韓国旅行「コネスト」 ソウル市新庁舎、完成間近 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > ソウル市新庁舎、完成間近
バックナンバーリスト
前の日 2012年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
ソウル広場にお目見えした新市庁舎 撮影エリア:市庁・光化門
1926年に建築され、老朽化のため2008年からリモデリング工事が進められてきたソウル市庁舎。旧庁舎の保存か解体かで市と文化財庁の対立を経て、旧庁舎正面部分を残すことで合意、今年5月に外装工事が終了してその姿を現しました。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
1926年に建築され、老朽化のため2008年からリモデリング工事が進められてきたソウル市庁舎。旧庁舎の保存か解体かで市と文化財庁の対立を経て、旧庁舎正面部分を残すことで合意、今年5月に外装工事が終了してその姿を現しました。
その独特なフォルムから「津波を連想させる」といった批判的な意見と「未来志向的だ」という賞賛の意見とがいまだ拮抗している新庁舎。地下5階、地上13階建てでガラス張りのデザインは、市庁と目の前に広がるソウル広場をつなげたいという設計者の思いが込められています。
新市庁舎は「市民のための庁舎」と題し、多目的ホールや劇場など市民が活用できる空間が40%ほどになる予定。パク市長がツイッターを通じて「新庁舎では結婚式のようなイベントもするようにしますね」と市庁が市民に開放された空間であるという内容の発言もしたそう。
現在は内部工事とインテリア工事を進めているところ。8月末には工事が終了し、9月から引越の予定。公共業務だけでなく、市民のための空間となる新生ソウル市庁舎は今年の10月に公開予定です。
関連情報
【NOW!ソウル】どーなる?ソウル市庁舎
6/11(月)
韓国で預金が人気
6/14(木)
スター特集のタブレット紙が人気!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]