韓国旅行「コネスト」 「冬の童話 in韓国」 | 韓国旅行モデルプラン
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国観光スポット > 特集記事 > 韓国旅行モデルプラン > 「冬の童話 in韓国」

「冬の童話 in韓国」

お気に入りに追加 (登録者 : 17人) 印刷する

いよいよ韓国にも本格的な冬が到来か?という今日この頃、皆さまいかがおすごしでしょうか?「寒いから外に出たくないよね~」、「冬はコタツで温まりながら韓国ドラマでも見るのが一番だよね~」なんて言ってるそこのアナタ、ちょ~っと待ってください!確かに韓国の冬は寒い!でも「冬の韓国を知らずして韓国を語るべからず」という名言(?)もあるように、冬だからこそ楽しめるものが韓国には盛りだくさんなんです。
そこで今回はコネスト編集部きっての行動派(お調子者)Kが、冬の韓国を満喫するためのモデルコースを作っちゃいました。名づけて「冬の童話  in韓国」!あなたの冬の思い出作りを、コネストが全力でバックアップしちゃいます!寒さなんて吹き飛ばす、楽しい2泊3日の始まり始まり~。

日程:12月●日(金)~△日(日)
日程:行き:K航空 成田9時20分発  仁川12時着
日程:帰り:K航空  仁川18時40分発 成田20時50分着

設定:仲良しOL2人組、冬のボーナスで韓国旅行

<1日目>
~ダイナミックコリア、ダイナミックNANTA~
・・12:00 仁川空港に到着  両替を済ませていざソウル市内へ~
目指すは光化門(カンファムン)にある東和免税店!免税店は初日に行っておくのがポイント。最終日ギリギリだと時間の都合で購入できない場合もありますからね。
・・14:00 東和免税店でショッピング。
ここ東和免税店は韓国内で一番長い歴史を誇る名門免税店。化粧品や香水の品揃えが豊富なことでも有名なんです。市価の20%ほど安いので、日頃は買い渋りがちなブランド化粧品にも思わず手が出てしまいます。コネストのクーポンでいろんな特典がつくから、忘れずに持っていかなきゃね。 お気に入りの香水を見つけたので買っちゃった!
 
 50,000×2=100,000ウォン
・・16:00 「NANTA」鑑賞
免税店でのショッピング後は、お待ちかねの「NANTA」へ。言葉が分からなくたって大丈夫。「NANTA」は台詞がほとんどなくリズムやビートだけなのに、全身でそのおもしろさを感じとってしまうから不思議。食器に野菜に、鍋、まな板、包丁、ボウル、ゴミ箱・・・厨房のありとあらゆるものが楽器に大変身。「ドンドンクタクンドンドンクタクン・・・」終わった後も胸に響く余韻。これは必見です!
  VIP席  6,600×2=13,200円

Let’s チャレンジ~地下鉄編~
「NANTA」の感動冷めやらぬ中、ホテルへと移動。ここでジモピーに紛れて地下鉄にチャレンジ!ソウルの地下鉄は路線が色分けされているから分かりやすいんです。「フムフム、2号線は緑色だな」ハングルが読めなくったって平気です。あっという間に明洞(ミョンドン)へ到着~。
900×2=1,800ウォン

・・18:00 「プリンスホテル」へチェックイン。
ホテル選びの基準は人それぞれだけど、冬の韓国を満喫するために「オンドル(韓国式床暖房)」のある「プリンスホテル」(明洞)を選びました。外は寒くても、部屋中がオンドル効果でポッカポカ~。一度あったまると外に出るのがつらくなるけど、そろそろお腹も減ってきたことだし、明洞の街へ繰り出してみよう!
  宿泊代  21,700×2泊=43,400円
・・18:30 「那度香」で楽しい夕食
夕食は、コネストでも紹介されている明洞の「那度香(※閉店)」に決定!メニューが多くて迷ったけど、やっぱり韓国に来たからには肉でしょ!と奮発して「牛カルビ」を注文。自分でチョキチョキ肉を切るのも面白い~。あっという間に2人分を平らげ、追加で「石焼ビビンバ」まで注文しちゃいました。コネストのクーポンを持っていってちゃっかり割引してもらいましょーね。
 
