は、チョ・スンウ、ソン・イェジン主演の映画「ラブストーリー」のロケ地となった場所。1912年に建てられたロシア風の近代建築物として、現在は文化財に指定されています(実際の郵便業務はすぐ裏手の郵便局で行われている)。白い壁と淡い緑色の屋根が、何ともノスタルジックな気分をかきたてますね。
アクセス:鎮海駅徒歩10分、中園ロータリー南東方向に位置
<慶和(キョンファ)駅>
こちらは、かの有名なドラマ「春のワルツ」やパク・ヘイル主演の映画「少年、天国へ行く」のロケ地としても有名な場所。線路沿いに桜並木が延々と続き、非常にロマンチックな桜の名所です。幸せそうな笑顔を浮かべた恋人同士や家族の姿をあちこちで見かけましたよ。現在は日に何本か列車が通るだけの駅となってしまいましたが、無人駅独特の寂れた感じが、桜の趣をより一層感じさせてくれます。
アクセス:鎮海駅前の市内バス停留所より307、309、315番バス乗車、「慶和(キョンファ)駅」下車(約10分所要)
ペアルックの恋人もたくさん 目撃率No.1のポーズ。真似しちゃえ!
<日本式家屋>
鎮海の街をぶらり歩いてみると、どこか不思議な懐かしさを感じるはず。それもそのはず、ここ鎮海には、日本統治時代に建てられた日本式家屋が街のそこここに残っているのです。それらの多くはリフォームが施され、住居あるいは食堂、カフェなどの店舗として今も使用されています。街路樹の桜と日本家屋の佇まい、あまりにも見慣れた光景を眺めながら、ほんの数十年前の鎮海に思いをめぐらせてしまいました。

海の幸が新鮮!満足の食事で旅の締めくくり
市内各所の桜を満喫し、鎮海での旅もそろそろ終盤。晩ご飯の食事処として立ち寄ったのは、鎮海駅前から徒歩2分の日本料理店「一松(イルソン)チョバッ」。フェトッパッ(刺身丼)は、肉厚の刺身にビックリ!さすが慶尚南道は海に面しているだけあり、海産物のおいしさは秀逸です。一緒に出てくる付け合せも、生牡蠣、ホヤなどソウルではなかなか味わえない新鮮なものでしたよ。満腹のお腹を抱え、一路ソウルへ向かいます。帰りの列車では、ソウル駅に到着する22時まで、座席に吸い込まれるように眠りこけたコネストスタッフたちでした。
フェトッパッ 13,000ウォン 鎮海での思い出を胸にソウルへ…
一松(イルソン)チョバッ
住所(日本語):慶尚南道 昌原市 鎮海区 忠武洞 9-12 / (道路名住所) 中園路 90-2
住所(韓国語):경상남도 창원시 진해구 충무동9-12 / 중원로 90-2
電話番号:055-542-7477、055-546-2047

韓国の桜を堪能できる鎮海は、小旅行にもおすすめ!
日帰りということで、やや駆け足でめぐった今回の旅。しかし、韓国の桜の美しさをしっかりと目に焼き付けることができ、大満足の1日となりました。今回は桜の名所を中心に紹介しましたが、期間中は李舜臣将軍の追悼祭や人気歌手の公演なども行なわれ、見どころ満載の軍港祭。ソウルから列車で約3時間半、桜舞う春の鎮海は韓国での小旅行をお考えの方にもおすすめです!

関連記事
鎮海軍港祭ガイド

その他の特集記事 もっと見る
  最終更新日:08.04.08
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国観光スポット特集
韓国旅行モデルプラン(73)
バリアフリー(4)
季節(シーズン)特集(54)
イベント(46)
その他レポート(25)
その他の特集記事リスト  
イベント年間スケジュール   休業情報
お客様の声 観光スポット 最新クチコミ
ブラボー!
NANTA 明洞劇場公演
めちゃくちゃ楽しかったです!
Nソウルタワー 韓服文化体験館
2週間たってしまいましたが( ^ω^)
WOOさんの家
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]