韓国旅行「コネスト」 国立民俗博物館で「辰年特別展」 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 国立民俗博物館で「辰年特別展」
バックナンバーリスト
前の日 2012年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
躍動感あふれる「龍」の世界へ!
国立民俗博物館で恒例の、干支にちなんだ企画展。辰年の今年は「龍、夢を見る」というテーマで、龍にまつわる85点の絵画や民俗資料が展示されています。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
国立民俗博物館で恒例の、干支にちなんだ企画展。辰年の今年は「龍、夢を見る」というテーマで、龍にまつわる85点の絵画や民俗資料が展示されています。
みなぎる力で王の象徴として用いられた龍。歴史ドラマでもみかけるような王の衣服ですが、よーく目を凝らすと龍の刺繍が施されています。
一方、どこかコミカルなこちらも王に関連したもの。韓国の餅(トッ)も、かつて王に献上される際は龍の形に作られていたそうで、展示では模型で再現されています。
龍の展示になぜ鯉が?実は日本でもおなじみの「登龍門」という言葉の由来を表したもの。鯉が激流の川を上り龍になった、という中国の伝説が描かれています。
展示館の最後には、一風変わった龍の姿も。博物館が行なっている教育プログラムで、学生たちがつくった作品です。鮮やかな龍が力強く空に昇っていく姿に元気をもらえそうですね。
この特別展は2月27日まで開催中。また同館では再来週のソルラル(旧正月)を前に、15日~24日に「新しい始まり、幸せあふれるソルラル祭り」と題した企画も開かれます。あわせて足を運んでみてください。

関連記事:国立民俗博物館
1/12(木)
夜のNソウルタワーに行こう!
1/16(月)
韓国男女の現実にクローズアップ!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]