64,000ウォン

・・20:00 Nソウルタワーで夜景観賞
お腹も満たされたところで、夜の観光スポット「Nソウルタワー」へ!歩いて行くのはさすがにつらいので、南山ケーブルカーを利用することに。少しずつ上っていくスリルを味わっているうちに「Nソウルタワー」に到着。週末の夜ということもあってか、やたらとカップルが多いのが玉にキズ(?)「香港の夜景は100万ドルというけれど、ソウルの夜景は何万ウォンなんだろう?」「私たちのホテルはどこかな?」「あっ!あれが漢江(ハンガン)だ!」などなど妙に大はしゃぎしてしまいました。ずっと外にいると寒いので、中のフードコートでホットコーヒーでも飲みながらね。
 

南山ケーブルカー往復 6,500×2=13,000
展望台 7,000×2=14,000
計27,000ウォン


・・23:00 「プリンスホテル」へ。就寝。
夜景も堪能したことだし、そろそろホテルへ戻りますか。明日にはメインの「冬ソナツアー」が待ってるんだもん、夜更かしは禁物です!「オンドル」の暖かさに誘われて、早々と就寝です。こうしてドタバタの1日目は過ぎていきました。

<2日目>
~雨音はソナタの調べ~
Let’s チャレンジ~コンビニ編~
・・06:45 今日はツアー参加のため朝食をとる時間がない!というわけで、コンビニで朝ご飯とおやつの買い込みにチャレンジ!どうせなら韓国にしかないコンビニに行ってみたいですよね。「GS25」「Buy the way」を発見!
10,000ウォン
時間に余裕があれば、最近流行のトースト屋で朝食なんていかが?全国チェーン店の「ISSAC」は1,000ウォン~各種トーストをその場で作ってくれます。営業時間は店舗によって違うのでご注意を!

待ちに待った「冬ソナツアー」。この日をどんなに楽しみにしていたことか!でも残念ながら朝から雨模様・・・大丈夫かしら??
・・07:20 ロッテホテル(明洞)に集合・出発
この日の参加者は4名。大好きな「冬のソナタ」の舞台地にいけるとあって、みんな朝からテンション高めです。車に乗り込み出発です。寒さなんてなんのその、冬ソナのためですもの!

~南怡島でユジンになりきり~
・・10:00 南怡島に到着
最初の目的地、南怡島(ナミソン)に着いたとたんに強まりだした雨音。雨具を購入したけど、寒い~~。でもこの雨のおかげでヨン様アンブレラ(傘)を買った参加者もいました。雨だって捨てたもんじゃない?
  ドラマで見た景色が目の前に広がり、そこはもう「冬のソナタ」の世界。チュンサンとユジンが初キスをした雪だるまの前、メタセコイヤの並木道、死んだ(と思われた)チュンサンを偲んで友達が集まった湖のほとり・・・数々の名場面の感動がよみがえります。ああ、なんてロマンティック~。

・・11:30 南怡島よ、さよなら~。春川市内へ。
後ろ髪引かれる思いで南怡島を後にする一行。お次は春川(チュンチョン)市内へ移動です。まずは春川一の繁華街明洞(ミョンドン)へ。そう、ここはチュンサンとユジンが大晦日に会う約束をした場所です。ここでユジンはチュンサンが事故に遭ったことも知らずに待ち続けるんです。ああ、なんて悲しい。ドラマで一躍有名になったとあって、ヨン様とチェ・ジウの記念手形がありました。

・・12:30 ランチタイム
続いて春川中央市場を抜けて、春川名物「タッカルビ」を食べに食堂へ。ヨン様も撮影中、タッカルビを食べたのかしら?なんて思いをめぐらしながら、おいしくいただきました。


・・13:30 「チュンサンの家」で今度はヨン様になりきり?
ああ、愛しのチュンサンの家。ここはもともと民家だったのを家主さんのご厚意で開放してくれているんです(5000ウォン)。ピアノも電話も、勉強机も教科書もそのまま!調子にのってかつら(チュンサンとミニョン)までかぶってヨン様になりきり。いや~、幸せです。

・・14:00 ユジンが走った坂、春川高校など
他にも「冬ソナ」ゆかりの地へいろいろと立ち寄ります。ユジンが走った坂、二人が遅刻して乗り越えた学校の壁、ユジンが寝過ごして慌ててバスを降りた場所などなど。今や普通の風景ですが、ドラマファンにとってはひとつひとつが大切な思い出なのです。

・・16:30 ツアー終了&解散(明洞ロッテホテル)
※ツアーの時間・順序は天候、その他の都合で変更になる場合があります。
  ツアー代金 54,000×2=108,000
チュンサンの家入場料(別途) 5000×2=10000
計  118,000ウォン


・・17:30 「コリアハウス」で伝統料理&民俗公演鑑賞
たくさん動いたのでお腹が減ったなあ。今日の夕食は「韓定食」。ドラマ「チャングムの誓い」で見た憧れの韓定食を食べられるとあって期待大!注文したチョンウコースは計30もの品目が並ぶスペシャルコース。次々と運ばれてくる上品で繊細な料理を食べて、気分はすっかり皇后様?
  韓定食の後はお楽しみの民俗公演!扇の舞や民謡、サムルノリなどなど、韓国伝統芸能のオンパレード。公演終了後は出演者たちとの記念撮影もあり、まるで数百年前にタイムスリップしたみたい!韓国の伝統を感じたいなら風情たっぷりなコリアハウスで決まり!
  (チョンウ定食+公演)×2=12,200円
・・20:30 「JJマッド汗蒸幕」※閉店
今日は早起きしてテンション高く過ごしたせいか、ちょっと疲れが見えてきたこの時間帯。ちょっとリラクゼーションが必要かしら?というわけで、コリアハウス前でピックアップしてもらい東大門市場(トンデムンシジャン)の「JJマッド汗蒸幕」へ。やっぱり寒い冬にはあったか~い(熱い)汗蒸幕が一番でしょ!さらにここ「JJマッド汗蒸幕」の売りは泥パック。全身に泥を塗ってしばらく放置すると肌がスベスベに!汗蒸幕に入って、お風呂に浸かって、アカスリもやって・・・さらにコネストで予約したからヨモギ蒸しが半額に!こんなに至れり尽せりでいいのかしら?なんだか体も心も温まったようです。
  (基本コース+ヨモギ蒸し)×2=148,000ウォン
・・22:30 東大門市場でショッピング
さあ、体もあったまったことだしホテルに戻りましょう~、なんて甘い甘い!ここは眠らない街ソウルの中でも特に眠らないエリア「東大門」。煌々と輝くネオンは総合ショッピングビル「DOOTA(ドゥータ)」!女性の買い物心をくすぐります。
 

「東大門市場」と聞いて思い出したのが「毛皮」!さっそくコネストに載っていた「H.S(ヒョンソン)」に向かいます。ここはなんと朝3時まで営業しているんです。店長さんも日本語ペラペラでとっても親切。この冬をオシャレかつ暖かく過ごすための毛皮(ムートン)を一着ずつオーダーしちゃいました。ちょっと奮発したけど、日頃一生懸命働いた自分へのご褒美!届くのが楽しみだな~。

 
2着  800,000ウォン


Let’s チャレンジ~屋台フード編~
気が付けばもう12時を回ってる!シンデレラはもうお家に帰る時間だわ!なんて言ってると、どうも小腹がすいたみたい・・・辺りを見渡すと屋台が並んでる。韓国に来たんだから屋台フードにチャレンジしないわけにはいかないでしょう。アツアツの韓国風おでんに、屋台フードの王様「トッポッキ」をペロリ。やっぱり韓国は屋台天国でした!
2,500×2=5,000ウォン

・・24:00 ホテル着、就寝。

<3日目>
~最終日、心おきなく「どんぶらこ」~
・・08:00 「明洞栄養粥、栄養餃子(旧 明洞栄養粥専門店)」で朝食
昨夜の屋台フードが効いたのか、あんまりお腹がすかないなあ。軽めの朝食にピッタリなのが「明洞栄養粥、栄養餃子(旧 明洞栄養粥専門店)」。昼食時には行列のできる店だというし、朝イチでお粥ってのも悪くないでしょ?野菜粥とカボチャ粥をそれぞれ注文。うん、あっさりしてるし温まるし、ナイスチョイス!
  7,000×2=14,000ウォン

Let’s チャレンジ~メイクアップスタジオ編~
・・09:00 「It’s Me Photo Studio」で大変身!
韓国といえばかわいいチマ・チョゴリ。一度は着てみたくないですか?今回はあまり時間がないので、 チマチョゴリカット撮影(約40分)にチャレンジ!ヘアメイクも韓国風にしてもらって、いざパチリ!なんだかちょっとぎこちないけど、自分じゃないみたいで不思議だけど、でもうれしい旅の思い出になりました。
  (チマチョゴリカット撮影)63,000×2=126,000ウォン
・・10:30 明洞でぶらぶらショッピング(=略して「ドンブラ」)
今日のドンブラの目的は「コスメショップ」。「THE FACE SHOP」や「SKIN FOOD」など以前から気になっていた格安良品コスメショップをチェック!う~ん、やっぱり日本よりも安いなあ。しかもどれもお肌によさそうだし。あっ、友達のAちゃんに頼まれてたパックを買うのも忘れずに!
 
30,000×2=60,000ウォン
  まだまだあります!明洞コスメ店the colorLANEIGE STAR、MISSHA

ドンブラの第二目的はお土産購入。コネストに載ってた「世宗割引マート」やコンビニでノリやお茶、お菓子などを買い占め。会社の分、親戚の分、家族の分・・・これで足りるかな?※閉店
10,000ウォン
・・12:00 「群山オジンオ」※閉店で昼食
ドンブラしすぎてお腹もペコペコ。初日から肉に韓定食に屋台フードにと食べまくったからなあ。そんなとき思い浮かんだのが「群山オジンオ」。韓国料理といえば肉、肉と思いがちだけど、ここは海鮮モノの専門店なんです。ランチメニューの「たら寄せ鍋」と「味噌鍋」を注文。韓国の海鮮も捨てたモンじゃないな~と思わされました。
  11,000ウォン

お昼も食べて、楽しい韓国滞在も残すところあと数時間。何かやり残したことはないかしら??あっ!大事なところを忘れていた~!まだ間に合う、歩け歩け~(あくまでも走らないところがポイント)。2005年10月に復旧したという清渓川(チョンゲチョン)を横切りながら、目指すは伝統と文化の街、仁寺洞(インサドン)。ここはソウル観光ではずせないでしょ~。

・・13:30 仁寺洞でまたもやドンブラ!
週末の仁寺洞は歩行者天国になるせいで、人がワンサカ。それでもなんか落ち着くんですよね~。韓国伝統品はもちろん、芸術品に始まりヘンテコなものまで売っているのが仁寺洞の魅力。お土産はもう買ったから、今度は自分用に掘り出し物見つけちゃおう~。
 
30,000×2=60,000ウォン
  1時間ほどドンブラ(仁寺洞編)したら、足が疲れちゃった。そんなときは伝統茶屋でひと休み。ここ「月鳥は月だけを想う」は仁寺洞でも数少ない伝統茶専門店。昔ながらのインテリアに、こだわりの味の伝統茶。時間がたつのを忘れそうな空間です。
 
6,000×2=12,000ウォン

Let’s チャレンジ~屋台フード編~
メインストリートを歩いていると何やら行列を発見!なんだろう?と訳も分からずに列に並んでみます。その正体は「ホットク」という韓国のスイーツ(お菓子)でした。アツアツホクホクのホットクは甘くておいしい~。韓国の人はこんなおいしいものを毎日食べられて幸せだなあ~(毎日は食べないであろう・・・)
500×2=1,000ウォン

・・15:30 荷物を取りにホテルへ戻る。リムジンバスに乗っていざ仁川空港へ。
・・17:00頃 仁川空港へ到着、18時40分発の飛行機で成田へ~。
アンニョン(さよなら)~韓国!!

「冬の童話in韓国」決算 (2泊3日、2名)
オホホ、ちょっと遣いすぎたかしら??
¥68,800
+w1,567,800
----------------------------------------------

※あくまでも想定上のものです。飛行機代は除きました。

いかがですか?冬のソウルだって魅力たっぷりでしょ?行きたいところは見つかったでしょうか?「冬の童話」と名づけたものの、ロマンティックとは程遠い内容になった気がしないでもありませんが・・・それでも走馬灯のごとくよみがえる美しき日々。
さあ、思い立ったが吉日!さっそくコネストホームページで予約しましょう。2006年の冬の思い出は韓国でキ・マ・リ~!

その他の特集記事 もっと見る
掲載日:06.11.23   最終更新日:12.03.08
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国観光スポット特集
韓国旅行モデルプラン(73)
バリアフリー(4)
季節(シーズン)特集(54)
イベント(46)
その他レポート(26)
その他の特集記事リスト  
イベント年間スケジュール   休業情報
お客様の声 観光スポット 最新クチコミ
チヂミも最高♪
WOOさんの家
可愛い大根娘が… (返信 : 1)
WOOさんの家
名 : T1STORY &…! +α SPECIAL HOLOGRAM CONCERT
SMTOWN@coexartium
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]